読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よなかのはなし

LifeHacks And Hello!Project Blog

クラウドソーシングで稼ぐ!早く記事を書き上げるスピードライティングのコツと、納品する「記事の質」について

文章術

f:id:hiroseyonaka:20151020171137p:plain

クラウドソーシングで記事を書いている時は、高単価で依頼してくれたクライアントには質の高い記事を、高くも安くもない単価で依頼をくれるクライアントにはギリギリ承認されるくらいのクオリティの記事を納品するのが本当に賢い稼げるライターがやっている事だと思う。もちろん、低単価で依頼するクライアントは相手にしないのが一番だ。

クライアントによって「記事の質」を変えれば執筆スピードアップ!

一般的に質の高い記事と呼ばれるのがどういうものを指すのかは分からないが、私が思う質の高い記事というのは、文章のリズムが良く、かつテーマが一貫していて文章が最後まで破綻していない記事ではないかと思う。それプラス、事実に基づくしっかりとした内容が含まれていれば言うことなしだろう。

一方で、ギリギリ承認される記事というのは、1つのテーマを文字数いっぱいになるように薄めた記事の事だと思っている。

 

 

タスクを数こなしているとだんだん分かってくるが、ランサーズのクライアントはとてもわがままだ。1文字0.1円~0.2円くらいの低単価にも関わらず、執拗にコピペについて忠告してきたり、SEO記事の時はキーワードをいくつ入れろだの、見出しや本文の文字数まで細かく指定してきたりする。こういう指示を出してくるクライアントは総じて、「ランサーを上手く使って自分が儲けてやろう」としか考えてないものだ。安い単価でも、とにかく報酬さえ払えば沢山のランサーが記事を書くものと思っている。私だったらこういうクライアントにはかなり薄っすい記事を納品する(それ以前に低単価の依頼は受けないけど)。そこで、薄い内容の記事を作るにはどうしたら良いかというのが今回の話。

 

クラウドソーシングで「非承認」にされる記事の基準

まずは、承認されない記事のポイントをおさらいしよう。これはよく依頼概要に書かれていることだが、守っていないとすぐに非承認にされるので気を付けなければいけない。

 

  • 非承認ポイント1、指定の文字を下回っている。
  • 非承認ポイント2、誤字脱字が10か所以上ある
  • 非承認ポイント3、キーワードを指定数入れていない

 

 非承認ポイント2の誤字脱字については、1~2か所なら許してもらえるが、さすがに10か所くらいになると故意だと判断されて即非承認になってしまう。ただし、上記したような最低限の条件と記事のテーマさえ押さえておけば、内容に関してはかなり薄くても大丈夫だ。

 

実際に400文字の記事を「薄い内容」で書いてみる

ではここからは、具体的な薄い記事の書き方を、よく見かける「カードローン・キャッシング」系のテーマを例にして見てみることにしよう。

 

記事作成サンプル

【依頼概要】 プロミスのカードローンに関する記事(200文字程度×50記事)の作成。カードローンに関する事なら内容は不問(ただし、オリジナルの内容に限る)。

 

この依頼に沿った記事を書くにあたって、まずプロミスのサイトを見てネタを探そう。

 

f:id:hiroseyonaka:20150620105717p:plain

 

 記事の量産に慣れていない方は、まずプロミスのフリーローンのページに行き、金利やサービス内容について1~2記事書いて、もうネタがない!と頭を抱えてしまうのではないだろうか?でもサイトを隅々まで見てみると、沢山ネタが転がっていることに気づくはずだ。ざっと見ただけでも、私が記事を書けると思ったネタを20個挙げてみる。

 

