ハロプロ研修生・段原瑠々は第2の鞘師里保になり得るか?

ハロプロロゴネイビー

1月7日よりモーニング娘。’16の13期オーディションが始まりましたね!一般選考と並行してハロプロ研修生にも昇格をかけた「モーニング娘。’16新メンバーオーディション」が実施されますが、実力派揃いの研修生の中でも13期加入最有力とされているのが我が軍の歌姫・段原瑠々。

SPONSORED LINK

期待の新星、ハロプロ研修生「段原瑠々」とは?

段原瑠々は2013年に研修生としてハロプロへ加入した、鞘師里保と同じアクターズスクール広島出身の15歳。その段原が研修生にも関わらず多くの注目を浴び、我が軍の歌姫!と言われるまでになったきっかけは、「ハロプロ研修生発表会」でした。

2014年に開催された「ハロプロ研修生発表会2014~春の公開実力診断テスト~」では、モーニング娘。の「Memory 青春の光」をパフォーマンス。ハロ!ステの#66(9:11~)でもその映像が公開されましたが、歌・ダンスのクオリティが頭一つといわず二つ三つ飛び抜けているのが素人目にもわかります。つんくは段原瑠々の歌唱について、自身のブログでこんな風に語っていました。

曲の出頭の「知らなかった~わ~」「わ~」をクレシェンドさせる時、クラシック系の歌手なんかはほとんどの人がリズムの外に出て行きます。ポップスの中では絶対にリズムを外してはいけないので、「わ~」と音符を伸ばす時もリズムを取りながら、そしてどこで終わるかをしっかり示さなければならない。

「読んでよねぇえ」の「ねぇえ」も僕のイメージではその半分の時間で歌い終えないといけないが、音符が長く聞こえてしまう。それと同じようにダンスも腕を押し出す力や決めポーズをバチっと決める筋肉は持っているが、音符と音符の間にリズムが無いので、流れてしまう。と、理屈を並べましたが、10歳そこそこで理屈で歌を歌ってるようでは先も見えてこない。とにかく歌いまくるしかないでしょう。

ハロプロ研修生 発表会2014~春の公開実力診断テスト~

私はつんくの段原瑠々評を読んでも「ほぅ……」としか思わず(要はよく分かってない)、当時は他の研修生に注目していました。ただ、この発表会を期にハロプロ界隈で一気に「段原SUGEEE!」的な雰囲気が漂ったため、段原に注目せざるを得なくなったんですよね。

そして、ここからさらに進化を遂げた段原の姿が、2016年1月20日公開のハロ!ステ内で放送された「生タマゴSHOW」で確認できます。GRの「研修生歌唱オーディション映像(18:51~)」でもワンフレーズ歌唱シーンが流れましたが、声がよく伸びてます。

 段原が持つ圧倒的な「主人公オーラ」は鞘師・小田級

これは実際にステージで段原のパフォーマンスを目の当たりにした私個人の感想ですが、やっぱり「他の研修生より頭一つ抜けてるな!」っていうのが素人でも分かるんですよね。ダンスもそうですけど、「歌」が他の子に比べて圧倒的に強い。

ここ数年のモーニング娘。ってエースと呼ばれた鞘師をはじめ、歌唱面での主力だった譜久村・佐藤も、おそらくかなりの人が「この子って歌上手いの?」と感じていたと思うんです。ずば抜けて下手なわけでもないけど、かといって驚くほど上手くもない。

現メンバーの中で一般人が聞いても「ああ、この子歌上手いよね!」という分かりやすい歌唱力を持っているのは、モーニング娘。’16の中では小田さくらのみ。モーニング娘。’16の中にそういう メンバーが1人しかいないっていうのも心もとないというか、せめて安定した歌唱力のあるメンバーがあと1人ないし2人いれば歌割りのマンネリも避けられるし、もう少し攻めた楽曲を持ってくることもできると思うんですよ。EDM以外にも。

