スマホを買うときは自分で端末を確認しないと尿液晶を売りつけられ画面を割られるよ、という話

Xperiaアイキャッチ

私が現在使用しているスマホはNTTドコモのXperiaZ1 SO-01F。その前はソフトバンクでiPhone3を使っていたのですが、どちらも契約時ちょっとしたトラブルに巻き込まれました。そのため、今でも携帯キャリアに対しては良い印象を抱いていません。今回は「スマホを契約するときは、念入りに端末を確認しないとひどい目に遭うぞ」という話をします。

SPONSORED LINK

キャリアを信用して全部おまかせすると、普通に不良品を売りつけられる

NTTドコモ、ソフトバンク、auという日本の大手携帯キャリア。いまは格安SIMなんかもありますが、ほとんどの方はこの携帯キャリアと契約しているはず。ただ、大手だからと安心してはいけません。新規契約や機種変更で新しい端末を受け取るとき、よーく確認しておかないと普通に不良品を売りつけられるので気をつけてください。

私はMNPでドコモのXperiaを契約したときも、ソフトバンクでiPhoneを契約したときも不良品を売りつけられそうになりました。

Xperiaの「尿液晶」を普通に売りつけようとするドコモ

一時期「尿液晶」と言われ、ディスプレイが黄ばんでいる端末が市場に出回りネットでも話題になったことがあります。こうした端末はiPhone、Xperia、ARROWSなど、メーカー・機種に関わりなく一定数存在していたことが確認されています。私はMNPでソフトバンクのiPhoneからNTTドコモのXperiaに乗り換えるさい、運悪くこの尿液晶にあたってしまいました。

MNP手続きをしにドコモショップへ行く前日、ネットで商品レビューを読み、きちんと予習し情報収集。「Xperiaにも尿液晶仕様の端末がある」という情報を仕入れていたので、ドコモショップで「念のため、ディスプレイに電源を入れて画面の色を確認したい」と店員に申し入れました。しかし店員の返事はNO!

店員いわく、スマホ端末は契約者の情報を登録してからでないと電源を入れることができないそうです。しかし、登録作業が終わってから電源を入れ、万が一、それが尿液晶だった場合は端末を交換し、再び登録作業をするわけですよね。完全に二度手間でしょそれ。

私は「時間がない」と伝えたんですが、ドコモショップ店員は「ルールですから」の一点張り。マニュアル対応なのは分かっていますが、融通がきかなくてイライラしました。そして約30分後、私の情報を移し替えたXperiaに電源を入れると、液晶が素人目にも分かるほど黄色っぽいのです。

「これ、画面が黄ばんでませんか?」

店員「え、そうですか?えーっと…(何度も首をかしげる)」

店員は、私が「気のせいだ」と言うのを待っている感じでした。「黄ばんでません?」と何度問いかけても「交換します」と言い出さないので、ついに店頭にあるデモ機を持ってきて横に並べ、「画面、黄色いですよね?」と詰め寄ってみた。するとようやく裏から上司が出てきて(多分、裏で店員と私のやりとりを聞いてたんでしょう)、渋々ですが交換の指示を出してくれました。

これ、私が店員にギャーギャー言うタイプだったから良かったものの、中年・高齢者みたいな情報弱者だと普通に尿液晶受け取ってしまうんじゃないでしょうか。不良品を売りつけるのは「詐欺」っていう、れっきとした不法行為なんですけどね。PL法とかに引っかからないのかな。

ドコモショップでスマホ契約をするときは、必ず店頭にあるデモ機と比較し、画面が黄ばんでないか確認するようにしてください。言葉で指摘するだけでは「いちゃんもんつけてるだけ、ゴネてるだけ」と判断し、ドコモは中々交換に応じてしてくれませんからね。必ず店頭のデモ機という「動かぬ証拠」を提示してください。

運悪く尿液晶にあたってしまった私は結局、料金プランの説明、1回めの端末登録作業、2度めの登録作業で手続きを終えるまでに約1時間30分かかりました。ドコモショップに行くときは、時間に余裕を持って行くようにしましょうね!

