Acer Aspire V5-171の代替ACアダプタ「CYD 40W 19V 2.15A」

CYD_ACアダプター_正面

先月、メイン機にしているノートパソコン「Acer Aspire V5-171」のACアダプタが故障しました。アダプタ本体ではなく、ケーブル断線による故障。シースが破けて銅線がむき出しになっているせいで、パソコンに繋いでも接続・切断・切断の繰り返し。完全に接続不良です。購入して約9年になるノートパソコンなので、ACアダプタもかなり経年劣化でガタがきていたらしい。Aspire V5-171 はすでに生産終了しているため、AcerからACアダプタを取り寄せることもできません。それ以前にAcerはACアダプタ単体の販売してませんしね。

断線したケーブル、最初は自分で補修したんですが接続不良は直らず……。元通りにするには分解してはんだ付けするしかなく、しかしそれはさすがに面倒くさすぎるぞ、というわけで、互換性のある他メーカーのACアダプタを購入することにしました。

SPONSORED LINK

断線したAcerのACアダプタ

断線したAcer正規品のACアダプタ、ケーブルの根本部分です。シースが破けて銅線がむき出しになっています。

Acer_プラグ断線

むき出しといっても、銅線が出てるのはほんの少ーし。「これくらいなら何とかなる!多分!」とポジティブ思考に頼った私は、自宅にあったサテンテープでケーブルの根本をグルグル巻きにしてみました。断線した箇所を固定すればとりあえず直るんじゃないか、的な。

Acer_プラグ補修
ぐるぐる巻き

Acer_プラグ補修拡大
結構きつく縛りました

この状態でパソコンに差し込むと、(驚くべきことに!)一時的に接続不良が直り、また充電できるようになりました。しかし長時間使用していると、パソコン本体の熱がケーブルにも伝わり、結果、根本がグニャっとなってまた接続不良を起こしました。そこで自力修繕を諦め、他メーカーのACアダプタを購入に至ったわけです。

Acerの代替ADアダプタ「CYD 40W 19V 2.15A」

今回購入したのは、「CYD」という中国メーカーのACアダプタ。Amazonの商品ページに「Aspire V5-171対応」と明記されていますし、出力も「19V 2.15A 」で、互換性に関しては全く問題なし。ACアダプタはこの「出力」が重要で、V5-171の場合「2.15A」を下回ってしまうと、充電できないのはもちろん、下手すればパソコン本体の故障を引き起こすこともあります。「CYD」の商品は今まで購入したことがなく、商品の品質に多少不安もあったのですが、まあ2000円ちょいだし!と思い、Amazonで注文。

で、実際に届いた商品がこちら。

CYD_ACアダプター_正面

私の経験上、中国メーカーのパソコン周辺機器は、コンセントの刃が錆びていたり、ケーブルに傷があったり、組み立てが悪かったり、不良品に当たる確率が非常に高い。過去に何度も不良品に当たったので若干トラウマが……。でもこの商品、いざ開封してみると本体・ケーブルに目立った傷なし、プラグに傷・錆なし、ACアダプタの刃も比較的きれい。思っていた以上の美品でした。

コンセントの刃。傷・錆も見当たらず、きれいです。

CYD_ACアダプター_コンセント刃

本体に記載されてる仕様は、こんな感じ。

CYD_ACアダプター_メーカー表記

根本にはケーブルガードもついています。大きさは約3センチ。Acer正規品と比較すると、ケーブルはやや太めですね。

CYD_ACアダプター_ケーブル

本製品のコネクタサイズは、5.5×1.7mm。Acer正規品のコネクタは黒色でしたが、「CYD」はブルー。

CYD_ACアダプター_プラグ1

コネクタ拡大。

CYD_ACアダプター_プラグ2

サイズは全く同じなんですが、Acer正規品に比べ、CYD製はパソコンに差し込むと少しグラグラしました。若干ですが、遊びがある。でも充電には全く影響ありません。

ケーブルの根本を曲げてしまうとまた経年劣化で断線する恐れがあるので、私はケーブルを垂直にし、根本に負荷がいかないようにしました。パソコンやスマホの充電器類はテーブル端にまとめているため、「CYD」ACアダプタを追加し、現在はこのような状態に。ちなみに、奥にあるのが今回断線したAcerの正規品アダプタです。もう使えませんが一応とっておく。

Acer_ACアダプタ類まとめ

Acer正規品に比べてケーブルがやや太めなので、少し調整してやればこうして垂直に立ってくれます。これでケーブル根本断線のリスクは回避できる……はず。

CYD 40W 19V 2.15A【急速ACアダプター】

SPONSORED LINK

あわせて読みたい

トップへ戻る