みんなマウス絵描こうぜ!ベジェ曲線とブラシ・ペイントツールでできること

マウス絵水彩イラストアイキャッチ

iPad版クリスタが登場し世間が賑わってますが、マウスで絵を描いている私には全く!みじんも!関係のない話です。私は「ペンタブ欲しい!」より「自宅にこれ以上物を増やしたくない!」という思いのほうが強いので、多分今後もマウスで絵を描き続けます。今回は、そんな私が普段やっているマウス絵の描き方3パターン。

SPONSORED LINK

1、ベジェ曲線で絵を描く

マウスで絵を描く場合、最も簡単なのがこれ。ペンタブで下書きしてベジェ曲線で仕上げる人、海外のイラストレーターにも多いですよね。私もパス取ってベジェ曲線ギュイーンが一番描きやすいので、自作マウス絵はほとんどこの手法。たとえば、以前ブログ用に作ったこのイラスト。これはGIMPのパスツールを使って描いたものです。

モーニング娘横山玲奈アニメ

上記イラストは「モーニング娘。はメンバーのキャラアクキーを作ってはどうか?」と提案した記事(これ)で使用したもの。モーニング娘。’17の13期メンバー・横山玲奈のデフォルメイラストですが、顔・目・髪・衣装などのパーツを1つずつベジェ曲線で作っていき、それを組み合わせています。所要時間は、1時間半くらい。

マウス絵横山分解図2

2、ブラシツールで水彩イラストを描く

ブラシツールを使って色を塗り重ねていくと、マウスでもペンタブに負けないクオリティのイラストを作ることができます。今は様々なブラシが無料配布されているので、これらのブラシを使えばタッチの異なるイラストも描けますしね。水彩ブラシを使えば水墨画のような仕上がりになるし、厚塗りブラシ(よくベタ塗りに使われるやつ)を使えば油彩風の仕上がりになる。結構遊べますよこれは。

私が以前、マウス+水彩ブラシで描いたイラストの一例がこちら。使用ソフトはIllustratorです。香水瓶のパースが狂ってますが、そこは気にしないでください。

水彩ブラシ香水イラスト1

これは、黒の水彩ブラシで香水瓶とラベルのイラストを描き、上に青の水彩テクスチャを重ねてマスクをかけただけ。描き方をざっくり説明すると、まず水彩ブラシを少しずつ塗り重ねていき、香水瓶の輪郭を作る。

水彩ブラシの香水制作過程1

瓶ができたら、その上に水彩ブラシでラベルを描き足します。そして最後に、香水瓶の形のシェイプを作ってマスクをかける。

水彩ブラシの香水制作過程2

下書きしたイラストに青の水彩テクスチャを乗せれば、完成です。

マウス絵香水テクスチャ

香水瓶の描き方は「FASHION ILLUSTRATION WORKS Photoshop & Illustrator」という本に載っていたチュートリアルを参考にしました。凝ったことしているようにみえるかもしれませんが、描き方自体はとても簡単。

3、ペイントでマウス絵を描く

Windowsにインストールされているペイント。が、簡単なお絵かきソフトと侮るなかれ!このペイントでも十分鑑賞に耐えうる絵が描けるんです。まず、黒いペンで下書きし、線の端をカラーペンで閉じ、バケツツールでざっくり色を塗る。その上から影とハイライトをガシガシ塗っていけば、一昔前のセル画っぽいアニメ絵の出来上がり!

■ペイントツールのマウス絵(下書き)

シェリル・ノームマウス絵下書き

■ペイントツールのマウス絵(色塗り)

シェリル・ノームマウス絵

上記イラストは30分で描きました。もっと時間をかけて丁寧に色塗りすれば、本当にセル画そっくりのイラストになります。最初はやはり線がヘロヘロになりますが、これも慣れれば真っ直ぐな線が引けるようになります。ペイントはイラストを描けば描くだけ上達するので、とにかく練習あるのみ!

pixivで「マウス絵」と検索すれば、クオリティの高いイラストが沢山出てきます。早さ・繊細さではペンタブに負けるものの、マウスだってクオリティでは決して負けてないというのがよく分かりますね。というわけで、私はこれからもマウスでイラストを描き続けていきます。マウス最高!

関連Pixiv

SPONSORED LINK

あわせて読みたい



トップへ戻る