よなかのはなし

http://www.hiroseyonaka.com/

早く記事を書き上げるスピードライティングのコツと、納品する「記事の質」について

f:id:hiroseyonaka:20151020171137p:plain

ライターがクラウドソーシングで効率的に稼ぐには、「高単価で依頼してくれたクライアントには質の高い記事を、低単価のクライアントにはギリギリ承認されるクオリティの記事を納品する」という割り切りが必要です。そして、ギリギリ承認されるクオリティの記事を書くさい欠かせないのが「スピードライティング」と呼ばれるテクニック。

クライアントによって「記事の質」を変えれば効率よく稼げる!

一般論はさておき、私が思う「質の高い記事」というのは、文章のリズムが良く、かつテーマが一貫していて文章が最後まで破綻していない記事のこと。この条件を満たし、事実に基づくしっかりとした内容が含まれていれば言うことなしですね。一方で、「クライアントにギリギリ承認されるクオリティの記事」というのは、1つのテーマを極限まで薄めた記事の事だと思います。

 

ランサーズのクライアントはブラックばかりなり

私は以前、ランサーズで世にいう「500円ライター」をしており、プロジェクトとタスクを7:3の割合で受注していました。タスクを数こなしているとだんだん分かってくるんですが、ランサーズのクライアントはとてもわがままで注文が多い。1文字0.1円~0.2円くらいの低単価にも関わらず、執拗にコピペについて忠告してきたり、SEO記事の時はキーワードをいくつ入れろだの、見出しや本文の文字数はいくつにしろだの……。プロジェクトならまだしも1文字0.1円のタスクでこれですからね。

 

低単価の依頼は、たとえタスクでも受注しないのが1番です。こういう指示を出してくるクライアントは、総じて「ライターを上手く使って儲けてやろう」としか考えていませんから。しかし、Googleにもゴミ扱いされるような「薄めに薄めた記事」を納品し、逆にクライアントを利用して儲けるというやり方もあるんですよね。内容がスカスカな記事はいちいちリサーチかけなくていいので、短時間で複数記事を書き上げることができます。スピードライティングをマスターすればさらに時間が短縮できるので、労力と時間をかけずに稼ぐことも難しくありません。ゴミ記事をSEOに強い記事へリライトするのはかなりの手間と労力が必要ですから、クライアントも仕方なく単価アップやプロジェクト案件を検討するでしょうし。

 

クラウドソーシングで「非承認」にされる記事の基準

薄めに薄めた記事=クライアントにギリギリ承認されるクオリティの記事、です。ライターとしては、まず承認・非承認になる記事、そのボーダーラインを知っておかなくてはお話になりません。つまり、どこまで手を抜いても大丈夫なのか?ということを。

 

ランサーズでは記事の依頼概要部分に「◯◯の場合は非承認にします」とクライアントが記載していますので、必ず目を通しておきましょう。私の経験上、特に多かった非承認事項は以下の3つでした。

 

  1. 指定の文字を下回っている。
  2. 誤字脱字が10か所以上ある
  3. キーワードを指定数入れていない

 

2の誤字脱字については、1~2か所なら問題ありません。ただ、10か所以上は故意とみなされ即非承認になってしまうので注意。この注意事項と記事のテーマさえ押さえておけば、内容に関してはかなり薄くても非承認になることはまずありません。

 

実際に400文字の記事を「薄い内容」で書いてみる

ここからは実際にスピードライティングで「中身の薄い記事」を書いてみましょう。記事のテーマは「カードローン・キャッシング」。ランサーズでも最も需要のあるキーワードです。

 

記事作成サンプル

【依頼概要】 プロミスのカードローンに関する記事(200文字程度×50記事)の作成。カードローンに関する事なら内容は不問(ただし、オリジナルの内容に限る)。

 

中身スカスカ記事にはリサーチなど一切必要ありません。ただ、依頼概要に「キャッシング 即日」「カードローン 限度額」など細かなキーワード指定がない場合に限り、どのネタで記事を書くか決めるため、ネットででキーワードを拾う必要が出てきます。今回はカードローン大手のプロミス公式サイトに行き、キーワードを拾ってみました。

 

f:id:hiroseyonaka:20150620105717p:plain

 

スピードライティングや記事の量産に慣れていないライターは、プロミスの公式サイトを開いても、どのキーワードを拾うべきか悩むかもしれません。しかし、プロミスのサイトを隅々まで見てみると、記事にできそうなネタがあっちこっちに転がっています。私が目についたキーワードを、以下に20個ほどピックアップしてみましょう。

 

