【第8回】佐藤優樹と消耗していく娘。たち モーニング娘。’13時代の4~6月

モーニング娘鞘師里保

モーニング娘。の佐藤優樹が、ハロメンおよびアップフロントにどれだけ迷惑をかけてきたか振り返るシリーズ。今回は2013年の4~6月分。

SPONSORED LINK

2013年4月

2013年4月11日、田中れいなの卒業シングル「ブレインストーミング/君さえ居れば何も要らない」がリリースされた。4月15日、モリタウン東館1Fで握手会が行われたが、トークショーの大喜利コーナーで佐藤が舐めたツッコミをし、「あんたに言われたくないよ!!」と鞘師がブチ切れている。

「○○さえ居れば○○は要らない」というお題の大喜利で、鞘師は 「円の会さえあれば言葉は要らない」と答え、客全員キョトン。

「休み時間に友達30人で太ももの上に上半身を乗せて全体で円を作る」 と長々説明したがよくわからない。

そこにニヤニヤしながら佐藤が「えー、それってつまんなくないっスかぁ~?(笑)」とツッコむと、 あの冷静な鞘師が声を荒げキレた。

(引用元:Top Yell 2013年7月号 掟ポルシェが選ぶハロプロの粋な名言10 )

2013年4月18日、この日はタワレコ渋谷店で「ブレインストーミング/君さえ居れば何も要らない」発売記念ミニライブ&握手会イベントが行われた。佐藤は集まったファンの前で「ブログを毎日書く!」と宣言。約束通り夜にブログを更新し、在宅ファンにもその旨を報告した。

やっほーーーっっ!!

今日ぉーー

ファンのみなさまの前で

ブログを、毎日書くって宣言

してしまったのだぁー

(後略)

(引用元:天気組オフィシャルブログ佐藤優樹2013年4月18日)

だが今回も口だけ。その証拠に、翌日もうブログ更新が途絶えている。次に更新したのはイベント4日後の4月22日。小田に「毎日ブログを書け!」と説教しておいて(道重さゆみ今夜もうさちゃんピース5月13日)、自身はこの体たらくである。この後も佐藤は度々「ブログ書く」宣言をするが、大抵三日坊主に終わる。

翌4月19日、今度はタワレコ高崎店で田中・譜久村・鈴木・石田・佐藤・工藤による「ブレインストーミング~以下略」ミニライブ&握手会が行われた。この握手会の最中、足を怪我していた工藤を佐藤が蹴っ飛ばす一幕があった。育ちが悪いので、すぐ足が出るのである。

2013年4月20日は、ミチシゲ☆イレブンSOUL栃木県総合文化センター公演。佐藤はこの日も工藤をドーンと突き飛ばし、その後、最前列のファンとペチャクチャ喋りまくっていた。本ツアーの佐藤は、最前列のファンと頻繁に私語をし、すぐ舞台袖にはけ、手抜きダンスをすることで有名だった。

2013年4月27日は、ミチシゲ☆イレブンSOUL日本特殊陶業市民会館フォレストホール(愛知)公演。この日、パフォーマンス中に鈴木が佐藤を尻で突き飛ばしてしまうアクシデントがあり、佐藤はそれを「今日は鈴木さんの大きなお尻に突き飛ばされて!」とMCで延々イジっていた。体型いじりをされた鈴木は「確かにお尻は大きいけど、傷つくよ!」と顔で笑い、心で泣いていた。

2013年5月

2013年5月7日、佐藤のバースデーイベント「佐藤優樹バースデーイベント ~14才なうなぅーーー!!」開催。「どっちが素敵なレディか対決」コーナーで、日頃、佐藤に迷惑かけられている人々が様々な告発を行っている。

工藤:ペンネームI窪H菜さんからのお悩みです、この方はモーニング娘。の方ですね(笑)

佐藤:メシクボじゃん!