  • 審査では職業身分が調べられるけど、主婦でも審査には通る
  • 収入が安定しないフリーターは、銀行よりプロミスのカードローンの方が通りやすい
  • 転職の空白期間にプロミスに申し込むと希望限度額減額の可能性がある
  • プロミスに申し込むと第三者信用機関に申込情報が残る
  • プロミスに申し込んでも中々連絡が来ない場合は?
  • プロミスのキャッシュカードを紛失した時の対処法
  • インターネットバンキングからの返済が可能
  • プロミスの無利息キャンペーンがいかにお得か
  • もしもプロミスから増額の提案があったら受けても良い?
  • 使途自由のフリーローン、本当に使途を調べられない?
  • 契約者が死亡した場合、家族に返済義務はあるのか
  • ネットに慣れていない中高年&高齢者は書類での申し込み推奨
  • 「お客様の声」を活かす取り組みを行なっているプロミス
  • プロミスのパンフレットはサイト内でpdfデータとして配布されている
  • プロミスのSNS配信サービスでは何の情報が届くの?
  • プロミスのカードローン、5つの申し込み方法
  • ブラウザを開かなくていい、プロミスのアプリが便利
  • 専用ATMのバーチャル画面がプロミスのサイトで確認できる
  • 便利な会員サービスでより利用しやすくなったプロミス
  • カードローンの落とし穴、多重責務に気を付けよう

 

 どれもサイト内に書いてある内容をちょっと言い回しを変えて書けば十分400文字埋めることは可能だと思う。 このように、ネタを量産するためには、カードローンのページだけでなく、女性専用ローンのページ、配布されているパンフレット、ちょっとした面白コンテンツなど、本当に隅々まで見てあげるのがポイントだ。

 

では、上に挙げたネタの中から【使途自由のフリーローン、本当に使途を調べられない?】というテーマを、かなり真面目に書いたバージョンと薄めに薄めてやったバージョンの2通りで書いてみたいと思う。ただし、プロミスの名前を出してしまうと後々面倒なので、ここはプリプリキャッシングという架空の消費者金融が提供している「プリンローン」というローンサービスの紹介という設定でいくことにする(このネーミングセンスのなさよ)。ちなみに当たり前だが、これは実際に納品した記事ではありません。

 

かなり真面目ver

 

消費者金融の大手のプリプリキャッシングでは、20歳以上の安定した収入があれば職業に関係なくプリンローンに申し込む事が可能です。プリンローンは使途が自由という便利さが多くの利用者に支持されており、なんと今では契約数が1億人を突破するという人気ぶり。生活費やレジャーなど、使途を問わない便利なカードローン商品としては、100年連続の顧客満足度を獲得しています。しかし、「使途自由」となっていても、初めてカードローンに申し込む方にとってはプリプリキャッシング、あるいは第三者機関によって使途が調査され、情報として記録されてしまうのでは・・・と不安になってしまう方もいるでしょう。 確かに、融資金額が5億を超える場合や、頻繁に返済が滞った場合は、確認事項として使途の開示を要求される場合もありますが、これは非常にまれなケースと言ってよく、借入・返済を問題なく行っている契約者であれば、まず資金使途について調べられることはありませんので、ご安心ください。

 

薄くしたver.

 

消費者金融の中でも大人気のプリプリキャッシング。このプリプリキャッシングのカードローンサービスでどの世代にも一番人気なのが、使い道自由で簡単に申し込めちゃうプリンローンです。プリンローンの魅力は何と言っても使い道が自由なところ。つまり、生活費の足しにしたり、旅行の資金としてまとまったお金が必要になったときにも利用できるという訳です。これまで、急な出費に慌ててしまった経験がある方は、いざという時の為にプリンローンに申し込んでおけば安心ですね。でも初めてプリンローンに申し込みをする際に、「もしかしたら何にお金を使ったか調べられてしまうんじゃ・・・」と、ちょっとした不安に駆られてしまう人も多いのではないでしょうか。でも心配は要りません。プリプリキャッシングやカードローン審査を行なう第三者機関がわざわざ契約者個人のカードローンの使い道まで調べたりすることはまずあり得ないのです。それでももし不安な場合は、事前にプリプリキャッシングのフリーコールに相談することをおすすめします。

 

まとめ

どうだろう、薄い記事は修飾語で文字数を稼ぎ、だれでも知っているようなことをそれっぽく書いただけの文章にした。かなり薄めてやったおかげで中身がスッカスカだ。

でもクラウドソーシングではではよほどの事がない限り、このレベルの記事でも十分承認される。カードローンをテーマにして、誤字脱字、文字数全てクリアしている以上、特に非承認になる問題はないはずだ。果たしてどのくらいのレベルまでなら承認されるかというギリギリの攻防をクライアントと繰り広げてみると、「承認ライン」が把握できるのでやってみる価値はある。