ラスタバナナのXperia専用マグネット端子変換アダプタRBHE234

2マグネット端子変換アダプタRBHE234_差込口

3ヶ月~半年で経年劣化し、ゴムが破損するXperiaのmicroUSBキャップカバー。交換作業がいよいよ面倒になってきたので、専用の端子を購入しマグネットコネクタ充電に切り替えてみました。

ADVERTISEMENT

Xperiaの充電事情

Xperiaシリーズの充電は、以下2つの方法があります。

・microUSBポートを使用する

・マグネットコネクタを使用する

microUSBポートで充電を行うときは、ポート部分を保護しているキャップカバーを外してUSBケーブルを差し込めばOK。ただし、頻繁にキャップカバーを開閉するため、短期間で必ずキャップカバーのゴムが劣化・破損します。

一方、マグネットコネクタ充電を行う場合は、ドコモ純正の卓上ホルダを購入するか、家電量販店で売っているマグネット端子変換アダプタを別途購入する必要があります。多少の初期費用はかかりますが、充電のたびに一々キャップカバーを開閉しなくて済むのはかなり楽ですね。

この「キャップカバーを開閉しなくてよい」という便利さに惹かれた私がマグネットコネクタ充電に切り替えたのは今年初旬。Xperia専用のマグネット端子交換アダプタを購入しようと近隣の家電量販を回った結果、唯一どの店舗にも置いてあったのがラスタバナナのマグネット端子交換アダプタ(RBHE234)でした。

1マグネット端子変換アダプタRBHE234_正面Xperia専用マグネット端子交換アダプタ RBHE234

2マグネット端子変換アダプタRBHE234_差込口
差込口はこうなっております。

ラスタバナナは日本リースの子会社らしいので、取扱店舗が多いんでしょうね。このアダプタはオープン価格ですが、家電量販店の店頭価格は1,600~1,800円。最安値はヤマダ電機の1,300円でした。

マグネット端子交換アダプタ RBHE234

マグネット端子交換アダプタは△マークのある方を表にし、ACアダプタの充電端子に差し込んで使用します。Xperia Z1が対応しているACアダプタはドコモ純正の「ACアダプタ03」という商品。非同梱なのでドコモショップかオンラインストアで別途購入する必要があります。私はドコモポイントで購入したので、実質タダでした。

3docomo_ACアダプタ03
出典:オプション品の一覧(ドコモ公式サイト)

ACアダプタ03のUSB端子は、こんな風になっています。

4docomo_ACアダプタ03端子
ACアダプタ03のUSB端子

ACアダプタ03のUSB端子にマグネット端子交換アダプタを差し込むと、以下のようになります。

5マグネット端子変換アダプタRBHE234_装着裏面
装着完了

結構しっかりとはまっているので、動かした拍子に端子部分がポロリと外れてしまう事はありません。

6マグネット端子変換アダプタRBHE234_装着面
RBHE234の装着面

Xperiaのマグネットコネクタに装着する部分がこれ。安物の電子小物は大抵こういう部分がサビてる事が多いんですが、本品にサビは見当たらず。さすが大手の日本リース

Xperia Z1本体の正面左にあるマグネットコネクタにアダプタ装着すると、こんな感じになります。

4ラスタバナナマグネット端子交換アダプタ
写真撮り忘れたのでイメージ画

本体とアダプタは共にマグネットでくっついており、接着面は非常に不安定。充電を行うときは必ずテーブルの上置いてからでないと、すぐ端子が外れるのでここだけ注意。ちなみに、私の所持しているXperia Z1の場合は、バッテリー残量10%→フル充電になるまで約4時間でした。充電時間はUSBポート使用時とほぼ変わらないようですね。

Xperia Z1~Z4はmicroUSBポートに防水用のキャップカバーがついており、充電時には毎回このキャップを開閉する必要がありました。私はXperia Z1を使い続けて3年弱になりますが、充電時の開閉により、だいたい半年ほどでキャップカバーのゴムが劣化・破損しています。

microUSBキャップカバーはドコモショップで無償交換してもらえるものの、マグネットコネクタでの充電に切り替えたほうが、キャップ破損→電話で在庫確認→ドコモショップへ→交換!の手間がかかりません。おすすめ。

SPONSORED LINK
トップへ戻る