  • 審査では職業身分が調べられるけど、主婦でも審査には通る
  • 収入が安定しないフリーターは、銀行よりプロミスのカードローンの方が通りやすい
  • 転職の空白期間にプロミスに申し込むと希望限度額減額の可能性がある
  • プロミスに申し込むと第三者信用機関に申込情報が残る
  • プロミスに申し込んでも中々連絡が来ない場合は?
  • プロミスのキャッシュカードを紛失した時の対処法
  • インターネットバンキングからの返済が可能
  • プロミスの無利息キャンペーンがいかにお得か
  • もしもプロミスから増額の提案があったら受けても良い?
  • 使途自由のフリーローン、本当に使途を調べられない?
  • 契約者が死亡した場合、家族に返済義務はあるのか
  • ネットに慣れていない中高年&高齢者は書類での申し込み推奨
  • 「お客様の声」を活かす取り組みを行なっているプロミス
  • プロミスのパンフレットはサイト内でpdfデータとして配布されている
  • プロミスのSNS配信サービスでは何の情報が届くの?
  • プロミスのカードローン、5つの申し込み方法
  • ブラウザを開かなくていい、プロミスのアプリが便利
  • 専用ATMのバーチャル画面がプロミスのサイトで確認できる
  • 便利な会員サービスでより利用しやすくなったプロミス
  • カードローンの落とし穴、多重責務に気を付けよう

 

このようなキーワードは、いちいちリサーチしなくても脳内だけで記事にできそうです。プロミスサイトにある記事の言い回しを変え、そこに修飾語を加えて自身の感想を付け加えれば、5~6分で400文字埋まるはず。こうした作業を続けていけば、すぐにスピードライティングスキルも身につきます。

 

キーワードが上手く拾えないときは、カードローンのページだけでなく、女性専用ローンのページ、配布されているパンフレット、ちょっとした面白コンテンツなど、サイトの隅々まで見てみてくださいね。

 

スピードライティング実践編

では、上記ネタの中から【使途自由のフリーローン、本当に使途を調べられない?】というキーワードで記事を書いてみたいと思います。内容が比較できるよう、記事は「真面目に書いたバージョン」と「薄めに薄めてやった中身スカスカバージョン」の2通り。

 

記事内にプロミスの名前を出してしまうと後々面倒なので、ここはプリプリキャッシングという架空の消費者金融が提供している「プリンローン」というローンサービスの紹介という設定でいくことにします(このネーミングセンスのなさよ)。当たり前ですが、これは実際に納品した記事ではありません。

 

かなり真面目ver

消費者金融の大手のプリプリキャッシングでは、20歳以上の安定した収入があれば職業に関係なくプリンローンに申し込む事が可能です。プリンローンは使途が自由という便利さが多くの利用者に支持されており、なんと今では契約数が1億人を突破するという人気ぶり。生活費やレジャーなど、使途を問わない便利なカードローン商品としては、100年連続の顧客満足度を獲得しています。しかし、「使途自由」となっていても、初めてカードローンに申し込む方にとってはプリプリキャッシング、あるいは第三者機関によって使途が調査され、情報として記録されてしまうのでは・・・と不安になってしまう方もいるでしょう。 確かに、融資金額が5億を超える場合や、頻繁に返済が滞った場合は、確認事項として使途の開示を要求される場合もありますが、これは非常にまれなケース。借入・返済を問題なく行っている契約者であれば、資金使途について調べられることはまずありませんので、ご安心ください。

 

薄くしたver.

消費者金融の中でも大人気のプリプリキャッシング。このプリプリキャッシングのカードローンサービスでどの世代にも一番人気なのが、使い道自由で簡単に申し込めちゃうプリンローンです。プリンローンの魅力は何と言っても使い道が自由なところ。つまり、生活費の足しにしたり、旅行の資金としてまとまったお金が必要になったときにも利用できるという訳です。これまで、急な出費に慌ててしまった経験がある方は、いざという時の為にプリンローンに申し込んでおけば安心ですね。でも初めてプリンローンに申し込みをする際に、「もしかしたら何にお金を使ったか調べられてしまうんじゃ・・・」と、ちょっとした不安に駆られてしまう人も多いのではないでしょうか。でも心配は要りません。プリプリキャッシングやカードローン審査を行なう第三者機関がわざわざ契約者個人のカードローンの使い道まで調べたりすることはまずあり得ないのです。それでももし不安な場合は、事前にプリプリキャッシングのフリーコールに相談することをおすすめします。

 

まとめ

薄い記事は修飾語で文字数を稼ぎ、だれでも知っているようなことをそれっぽく書いただけの文章にしました。「契約数」や「顧客満足度」など、リサーチが必要な情報を一切書かないのがスピードライティングのポイントです。「申し込めちゃう」といった砕けた口調を使うのも、単なる文字稼ぎ。

 

ぱっと見ただけでも文章の酷さが目につきますが、クラウドソーシングではのクオリティでも普通に承認されます。①カードローンをテーマにしている、②誤字脱字なし、③規定文字数の条件を全てクリアしている、という条件は満たしている以上、非承認にはなりませんので、低単価地雷クライアントの依頼を受注する場合は、積極的に中身スカスカ記事を納品しましょう。