ソフトバンクでiPhoneにヒビを入れられる

これは以前、ソフトバンクショップでiPhoneを購入した時の話です。店内にiPhone用のハードシェルケースが販売されていたので、その場で一緒に購入したんですね。

ソフトバンク店員が親切に「そのカバーもはめますよ」と言ってくださったので、「まあプロだしな」と思ってお願いしたんです。店員はカバーを何度かはめたり外したりを繰り返していましたが、最終的にきちんとiPhoneにカバーをはめてくれました。

私はそのまま何の疑問も抱かず、店員に感謝を伝えてiPhoneを受け取り、自宅に持ち帰りました。で、充電しようとiPhoneを箱から出したら、ディスプレイに1センチ弱の縦ヒビが入っているのを発見!しかもこのヒビ、正面から見ると全く分からないのに、端末を逆さまにするとものすごく目立つやつだったんですね。

iPhoneを新規契約するとき、私は店頭で端末のボタンやホームボタン、画面のヒビやドット抜けがないか念入りに確認していましたし、自宅に持ち帰るときは外箱に入れた一度も出していません。なので、帰途の途中にカバンごとiPhoneをぶつけてヒビが入ったとは、どうしても思えなかった。そもそも、iPhoneのディスプレイに強い衝撃が加えられたら「小さな縦ヒビ」どころじゃ済まないでしょ。だからどうにも不可解で。

「カバーを装着するときにショップ店員が端末の両端を強く押し、ディスプレイに圧力をかけたせいでディスプレイが縦に割れたのではないか……?」というのが私の推測でした。つまり外圧でディスプレイがピシッ!といっちゃったんじゃないかと。むしろそれしか考えられませんでした。

iPhoneの縦ヒビに気づいたとき、ソフトバンクショップはすで営業終了時間。仕方ないので翌日ソフトバンクショップへ架電し、店員に以下の内容を伝えました。

「昨日、iPhoneを自宅で充電しようとしたらディスプレイの真ん中にヒビが入ってたんです。契約時、自分でも確認したつもりだったんですが気づかなかった。初期不良かもしれないし、店員がシェルカバーを装着するとき両端を押しすぎてヒビが入った可能性もある。とりあえず交換してもらえませんか?」

店員「…申し訳ございません。ご契約頂いた翌日にそういった不良が見つかった場合は、すべてお客様の過失となりますので、交換には別途料金を頂く形になります」

「は?」

店員「ですから、お客様の過失ということになりますので…(以下同じ回答を無限ループ)」

その後、ソフトバンクのカスタマーサービスにも架電しましたが、やはり私の過失になるので初期不良としての無料交換はムリ、と回答が。この対応で完璧にキレた私は、アップルの直営店にiPhoneを持ち込むことにしました。ソフトバンクショップおよびカスタマーサービスでいくらゴネても、店員は申し訳ないポーズをするだけで、一向に話が進まなかったからです。

Apple直営店が自宅近隣になかったので、週末、電車を乗り継ぎ、遠方のアップルストアへ行きました。店員に事情を説明し、無料交換してくれないかと相談。iPhoneのディスプレイを見せると、わりとよくある事らしく「ああ~ハイハイ……」と、すんなり交換を了承。Appleでも無償交換してもらえなかったら、iPhoneのディスプレイを見るたびヒビが目に入ってイラッとする生活が2年は続いたはずです。本当に良かった!

しかし、Apple Storeへ行くための交通費は自腹。せっかくの休日も潰れる。本当に良かった~~と言いましたが、何一つ良くない。この一件があってから、私は「ソフトバンクとは二度と契約しない」と決めました。家族にも「ソフトバンクとだけは契約しないように」と言い含めています。

さて最後に「スマホ端末を購入する際の注意点」をおさらいしておきましょう。

  • スマホ端末を受け取った直後、電源を入れて店頭のデモ機と比較する。
  • 傷保護シートやケースは店員に任せず、すべて自分で装着する。
  • ショップを出た直後、もう一度念入りに端末の隅々まで確認する。

店頭で端末を購入するさいは、くれぐれもお気をつけて。

SPONSORED LINK

あわせて読みたい



トップへ戻る