段原は舞台上ですごく「オーラ」を放つ子。そういう所は、立っているだけで安定感と存在感を放つ鞘師や、大舞台に強く、歌い始めると一瞬でステージ空間を支配する小田の持つ雰囲気に似ています。とにかくグワーッと引き込む力がすさまじくて、大人数のユニゾンでも、段原が歌っていると一気に意識がそっちに引っ張られる。

一種の「主人公オーラ」とでも言うんでしょうか。夏まゆみ先生が言うところの「原石ですらなかった」後藤真希や松浦亜弥のようなビジュアルが輝いているタイプではないんですが、一見普通の石ころなのにコンコンっと叩くと「エンダァァ~」みたいにすごくいい音がする、そういうカンカン石みたいなのが段原瑠々なんですよ。みんなあの見た目に騙されてるけど!

SPONSORED LINK

ファンが危惧している段原瑠々の「ビジュアル」について

モーニング娘。’16のファンが段原加入に唯一懸念を持っているとしたら、それは彼女の「ビジュアル」ではないでしょうか。彼女の顔立ちが持つ可愛さは「王道」のそれではないので、アイドルとして一般受けするタイプかと聞かれると、これははっきりNOと言えます。

でも、段原はモーニング娘。の石田と同じで、静止画よりも動いている時の方が驚くほど魅力的に見える子なんですよね。表情も常に明るくて険がなく、動きに愛嬌があるからいつもピョコピョコしてて可愛い。決して分かりやすい美人ではないけど、気さくで人懐っこいから男の子にモテる、いわゆるクラスに1人はいた隠れモテ女タイプです。

段原は顔立ちが典型的な爬虫顔。そこに少し和風要素が入って、はんなりしている感じにみえます。ハロプロで例えると、骨格が夏焼雅で顔のパーツが徳永千奈美くらいのイメージ。

今はまだパッとしないビジュアルですが、十代の女の子はほんの数ヶ月で顔がコロコロ変わるので、段原も自分に合うメイクを覚えたら今より確実に可愛くなりますよ間違いないね。モーニング娘。には加入当時からガラリと顔立ちを変身させたメイクの達人もいることですし、女の顔なんてメイクと髪型でどうとでもなるんですよ。

ですよね、師匠!

从 ´゚e゚ リ<せやな。

段原のビジュアルを真剣に考える

段原も年々可愛くなってきてはいるんですが、可愛い時とそうでない時の差が激しいのでビジュアルメンにするにはちょっとリスキー。要はメイクで顔がガラリとかわるモーニング娘。’16の佐藤と同じタイプですね。似合うヘアメイクと衣装ならかなり可愛いんですけど、似合ってないときはかなり悲惨というか……。そしてハロプロの中でもモーニング娘。の衣装は破壊的にダサいので、それを段原が着こなせるかどうかが私的には心配というか……。

「即戦力に成り得るか」という視点で考えた場合、現時点での段原のビジュアルの問題点を上げるとしたら以下の4点でしょうか。

段原のビジュアル問題点

  • ストレートヘアだと面長が強調され、全身のバランスが悪くみえる
  • アイメイクをしないとツリ目でキツイ印象に見える&顔の余白が目立つ
  • 眉毛が下がっている&きちんと整っていないので顔のパーツのバランスが悪い
  • ノーメイクだと鼻が大きく見える

上記問題点を改善するとしたら、こんな感じ。

  • ストレートヘア・・・巻髪にして印象をエアリーにもっていく
  • アイメイク1・・・ナチュラルな垂れ目メイクにして、上下ともにブラウンのアイラインを入れ目の幅を大きくする
  • アイメイク2:下まつ毛にもしっかりマスカラを塗ってパーツの重心を落とす
  • 下がり眉・・・前髪を厚めにとって眉をすべて隠すか、斜めに流す(面長緩和効果もあり)
  • 鼻が大きく見える・・・鼻の両筋にノーズシャドウを入れて横幅をカバー

今のハロプロはみんなアイメイク薄めですが、アイメイクで一番重要なのはシャドウでもラインでもなく「下まつ毛」なので、段原も下まつ毛にしっかりマスカラを塗るようにすれば印象がガラリと変わるはず。メイクに関しては何度も段原のアー写レタッチして試した私が言うんで間違いないです。

そしてビタミンCを大量に摂取して美白し、髪をゆる巻きにしてぱっつん前髪をやめ、眉を並行気味にすれば完璧。あの子供特有の下がり眉を修正すれば顔が驚くほど垢抜けて見えるはずなので、誰かスタッフ!あの眉を!眉を剃れ!!