工藤:ホテルとかで、寝坊したとかときの理由をメンバーのせいにするS藤さんという方がいて困っています

佐藤:それ、だいぶ前の話だねー

工藤:こんな人、いんだね!

佐藤:いるんだねー、この世界に

工藤:びっくりー

佐藤:フハハハ!

工藤:どう思いますか?この人

佐藤:えっとね、その子は多分、何かしらの理由があったんだろうね。その子は~、話し合ったときに解決したよ、ちゃんと。だから~、その子の考えてることなんか分かんないじゃん、メシクボには!だからメシクボは、ちゃんと、その子の言うことを聞かなきゃいけないんだよ
工藤:まーちゃんは14才になったので、メンバーのせいにもしないし、そもそも遅刻なんてしないよね?

観客:おおーー

佐藤:おおー、じゃなくって、絶対するって、遅刻なんて!

工藤:しちゃダメでしょ!

(中略)

工藤:続いては、ペンネームI川さんからのお悩みです。この方はモーニング娘。のマネージャーさんですね(笑)。【S藤というメンバーがいるのですが、日本語がうまく使えないんです。私が叱ったとき、彼女のメールの返信は「すみまぜんでした」。あと、力の加減を知らないのか、ツンツンやってくるときに指が刺さります……】

観客:おおーー

工藤:どういうこと?待って、笑っちゃって読めない(笑)。【……バレバレの嘘をつくし、すぐ工藤のせいにするところを何とかして欲しいです】

佐藤:どぅーのせいにするとね

工藤:そう、ほんとだよ

佐藤:どぅーのせいにすればね、楽になれるんだよ

工藤:(唖然)

佐藤:ダメな子だねー、その子は

工藤:どうします?

佐藤:うんと、その子は人のせいにし……なくする?はぁー、もうやだーー!

(引用元:佐藤優樹バースデーイベント ~14才なうなぅーーー!!2013年5月7日)

「もうやだー!」と言いたいのは、飯窪や工藤の方だろう。その後、木下奈津子からも「叱っているとき、いつもニコニコしていて、聞いているのかどうか分からない」とバラされ、衣装スタッフにも「早着替えのとき、ファスナーをあげようとすると体をクネクネさせる。もう手伝いたくない」と苦情を入れられている。

そしてやってきた2013年5月21日の「ミチシゲ☆イレブンSOUL~田中れいな卒業記念日~ in日本武道館」。佐藤は自身の送辞が終わったあとも「ひぃーんひぃーん」と馬のいななきのごとく泣き続け、石田の送辞を盛大に邪魔していた。

※佐藤が場位置にくる。

田中:泣けよ!ハハハハ!

佐藤:フッフッ、ハァー(笑)、もう泣かないって決めたんです

田中:なに、超ニコニコやん、嬉しいっちゃろ?

佐藤:違いますよー!

田中:予想外!一番、「たなさたぁーん」って言うのかなと思ったら、めっちゃ、あっけらかんとしとうやん

佐藤:もう泣かないって決めたから

田中:強くなったね

佐藤:もう、たなさたんを……、はい、はい、話をします

田中:お花ちょうだい?

佐藤:あっ、たなさたん、卒業おめでとうございます

田中:はい、ありがとう

佐藤:たなさたんには、いっぱい話したいことや

田中:フフッ

佐藤:謝らないこと?とかも……、謝らないことも

田中:ん?謝らなきゃいけないこと?

佐藤:謝らなきゃいけないこともあるし

田中:うん

佐藤:しかもそれは、たなさたんが、お腹が痛いときに

田中:フハハハハ

佐藤:まーちゃんが、「遊んでください」って言ったら、たなさたんが「いいよー」とかっつって、普通にお腹が痛みながらも遊んでくれ、た?

田中:あ、胃が痛いときね

佐藤:でもこれを、こういうことを、いっぱい話したいことや謝らなきゃいけないことを全部言うと6時間くらいかかちゃうので

田中:長いな!

佐藤:手紙に書いたんで、後で渡すので

田中:マジで?

