すてーき物語「牛ロースすてーき弁当」の肉は83グラム

すてーき物語牛ロースすてーき弁当_3

昨日の昼ご飯は、北九州市小倉井筒屋の本館地下一階にある「すてーき物語」の牛ロースすてーき弁当でした。「すてーき物語」はプリマハム株式会社のグループ企業である株式会社エッセンハウスが経営している惣菜店。その県内唯一の店舗が小倉井筒屋に入っているので、小倉出張のついでに買いました。

SPONSORED LINK

牛ロースすてーき弁当

こちらが「すてーき物語」の牛ロースすてーき弁当。お値段税込1296円。

すてーき物語牛ロースすてーき弁当_15

牛ロースステーキは焼き加減ウェルダン、キシキシッと噛みごたえのあるザ・ロースな肉質。ソースの味付けは甘めフルーティ。肉の旨みを殺さない控えめな感じがいい。200点満点。

すてーき物語牛ロースすてーき弁当_3

弁当に使われている牛ロースステーキの重量は83グラム。少し物足りませんが、千円ちょっとでステーキが食べられる手軽さに負けて買ってしまう。

すてーき物語牛ロースすてーき弁当_12
83グラムの牛ロースステーキ

すてーき物語は、肉だけでなく弁当の付け合わせも美味しいんですよね。特にこれ。菜の花と胡麻のお浸し。調理が面倒すぎて自宅では絶対作らないやつ。

すてーき物語牛ロースすてーき弁当_4

こっちは甘めの出汁に浸され、くたくたになった金平牛蒡。無限に食べられるやつ。

すてーき物語牛ロースすてーき弁当_5

ステーキに欠かせないグラッセ。ニンジン特有のえぐみが消失し、もはやただのスイーツ。

すてーき物語牛ロースすてーき弁当_7

ステーキに欠かせないウェッジカットのフライドポテト。味は普通。

すてーき物語牛ロースすてーき弁当_8

ステーキソースが絡んだ、しなしなレタス。デパ地下の弁当は安っぽいバランなど使わないのである!

すてーき物語牛ロースすてーき弁当_10

ステーキの下に敷かれているスパゲティ。牛脂とソースが絡んで目を剥く美味さ。量ると90.5グラムもありました。デパ地下の弁当は下敷きスパをケチらないのである!!

すてーき物語牛ロースすてーき弁当_9
すごくヒタヒタです

すてーき物語牛ロースすてーき弁当_13
90.5グラムの下敷きスパ

あと、すてーき物語小倉井筒屋店は弁当のご飯もめちゃくちゃ美味しい。お手本のような柔らかさと水分量。デパート、スーパー、コンビニ、チェーン、仕出し……これまで色んな店の色んな弁当を食べてきましたが、ご飯の美味しさはすてーき物語がダントツです。

すてーき物語牛ロースすてーき弁当_11

ちなみに、弁当のご飯重量は239.5グラム。

すてーき物語牛ロースすてーき弁当_14
239.5グラムのご飯

牛ハラミすてーき弁当

こちらは、夜ご飯にしようと思って購入した「すてーき物語」の牛ハラミすてーき弁当。お値段税込1188円。

すてーき物語牛ハラミすてーき弁当_5

牛ハラミステーキの重量は84グラム。牛ロースすてーき弁当より肉量少ないので、小食の方におすすめ。

すてーき物語牛ハラミすてーき弁当_4
84グラムの牛ハラミステーキ

ステーキの焼き加減はウェルダンとベリーウェルダンの中間くらい。噛んだ瞬間ホロホロ〜と身が崩れます。なぜならハラミだから!ステーキソースはこちらも甘めフルーティ。少し苦味のあるハラミとよく合ってて美味しい。

すてーき物語牛ハラミすてーき弁当_3

付け合わせは、牛ロースすてーき弁当と全く同じ。菜の花と胡麻のお浸し、金平牛蒡、ニンジンのグラッセ、フライドポテト、ステーキの下に敷かれ牛脂とソースを吸ったレタス&スパゲティ。そして、相変わらず絶妙な柔らかさと水分量のご飯。もう、このご飯単品で売ってほしい。

SPONSORED LINK

あわせて読みたい

トップへ戻る