Xperiaが勝手に動く原因はタッチパネルの故障じゃなく熱暴走!自力でも直せるよ

Xperiaアイキャッチ

ディスプレイを触ってないのに勝手に文字が入力される、ホームボタンが連打される、何故かスクロールする、といった誤動作……Xperiaシリーズではもはやお馴染みのトラブルですね。このトラブルはよく「タッチパネルの故障」と間違われるのですが、原因はXperiaの「熱暴走」です。今回は熱暴走で誤動作が起こる原因、起こりやすいタイミング、自力で直す方法をご紹介します!ドコモショップに持ち込むのは、もうちょっとだけ待って!

SPONSORED LINK

Xperiaが勝手に動く原因は「熱暴走」

You Tubeに行き、「スマホが勝手に動く」「タッチパネル不具合」といったキーワードで検索すると、おそらくこの記事を見ている方のXperiaと同じの症状の動画が出てくると思います。

触っていないのに勝手にXperiaの画面がタップされてしまったり、文字入力されてしまったり、スクロールされたり……。実はこの誤動作、端末内に熱がこもることで引き起こされる「熱暴走」が原因なんです。しかし、機器に詳しくない人は、こうした誤作動の原因を「ディスプレイの故障」と思い込んでしまう。つまり、経年劣化でタッチパネルの感度が悪くなったとか、逆に反応が過敏になってしまったとか、そんな風に捉えてしまうんですね。

「Xperiaが勝手に動くんです」と言ってドコモショップに持ち込んでも、おそらく店員のほとんどは「タッチパネルの故障」だと判断し、ろくに調べもしないまま「メーカーに送ってタッチパネルを交換しなければ直りません」と言ってくるはず。

しかし繰り返しますが、こうした誤動作はスマホの「熱暴走」が原因であって、タッチパネルの故障ではありません。ドコモショップは1台でも多くスマホ売りたいから、スマホ自体に問題なくてもすぐ故障扱いにするんですよ。本当、嫌になっちゃいますよね。

熱暴走による誤動作が起きやすいタイミング

Xperiaの熱暴走が起きやすいタイミングは、ずばり「充電直後」です。充電時はどうしてもバッテリーが熱くなり、スマホの内部に熱がこもりやすくなります。そのため、充電器からXperiaを取り外した直後は、触ってないのにスマホが勝手にタップされるといった誤動作が起きやすいんです。

あとは、普段からXperiaで長時間ソシャゲをやっているケースですね。ソシャゲはスマホにかなり負担をかけ、バッテリーをすぐホカホカにしてしまいます。毎日スマホでゲームをしている人はスマホ熱暴走のリスクがかなり高いので、ある日いきなり誤動作が起こったりします。

熱暴走によるXperiaの誤動作を自力で直す

この記事を読んでいる方はおそらく、すでに以下の行為は試されたかと思います。

  1. ディスプレイの保護フィルムを剥がす
  2. Xperiaの再起動
  3. 手袋モード解除
  4. ウイルスに感染していないかセキュリティアプリでスキャン

熱暴走による誤動作が起きている最中は、Xperiaの設定画面にさえアクセスできない場合もあります。延々ホームボタンが連打されて操作できない場合も多々あるので。ただ、熱暴走による動作不良の場合、上記の行為は無意味。やっても全く意味がないんです。どのサイトにもまず上記の4つをやれと書かれていますが、正直、時間の無駄です。

勝手にスマホの画面が動く、という誤動作を自力で直す唯一の方法。それは「一度Xperiaの背面カバーを外し、バッテリーと基盤をつなぐコネクタを外して30秒待ち、またコネクタをはめ直す」こと。バッテリーのコネクタを外し、Xperiaを一度放電しリフレッシュする。誤動作を改善する唯一の対処法がこれです。この時、一番大事なのが「コネクタを外して30秒待つ」という箇所。少し時間を置いてやらないと、せっかくコネクタを外しても意味がないので、ここは必ず30秒~1分ほど待つようにしてください。

Xperiaの背面カバーの開け方

では、ここからは具体的な手順を説明しますね。まずXperiaを見てください(画像はXperia Z1 f SO-02F)。

XperiaZ1本体

画像:docomo Xperia Z1 f SO-02F Black

背面カバーと本体は粘着テープでくっついているので、まずこれを剥がさなくてはなりません。Xperiaの背面上部にわずかな隙間があるので、ここに細いマイナスドライバーを入れ、内部を傷つけないよう少しずつXperiaの背面カバーを押し上げます。牡蠣を開ける感じを想像してください。隙間にドライバーの先端を入れて、そこから回し開けるような感じです。牡蠣を開けるときのような感じで、ぐるっと!

背面カバーが取れたら、ネジで固定された内蓋が出てくるので、次はこれを外していきます。使用するドライバーは星型。内蓋を外す手順は以下のサイトが分かりやすいので、ご参考に。

▼参考サイト

SONY Xperia Z1のバッテリー交換方法【Part2】

中蓋を外したら、ようやくバッテリーが出てきます。その上部にくっついている、カギ上のパーツ。この先端に問題のコネクタがあります。

コネクタは基板にはまっているので、これをパカっと取り外し、30秒~1分待ってから再度はめ直す。中蓋をネジで留め直す前に、一度Xperiaの電源を入れて誤動作が改善したかどうか確認してください。まだ直っていなければ、もう一回コネクタを外し、今度は2~3分待ってみましょう。その後、もう一度電源を入れて動作確認。おそらく、これで「Xperiaが勝手に動く問題」は解決するはず!

誤動作は直るけど、ドコモ補償サービス対象外になるのでそこだけ注意!

Xperiaの場合、Android OSの動作不良に関する9割がたのトラブルは、この「リチウムバッテリーのコネクタはめ直し」で解決します(Xperiaを落としてディスプレイが割れている場合はタッチパネル故障の可能性も捨てきれませんが……)。

ただ、背面カバーを自分で開けてしまうと、そのXperiaはドコモの補償対象外になってしまいます。今回ご紹介した方法、ケータイ補償サービスに加入している方は自己判断でお願いしますね。

ドコモのケータイ補償サービスに未加入の方、あるいはメーカー送りにするとお金がかかるので何が何でも自力で直すという方は、今回の方法を試していただければ熱暴走による誤動作もサクッと解決するかと思います。にしても、Xperiaは本当にこういうトラブル多すぎますね!

SPONSORED LINK

あわせて読みたい



トップへ戻る