佐藤:読んでください

田中:分かった

佐藤:はい

田中:ちょっと、佐藤、一個言うことがある

佐藤:はい

観客:おおーー!

田中:佐藤は昨日の夜とかもね、あのー、「卒業を延期してくれませんか?」みたいなメールとかをしてきたっちゃけど、してくるまでは可愛いけど、文字間違えすぎて意味が分からん!

佐藤:ええっ

田中:だって、延期っていう漢字をね、みんな聞いて?なんかね、あのー、いくら何円の「円」に、「鳴く」っていう字で多分、「延期」って送ってきたわけ

道重:えー、意味不明

田中:え、全然よく分からんやん

道重:意味わかんない

田中:だけん、「これなんて書いとあるとかいなー?」と思って、ま、聞き直したけど、絶対一通に一文字は間違えるけん

佐藤:はい

田中:それを、れいなに次にメールするまでに、直して、成長してください

佐藤:はい

田中:はい

佐藤:たなさたん、本当にありがとうございました

田中:はい、ありがとう

佐藤:あぁぁーーん!(田中に抱きついて泣く。なかなか離れない)、ひぃーん、ひぃーん

※佐藤、田中から離れる。

田中:頑張ったね

佐藤:はいぃ

※その後、工藤に抱きついて号泣。「ひぃーん」という泣き声が、石田の送辞に丸かぶりする。

(引用元:ミチシゲ☆イレブンSOUL~田中れいな卒業記念日~ in日本武道館)

この日、佐藤優樹はどこまでも空気を読まなかった。公演後、舞台裏に戻ってきた田中を道重とともに抱きしめようとし、お前バカか空気読め!と鞘師に制止されかかる姿がモーニング娘。DVD MAGAZINE vol.57に収録されている。佐藤は6期二人のBlu-rayおまけ映像にまで乱入し、「最後くらいは6期水入らずで……」と願っていた多くのハロヲタをも苛つかせることになる。

そして送辞で「手紙書いたんで、後で渡すので」と言っていたが、そんなものは元から存在しなかった。

★武道館終わって、まーちゃんから手紙もらった?内容知りたい!

→手紙なんかもらってない。笑
絶対ウソついたよね、あいつめ、、、笑

(引用元:http://ameblo.jp/tanakareina-blog/entry-11547641854.html)

なお、佐藤のマジキチエピソードとしてよく登場する「生卵投げ」も「ミチシゲ☆イレブンSOUL」ツアー中の出来事である。佐藤が床に生卵を投げつけ、道重が「何やってんの!」と叱る光景を、本ツアーに帯同していたLoVendoЯの岡田万里奈が目撃している。

岡田:佐藤さんと道重さんの声が聞こえてね、「まーちゃんだめ!」って聞こえて、 ドア開けた瞬間、佐藤さんが床に生卵投げつけてた。どういう状況だったんだろう

(ソース:LoVendoЯ仙台公演2016年5月28日MC)

2013年春ツアーが終わると、すぐに選抜メンバー(譜久村・鞘師・飯窪・石田・工藤)による舞台「ごがくゆう」が始まった。公開リハーサル後の囲み取材で「いままでの舞台では揉め事が多かった」と、譜久村がその苦労を語っている。2012年の舞台「ステーシーズ」で佐藤がいかに他メンバーに苦労をかけ、グループの和を乱していたかがよく分かる台詞である。

譜久:なんか今まで、舞台をやっていて、揉め事が多かったんですよ。その日までにできてないとか、そういうので、みんなでケンカしたこともあったんですけど、今回はスムーズに行ったというか

工藤:アハハ

譜久:経験もあると思うんですけど、みんなが仲良く、ひとつにまとまって出来た舞台だと思います

(引用元:【TNS動画ニュース】舞台での石田亜佑美は面白い!? モーニング娘。主演舞台「ごがくゆう」公開リハーサル&会見 You Tube)

一方、舞台不参加組。

鈴木香音は2013年5月29日のブログで、佐藤から傍迷惑な電話がきたことを明かした。なんでも、夜中にいきなり電話をよこし「CDどうやって取り込めばいいいですか?」と聞いてきたという。私なら「知るかボケェ!」とガチャ切りするが、優しい鈴木は丁寧に応じてやったようだ。

おつかのんです( ´ ▽ ` )ノ

(中略)

優樹ちゃんのお話。笑

昨日、夜中に優樹ちゃんから電話が!!!

