何が何でもベランダの隔て板の隙間を塞ぎたかった私がやったこと(※塞げませんでした)

ベランダを塞ぐ

世の中がシルバーウィークに浮かれている中、私はどこへ出かけるでもなく一人自宅で黙々と仕事をしている。本当は私も連休ウェーイと浮かれたいが、納期が迫った記事が3つほどあるため、今週はとてもウェーイするだけの余裕がない。

今日も例のごとく朝の7時に目を覚まし、さあ仕事をしようかと思っていた所、ベランダからガサゴソと物音がして、何やら白っぽいものが目の端に入り込んできた。私がベランダの方に目をやると、ふわふわと半透明のビニール袋が風に踊っている。隣のベランダのゴミが隔て板の下の隙間を通って、こっちのベランダにやってきたのだ。

ビニール袋はやがて風に押し戻され、また隙間を通って隣のベランダへと帰っていった。しかしまだガシャガシャと音がしている。強風が吹けばまたこっちのベランダにやってくるのではないか……。何に使ったか分からないビニール袋など、気持ち悪くて触れたものではない。ビニール袋こっちくんな……こっちくんな……そんな事を考えはじめたら、もう仕事どころではなくなってしまった。

SPONSORED LINK

ベランダを塞ぐためのレンガを買いにいこう

私は颯爽と家を出て、西日本を代表するホームセンターのナフコに向かった。ベランダの隔て板の下にある隙間を塞ぐレンガを買うためだ。本来、マンションの共用部分にあたり尚且つ火災時の消防経路となっているベランダを塞ぐのは消防法違反だが、レンガくらいの小ささで、すぐに動かせるサイズなら問題ないということも事前に調べておいた。

ナフコに行くと、野外の資材コーナーに沢山のレンガが置いてあった。端にあるものから一個ずつ重さを確かめ、「台風で強風がきたら、これは動くかも……」「このサイズなら、隣のベランダに入り込むかも……と、ぶつぶつ呟きながらレンガを吟味していく。気分は子供の頃に読んだ3匹の子豚のそれだ。

ベランダの隔て板を塞ぐ1

私もレンガを見ている最中はこれくらいの極悪ヅラをしていたに違いない。

レンガを調べ、これが一番隔て板を塞ぐのに適しているんじゃないかと思ったのが、15センチのコンクリートブロック。コンクリートブロックには、横筋、基本、半コーナー、コーナーの4種類があるが、その中のコーナータイプのやつだ(レンガじゃないじゃんというツッコミは勘弁してください)。


これがコンクリートブロック(画像は基本形のもの)。

ただ、問題なのはこれをどうやって自宅へ持って帰るかだ。コンクリートブロックはかなり重いので、袋に入れて持って帰るというわけにもいかない。多分、そんなことをしたら袋の底が抜ける前に私の肘の関節が抜ける。そこで、資材コーナーのレジへ行き、思いきって店員の方に交渉してみることにした。以前読んだ、プロフェッショナル・ネゴシエーターの頭の中の知識を活かす時が来た!こんなしょうもないことに!

私:「あの、ちょっとお伺いしたいのですが…コンクリートを配達してもらう事は可能でしょうか?」

店員:「どのコンクリートブロックですか?」

私:「15センチのものを6個」

店員:「あー、(ちょっと下を見る)大丈夫ですよ」

私:「ちなみに今日中でお願いしたんですが」

店員:「え!それは無理ですね~。配達の時間帯は決まっているので……軽トラックなら貸出しできますが」

私:「ペーパードライバーなので運転できないんです。あの、それなら台車を貸していただくとかは……」

店員:「当店はそういうサービスは行なっておりませんので……」

私:「カートでも良いです」

店員:「当店ではそういうサービスは……(なんだこいつという目)」

私:「何かありませんか」

店員:「無理ですねえ」

言うまでもないが、ここで悪いのは無理を承知でなんとかしてもらないだろうかと店員に食ってかかった私である。ナフコは全く悪くない。むしろ少し考える素振りを見せてくれただけでも優しいと思う。おそらく世間では私のような人間を迷惑客とかクレーマーと呼ぶのだ。ナフコさん、その節はほんとすいませんでした。

結局、持ち帰る術がなかったのでコンクリートブロックの購入は断念。私はホームセンターに売っているもので、レンガやコンクリートブロックの代用品になるものはないか1時間かけて店内を探しまくった。

隔て板を塞げるかもしれないもの

候補1:ゴルフ用の網


ゴルフネット3m×4m(36本グリーン)

隔て板の金具にくくりつければいけそうな気がしたが、網目が大きいので細かいゴミだと通り抜けてきそう。あと、10センチ56円だったので割と高いなと思った。

候補2:水タンク


水缶 コック付 BUB 20L 水タンク

中に水を入れて置いておけば大丈夫では……?と思ったが、定期的に中の水を変えないとボウフラが湧きそう。あと、底を見ると意外にツルッとしていたので、雨が降ってベランダが濡れると右へ左へ動く可能性がある。断念。

候補3:発砲スチロール板


タミヤ 高密度発泡スチロール10mm B4

発泡スチロール板を切り、接着剤で貼り付け、ベランダの床と隔て板にくっつけるという案はどうだ。これをやると引っ越しの時に多額の敷金を請求されて死ぬ可能性がある。どうだとか言ってみたが圧倒的に無理だ。断念。

こうして頭をフル回転させて店内を行ったり来たりしていると、もう「塞ぐのはあきらめて我慢しようかな……」と弱気になった。この日は結局何も買わずに帰宅。自宅へ帰り、私はこれ以上余計なものを見なくて良いよう、毛布をかぶって聴覚と視覚をシャットアウトした。ベランダの隔て板、塞げませんでした……。

SPONSORED LINK

あわせて読みたい



トップへ戻る