読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よなかのはなし

http://www.hiroseyonaka.com/

ある日突然Xperiaが充電できなくなったら内部コネクタの接触不良を疑え!

f:id:hiroseyonaka:20170427224846j:plain

Android端末の中でも最もシェアが多いSONYのXperiaシリーズは、その人気と反して多くの不具合を抱えている機種でもあります。中でも一番多いトラブルが「ある日突然充電できなくなり、ランプも点かない!起動もしない!」というもの。

 Xperiaがある日突然充電できなくなった!→割とよくある

何の前触れもなく突然Xperiaの充電ができなくなる、というのは、Xperiaの販売当初から存在したトラブルの1つです。要はハード自体の造りがあまいので、突然充電できなくなったり、マイクがおかしくなる等のトラブルが起こりやすい。

 

システム関連の不具合であれば、ソフトフェアのアップデートをすれば改善します。

しかし、充電関連のトラブルはシステムよりも端末に依存した不具合。つまり、ショップに持ち込むと即お預かりの故障対応になり、端末をメーカーに送って内部のパーツを色々取り替えたりする必要が出てきます。故障対応になれば、携帯保障サービス未加入の場合は当然有料。NTTドコモであればバッテリー交換を頼むと9800円もの修理代を請求される羽目になって手痛い出費に。

 

Xperiaが充電できなくなくなる原因とは?

Xperiaシリーズは従来のガラケーと違い、バッテリーの取り外しができない内蔵型のモデルです。リチウム電池を使用している内蔵バッテリーは熱に弱く劣化も早いので、大体2年程度での交換が推奨されていますね。

 

ただし、普段からよくスマホゲームをしたりCPU消費の激しいアプリを使っていると、さらに劣化が早まります。使用環境によっては1年程度でバッテリーが膨らみ、充電できなくなる、あるいは充電が不安定になったり残量50%の状態で突然強制終了するなど、動作不良が生じやすくなるのが難点ですね。

 

しかし、中には購入して1年未満なのに、ある日突然Xperiaが充電できなくなった!という話も聞きます。このような場合、よく原因として挙げられるのが以下の4つ。

 

  1. 充電ケーブルの断線
  2. Xperia本体のマイクロUSBポートの接触不良
  3. 内蔵バッテリーの劣化
  4. Xperia本体の故障

 

充電ケーブルなんてカウボーイごっこでもしない限り脱線しない

まずは、ドコモのカスタマーサポートに電話しても、ドコモショップに行って相談しても、ネットで検索しても馬鹿の1つ覚えてみたいに繰り返される「充電ケーブルの断線」について。

 

これは過去の経験を踏まえての私見ですが、充電ケーブルが断線するなんて日頃よほど荒っぽい使い方をしていない限り滅多に起こり得ません。たとえば、カウボーイごっこして頭上でケーブルをビュンビュン振り回したり、縄跳び代わりにしたり、壁に吊って靴下干したり……そんな使い方をしない限り、ケーブルは断線なんてそうそうしないものなんですよ。だから、充電できない→ケーブル買い直して試してください!は100%徒労に終わります。断言してもいい。

 

Xperia本体にあるマイクロUSBポートは作りがあまく、接触不良になりやすい?

Xperiaの本体側面には、充電ケーブル専用のマイクロUSBポート(差込口)があります。元々Xperiaという機種はハードの作り自体があまく、そのせいで端末に依存したトラブルが多いことで有名。このUSBポートと、充電器の端子による接触不良が原因で充電ができなくなる、という話もよく聞きます。

 

私の身辺にもXperiaの充電トラブルに見舞われた人がいるんですが、やはりXperiaを使い続けて1年経過した辺りから、充電が安定せず不安定になることが高いようです。これはUSBポートが劣化して接触不良を起こしやすくなっているため、と考えられますね。

 

充電できない原因がUSBポートの故障かどうかを見分けるには、家電量販店やAmazonで「Xperia用マグネット端子交換アダプタ」を購入し、マグネット端子での充電を試してみるのが手っ取り早いです。

 

f:id:hiroseyonaka:20170213204347j:plain

 画像:Xperia用マグネット端子変換アダプタ

 

マグネット端子で問題なく充電ができたなら、端末のUSBポートが損傷していると考えて間違いありません。

 

バッテリーが膨らんできたなら、内蔵バッテリー劣化の可能性が高い

リチウムバッテリーは劣化すると徐々に膨らみ、Xperiaの背面カバーを押し上げてきます。水平な場所にXperiaを置いてみて、背面がやや浮きあがっている場合は、経年劣化によってXperiaの内蔵バッテリーが膨らみ充電できなくなっている可能性もあり。

 

こうなると、やることはもうバッテリー交換しかありません。携帯保障サービスに加入していれば無料でバッテリー交換を頼む。携帯保障サービス未加入なら、ドコモショップに行き9800円出してバッテリー交換を頼む。あるいは、Xperiaがメーカー保証対象外になるのを承知の上で、交換用バッテリーを購入し自分で交換作業を行うかの3択です。

 

Xperia本体内部の故障が原因?