夜中だし、よっぽどの事じゃないと電話かけてこない優樹ちゃん。

変に心配がよぎる鈴木。笑

でてみると…。

「CDってどーすればいいですか??」

…。

なにがー!

なんのCDー????!!!!

(引用元:Q期オフィシャルブログ鈴木香音2013年5月29日)

2013年6月

この間、佐藤優樹はなお、小田さくらをいじめ続けている。小田のスマホを勝手に使って彼女にイタズラを仕掛けたり(Q期オフィシャルブログ鈴木香音2013年6月25日)、モーニング女学院で恫喝したり、先輩という立場を利用し、相変わらずやりたい放題していた。

2013年6月1日のモーニング女学院では、「早く行けよ!」と進行を急かし、「(小田の日直が)とっても心配です」と嫌味を言い、その後逆ギレをかましたりしている。そして「小田の日直は暗い」と、わざとらしい言い間違えまでして彼女を追い込んでいるのである。

佐藤:ハイ、では、行きましょう

小田:全然大丈夫です

佐藤:ハイ行きましょう

小田:ハイ。「(笑)」ということで

佐藤:どういうこと?(笑)

小田:フッフフフフ

佐藤:早く行けよ!(笑)

小田:1422ラジオ日本、「モーニング娘。のモーニング女学院」

生田・佐藤:「放課後ミーティング」~!イェーーイ!

(中略)

小田:今日の日直は、小田です

生田:お、大丈夫?

小田:私2回目……

佐藤:とっても心配です

小田:一応2……

佐藤:とっても心配です

生田:ちょっとそういうさ、大っきく言うことじゃないから(笑)

小田:フフフフ

(中略)

生田:61時間目、どうでしたか?さくらちゃん

小田:61時間目、そうですねぇ、私、2回目の日直、ちょっと今日楽しすぎて、日直だってこと忘れちゃいました(笑)

生田:フフフフ

小田:もう先週、生田さんが、すごい淡々と進めてくださったんで、もうまた、何か生田さんに任せるつもりで、楽しんじゃった、トークを

生田:おぉー(笑)

佐藤:それねぇ

生田:ありがとう(笑)

小田:フフフフ

佐藤:生田さんに任せちゃダメなんだよ、ほんとは!ちゃんとしなさいよぉー

小田:すいませんでした(笑)

生田:あなたがねぇ!(笑)、言えることじゃないからね

小田:すいませんでした!とってもとっても、すみませんでした(笑)

佐藤:ん~、フフフフフ

小田:フフフフ

生田:じゃあ優樹ちゃん、どうでしたか?

佐藤:優樹ちゃんはぁ、小田ちゃんの日直初めて聞いたんですけど

生田:うん

小田:あ、そうですね

佐藤:暗いね

小田:ごめんなさい

佐藤:そういう「暗い」じゃなくって! フッフフフ。「モーニング娘。」、ナレーターさんみたいな

(引用元:モーニング女学院~放課後ミーティング~2013年6月1日)

佐藤は、2013年7月21日のモーニング女学院68時間目でも「ハァ!?小田ァ!携帯いじらない!」と凄み、何度も小田に突っかかっている。見かねた石田が「確かに最近、当たりが強い」と小田に同調するほどだから、普段はもっとネチネチネチネチやっているのだろう。一緒にいびっている石田も完全に同罪だが、佐藤のいびりは石田のさらに上を行く。

石田:(モー女を)まーちゃんとやるのも、二回目くらい、本当に

佐藤:亜佑美、たまにだよね

石田:ね、だから私は本当に、この組み合わせでやるのが不安で仕方ない

小田:それで日直が小田っていう

佐藤:そうね

石田:いや、日直が小田ちゃんなのは結構、頼りがいあるなって感じがするよ

小田:本当ですか?

