彼女が攻略できません!感想

彼女が攻略できませんアイキャッチ

シチュCD界にはごくまれに、ごくまれに!シチュ彼をぶん殴る系のメスゴリラヒロインが出現しますが、このCDがまさにそれです。

口より先に手が出るメスゴリラ系ヒロインをゲットしようとした彼女の上司、恋愛ハンター野田(本名:野田満さん)が、ビンタされたり無視されたりビンタされたりしながら、最終的にヒロインのハートを射止め両思いになるまでを描いたのが本作。ネタバレなしで聴くと、多分ドン引きします。それくらいヒロインが何度も野田さんを殴ります。

あと音質。同レーベル作品「アイのある生活」と聴き比べると分かりますが、「私が攻略できません!」は、やや音がこもり気味。

ヤンデレ化した野田さんに追い詰められたヒロインがロッカーに隠れてるとか(執着eye2の話ではありません)、ヤンデレ化した野田さんにKANKINされてしまったとか(愛病の話ではありませんよ)、サンボ聴いたときは「そういう特殊空間シーンの演出か?」と思ったんですが、違った。音質ガチ勢がキレ散らかすレベルではないけど、気になる人は気になるだろうなと思いました。

では以下、感想。ネタバレありますので未聴の方は自己責任でお願いします~

あと18歳以下の人は読んじゃだめだぞ♡

SPONSORED LINK


野田さんにお持ち帰りされる

野田さんとヒロイン、居酒屋で酒をかっ喰らっています。つまみを注文するとき、野田さんが「ここのね~唐揚げが美味しいんだよぉ~!」と盛大にステマしてくるんですが、あからさますぎてニヤニヤした。これは良い権力の使い方~

最初はノンアルにするつもりだったけど野田さんに上手く誘導され、酒を水のように「うめーうめー」と飲んじゃったヒロイン。案の定、ベロンベロンに酔っ払い、そのままお持ち帰りされます。

家に着くなり、「酔いが覚めるまで気持ちいいことしよっか」とチュッチュチュッチュしてくる野田さん。「キスが苦い?タバコ吸ってるからかな」という台詞、私のド性癖に突き刺さりました。ちょっと笑いながら言ってるのと、答え慣れてます感?女の扱い慣れてます!がダダ漏れなの、大変よろしいなと。

ヒロインは(一応)抵抗するんだけど、野田さんはそれを「嫌よ嫌よも何とか」と解釈し前戯を続行。しかし全く濡れてないことにショックを受けて「……もしかして、不感症?」と失礼極まりない台詞を吐きます。シチュCD界で久しぶりにこんなデリカシーのない男をみました。ヒロインもブチ切れたらしく「このハゲーー!」と叫んで野田さんをぶん殴り、部屋を出ていきます。

野田さん無視される

この夜以降、野田さんはヒロインに無視されるようになります。会社の休憩室でそれとなく話しかけたりしますが、ガン無視です。書類を渡したらさっさと自分の席に帰るとか、野田さんからの内線をガチャ切りするとかヒロイン公私混同しまくり。社会人なので、こういうのは良くないですねえ……

内線を何度もガチャ切りされながら「話があるからエントランスに来てくれ。来ないなら迎えに行く」と伝える野田さん。しかしヒロインは行かなかったようです。なので終業後、野田さんが迎えに来ます。

「おつかれ。てっきり逃げられちゃったのかと思ったけど残業?」

「……聞こえてる?業務の話なのに無視をするなんて、社会人のすることかな?」

渋々、返事するヒロイン。課長から振られた仕事のせいで残業を余儀なくされたらしい。野田さんは「こんなのやらなくていい!俺から話しておくから」と言うんだけど、それを断って仕事続行します。ヒロインを1人残して帰るわけにもいかず、結局、野田さんも手伝うことに。

でも「自分がやるから野田さんは帰ってください。おつかれさまでした」みたいな、ま~た可愛げないことを言うんですね、このヒロイン。言動がネチネチして嫌味ったらしい。自己中心的で感情的で、女の嫌なところ全部詰めましたみたいな性格。あとすぐ殴る。

で、書類を片付け終わったのはド深夜。

野田さんは「上として申し訳なかったと思って。課長から無茶な仕事を振られたことに気づけなかったこと、君ばかりに負担をかけて情けないよ。すまなかった」と謝ってくれるんだけど、普通、会社っていうのは誰から指示を受けるかってのは予め決まっているわけで、上席から直接仕事振られたなら事前にヒロインが野田さんに報告し、やっていいかどうか指示仰ぐべきだと思うんですが……。報連相が致命的にできてない上司と部下です。

エレベーターの中で野田さんは、先日、自宅に連れ込んで事に及ぼうとしたことも謝罪します。

実はヒロインのことずっと可愛いと思ってて、自分が声をかけても全然靡かないのでさらに目がいくようになって、気づいたら夢中になっていたと。で、酔い潰して抱いてしまえば彼女にできると思った、と。最低だなオ~~イ!

でも今日は「終電ないから俺の家においでよ~」と言わず、ヒロインをタクシーに押し込んで万札を握らせ送り出します。改心したんですかねぇ。

野田さんとヒロイン仲直りする

出社後、また休憩室でヒロインに声をかける野田さん。「相当眠そうだねえ、よかったらゆっくり休める場所にいかない?な~んて、こんなこと言ってたらまたビンタされて無視されちゃうね」また、さらっとセクハラをかます!全然改心してなかった!