ハロプロは基本セルフメイクなので、メイクが下手だといくらダンスや歌が凄くてもパッとしないビジュアルに足を引っ張られて人気が出ないんですよ。いつまでもビジュアルが野暮ったいとスキルブスの扱いされるし。なので、スキル磨きももちろん大事ですが、段原には同じくらい外見磨きも頑張ってほしいなと思います。

段原は身長が160センチなので、モーニング娘。だと生田・飯窪・工藤と同じくらいのライン。これからもう少し身長も伸びそうですし、今どきの子らしく手足も長いので、スタイルは全く問題なし。とにかくあのビジュアルだけなんとかすれば、十分即戦力になり得るメンバーです。

【追記】鮮烈なデビューを飾った段原瑠々について

Juice=Juiceにかっさらわれた段原瑠々が、ツルの一声ならぬルルの一声で鮮烈なデビューを飾ったと聞き、喜ばしい気持ちと無念さとが混じって私は闇落ち(サシニング娘以来2回目)しそうです。段原瑠々はモーニング娘。の13期にするべきだったのに、テメッ、この……西口ィ……!

まあでも、モーニング娘。に加入したハイスキルメンは総じて干されの憂き目に合い、石田とか譜久村にスキあらば口に食べ物突っ込まれてデブらされる運命にあるので、加入先はアットホームにマウント取り合うJuice=Juiceで正解だったのかもしれません。かもしれませんが、やっぱりモーニング娘。に欲しかったなァ……。段原瑠々をモーニング娘。に入れたら、いつか新世代エース段原瑠々とレジェンドOG鞘師里保の共演とかいう超胸熱展開が待ってたのに……!

そんなスーパールーキー段原瑠々が加入したJuice=Juiceは8月23日に新曲「Fiesta Fiesta」を配信限定リリース。CD用歌唱だとあのキワッキワな感じと歌の圧がほとんど伝わらないと思うので、どうせならハロコン音源も一緒に配信してほしいですね。あとソロ音源も。

「Fiesta Fiesta」収録曲(理想)

  • Fiesta Fiesta(オリジナルVer.)
  • Fiesta Fiesta(宮本佳林ソロVer.)
  • Fiesta Fiesta(高木紗友希ソロVer.)
  • Fiesta Fiesta(金澤朋子ソロVer.)
  • Fiesta Fiesta(植村あかりソロVer.)
  • Fiesta Fiesta(宮崎由加ソロVer.)
  • Fiesta Fiesta(段原瑠々ソロVer.)
  • Fiesta Fiesta(梁川奈々美ソロVer.)
  • Fiesta Fiesta(Hello! Project 2017 SUMMER Ver.)
  • Fiesta Fiesta(Instrumental

オリジナルバージョンにソロバージョン×7入れて、ハロコン音源とインストの計10曲収録で1,800円設定(2,500円設定だと単体買いが増えて利益取りこぼす)にしたらほとんどのファンがアルバム買いするから儲けもガッポリでしょ。ソロバージョンとハロコン音源あるならカップリングなしでも満足感高いし、いつも通り衣装とダンスがクソでもお釣りがくるわ。

モーニング娘。’17はメンバーの大半が音痴なのでこういう売り方できないけど、歌ウマなJuice=Juiceはコンテンツの出し方次第でいくらでも荒稼ぎできる。これを期にハロカバも復活させてジャンジャン歌わせ、段原旋風が巻き起こっているうちに稼げるだけ稼いでおくべきですね。段原でしこたま稼いで接触から足洗えよいい加減。

SPONSORED LINK

あわせて読みたい



トップへ戻る