佐藤:まさ、まったくない

石田:ハハハ(笑)

佐藤:本当にない!

小田:佐藤さん、最近すごい当たりが強いです

石田:そう、小田ちゃんにだけ厳しいよね、まーちゃんね

佐藤:イヒヒヒヒヒ(笑)

石田:自分のこと置いといて言うもんね

佐藤:そう、そうなの

石田:まあ、いい、うん

(中略)

佐藤:【さくらちゃん、ブログで亜佑美ちゃんの4枚撮りの、を、真似っこ?】誰?どういうこと?どっちがどっちを真似したの?

小田、私が、石田さん……(スマホを操作してその写真を出そうとする)

佐藤:(大声で)携帯いじらな~い!!

小田:あっ、すい、すいま……、その写真を出そうかなと思って

佐藤:ンヒヒヒヒヒッ(手を叩いて爆笑)

小田:その写真を出そうかなと思ったんですよ、いま、フフフッ、フフ

佐藤:いじっちゃダメだと思う。まさ、怒られたことあるもん

小田:なるほど

石田:そうだね、そうだね。お仕事中だもんね

(中略)

小田:え~、1年1組、ラジオネーム【きらら~番星?】……あっ、【きらら一番星】だ!伸ばし棒で打っちゃった(笑)。【私はモーニング娘。が大好きで、ファン歴もかなり長いです。もう7月ということで、学生さんにとっては楽しい夏休みが待っていますね。しかし夏休みの宿題というものがたくさん出るので、嫌な気分にもなります。そこで9・10・11期のみなさんに質問ですが、夏休みの宿題の中で一番苦手なものは何だったでしょうか?】

石田:はーい、ストーップ!

小田:はい

石田:小田ちゃん

小田:はい?

石田:いま、なんて言った?最初!

小田:きらら一番星……

石田:「さん」から頂きました、なんて言えばいいの?フフフッ(笑)

小田:はっ、きらら一番星「さん」!

石田:呼び捨てにしたよ!小田ちゃん!

佐藤:ちゃんと「さん」付けるの!そんなことで止めないでよ小田ッ!

小田:最近、最近、佐藤さんがずっとこうなんですけど!

石田:小田ちゃん!まーちゃんに言われたらお終いだよ!

小田:毎日言われてるんですよ、毎日こういうトーンで言われるんですけどぉ

石田:きらら一番星さん、ありがとうございます

佐藤:○#$&☆……ハハハッ

小田:きらら一番星さま、ごめんなさい。すいません

佐藤:(スタッフに向かって)もっかい読めないよね?

石田:うん、だから。あの

小田:本当にごめんなさいでした

(引用元:モーニング女学院~放課後ミーティング~ 2013年7月21日)

2013年7月

2013年7月20日、℃-ute萩原舞がGREEブログを更新し、佐藤が鼻に指やポテトを入れてきた、と愚痴った。育ちが悪いので、すぐ鼻に何かを入れたがるのである。

いつも、寄ってくるまーちゃん

(中略)

で、まーちゃんがポテト食べてたんだけど、それを紙コップにいれて舞に分けてくれて(^o^)
優しいまーちゃん!

でもね、写真撮るとき舞の鼻に手を入れようとしたり、ポテトいれよーとしたり、(ーー;)
やんちゃすぎる。(笑)

(引用元:http://gree.jp/c_ute/blog/entry/670186899)

→【第9回】佐藤優樹と消耗していく娘。たち モーニング娘。’13時代の7~9月、へ続く

SPONSORED LINK

あわせて読みたい

トップへ戻る