Xperiaの内部には、内蔵バッテリーや基盤、それを繋ぐコネクタなど細かいパーツが組み込まれています。内蔵バッテリーには基盤に接している小さなコネクタがあるのですが、実はこのコネクタの接触不良が充電トラブルを引き起こす1番の原因なんです。

 

通常、バッテリー残量がゼロでも、電源ボタンを押せばXperia上部にあるランプがチカチカ!と赤点滅します。しかし、電源ボタンを押しても端末が全く反応しない場合があります。これは、内部にあるコネクタの接触不良によって端末自体が仮死状態になっているため、と考えてください。

 

Xperiaが仮死状態(=文鎮化一歩手前)にあるならば、充電アダプタと繋いでも、当然うんともすんとも言いません。だからあまり機械に詳しくない人は、この時点で「Xperiaが死んで文鎮化したァ!」と思い込み、下手に初期化したりして余計に症状を悪化させる場合があります。

 

Xperiaが充電できなくなった時のトラブルシューティング

突然充電ができなくなったとき、慌てず騒がず、まずは1つずつ原因を潰して切り分けを行いましょう。トラブルシューティングの図解も作ってみたので、ぜひお使いください!

 

【図解】

f:id:hiroseyonaka:20170311032454j:plain

 

1、電源ボタンを推して赤色のランプは点くか?

まず最初に試してほしいのが、電源ボタンを押した場合のランプ状態です。ランプが赤色でチカチカ!と点滅したら、バッテリーが放電間近で残量がゼロになりかかっている証拠。

ランプが点灯するうちはまだ改善の見込みがあるので、まずはそのまま充電端子をUSBポートに差し込み5分くらい待ってみましょう。5分後、再び電源ボタンを押して起動したらそのまま充電を続け、相変わらずランプが点滅・点灯しない場合は2に進んでください。

 

赤ランプはつくけど起動しない場合は、充電アダプタを差し込むマイクロUSBポートの接触不良の可能性があります。充電アダプタのコード根本を指で曲げてみたり、気持ち強めに充電アダプタを差し込んで様子をみましょう。それでもランプが点滅・点灯しない場合は2に進みます。

 

2、電源ボタンとボリュームアップボタンを長押しする

1の操作で赤ランプが点滅・点灯しなければ、次は電源ボタンとボリュームアップボタンを同時に長押しします。ブルッと端末が震えたらまだバッテリー容量が僅かに残っている証拠。充電アダプターを差し込み、5分ほど様子をみてみましょう。

 

電源ボタン+ボリュームアップボタンを長押ししても全く反応がない、さらに赤ランプも点滅・点灯しない場合は、完全に内部にあるコネクタの接触不良です。こうなるとSIMカード差し込み口の下に赤いリセットボタンを押しても改善する見込みはなく、一度背面カバーを外してバッテリーのコネクタを直に触るしかありません。

 

内部のコネクタによる接触不良は、普段からよくXperiaを落としたり、何かしらの衝撃を与えることによって起こりやすいと言います。つまり、強い衝撃を与えたことで、コネクタが外れかかっているとか。

 

ちなみに、充電トラブルの原因となっているコネクタがこれ。内蔵バッテリー上部にあるカギ状のパーツ先端についており、Xperiaの基盤とバッテリーを繋いでいます。

 

ドコモ純正 Xperia Z (C6603 SO-02E) バッテリー 電池パック バルク品

 画像: Xperia Z (C6603 SO-02E) バッテリーとコネクタ

 

 電源ボタンを押して赤ランプが点滅・点灯しない場合、そしてブルッと端末が振動しない場合、ほとんどの原因はこのコネクタによる接触不良です。背面カバーを外して中蓋を外し、コネクタをしっかりと押し込むことで大方の充電トラブルは改善するはずです。ただ、背面カバーを外すとドコモの保証対象外となるため安易に実行すると後で後悔するかも。行うときは自己責任でお願いしますね。