でも帰ってきたのはビンタ……ではなく「良いですよ」という台詞。

「嘘みたいだ……寝不足で夢見てるのかなっていうレベルでありえないことがおきた……」

それ聞いて「目を覚ましてあげましょうか」と不穏なことを言うヒロイン。アッ、絶対ビンタするつもりだろ!

「いや絶対ビンタするつもりでしょ!?」ほら野田さんも同じことを考えてるよ!

その後、感極まった野田さんがヒロインに抱きつき、酒飲ませて自宅に連れ込んだことや、ずっと無視してたことをお互いにゴメンナサイして仲直り。「じゃあ今日、俺の家に連れて帰っていい?」「はい」の流れで、野田さん宅へ行くことも決定!

ヒュ~~!いいですね~~

喧嘩(未遂)→仲直りエチーの流れシチュCDっぽいね~~~(※シチュCDです)

夜、野田さんちに行く

「ふう……あ、いた」
自分のシャワー中に帰ってしまうんじゃないか不安だった、と野田さん。ヒロインをポケモンGOみたいに言います。「あ、ポッポいた」みたいな感じでしょうか。(※シチュCDです)

ここからまたチュッチュチュッチュの流れになるんですが、「ねえ、今日のキスはどう?」と、わざと聞いてくる。野田さんはヒロインに「キスが苦い」と言われたので禁煙したそうですよ!禁煙三日目らしいです!

アッ、そういうの良いな……なんか萌えるな……だってヒロインとチュッチュチュッチュしたいが為にタバコ辞めたわけでしょ、この人?動機が不純すぎて最高じゃねえかぁ~~

質問の意図が分からず、普通に「キス気持ちいいです」と言っちゃったヒロインも萌える。公私混同はダメだし、野田さんすぐぶん殴るのも如何なもんかと思うけど、この返しは可愛いな……

そして待ちに待ったイチャイチャタイムに突入です。これまでの二人のやりとりがしょっぱすぎたせいか、私は「早くイチャイチャしろ!」という気持ちに支配されていました。やっと来たか!と俄然、耳にも力が入ります。(?)

エロシーンはいつも通りのドエロい佐和さんです。ダミヘの申し子の本領発揮です。

野田さんが終始嬉しそうなので、こちらも終始ニヤニヤしてしまいます。口寂しいから彼女のTKB吸いまくる、という野田さんの行動には賛辞を送りたい。オウオウ、もっとそういうのやっていこうや^^

本作は、こういう野田さんの行動と愛嬌に救われている部分が大きいですね。ヒロインがメスゴリラ系、野田さんが俺様系ドSとかだったら地獄でしたよこのCD。

「この間は本当にごめん、むりやりされたら濡れるわけないよね……それに、怖かったよね……」

最中、ものすごく申し訳なさそうに謝ってきます。普段おちゃらけている男性が真面目トーンになったときの破壊力すげえですね。そしてヒロインを労って何度もブッ込まれる「大丈夫?」の台詞で白飯3杯くらい食える気がする。

事後、身体と心の距離がグッと縮まった二人。

「気持ちよかったよ。君は?聞きたいんだも~ん、いいだろ?ね?教えて」

「そっか、ふふっ、ん~、チュ……好きだよ」

「こうやって気持ちを言葉にして伝えるの初めてだ……というか、俺、誰かを好きになるのって初めてかも」

「そうだよね、最初に言えばよかった。こんな必死に女の子を追いかけたのって君が初めてなんだ」

メロメロやないか!もうメロメロのデロデロやないか!!

正直、このヒロインの良さ最後まで全く分からなかったけど、野田さんが幸せそうだからいっか!!

ただ、最後に1個だけ。

「すっごい聞きたいことがあったんだけど……俺ってハゲてる?」

野田さん、ヒロインに「ハゲ」呼ばわりされたことがずっ~と気になってたらしいんですが、このくだりいる??せっかく事後の良い雰囲気だったのに、無理やりコミカルで〆ようとしたので台無しですよ。このCD、ちょいちょいそういう所あるよな……まあシナリオ七福さんだしな……

ステラワース特典「やっぱり攻略できません!?」

仕事中、野田さんが「休憩に行こう」と誘ってくるんですが、断るヒロイン。

「付き合ってるのに全然態度変わんないな~」

「っていうかむしろ、冷たくないか~?」

またまた出ました!野田さんの独り言です!わりとデカい声の独り言です!!

会話の流れで週末の予定を尋ね、「一緒に過ごしたい」とやんわり伝えるも、「用事があるんで」とこちらも断られます。

「じゃあ俺は予定とか入ってないし、気が向いたら会いに来てよ。合鍵持ってるよね?じゃあ、俺は休憩してくるね~(ため息)」

何なんですかこの、しょっぺえカップル……

初々しいのともツンデレとも不器用ともまた違う……見つめ合うと素直におしゃべりできない感じとも違う……なんだろうヒロインにイラッとくるこの感じ……

誤解を解いて気持ちも通じ合ったのに、冷たく接する理由ある?意味わからん。このヒロイン面倒くさすぎでは……

しかし夜、野田さんが帰宅すると何故かヒロインがいました!今日は野田さんの誕生日だったらしく、本人に内緒で料理とケーキを用意してサプライズをかましたのです!

そんなビックリドッキリサプライズにキュンとしちゃった野田さん(チョロい)!「ごちそうより今すぐ君を食べたい。プレゼントは後でもらうよ」と定番の台詞を吐いて襲いかかります。が、どうしても先にプレゼントを渡したいヒロインにぶん殴られます。

プレゼントはネクタイピンでした。ホクホク顔の野田さんは「こっちのプレゼントのラッピングも解いていいかな?」と、上手いこと言って服を脱がせにかかります。そしてお誕生日さまの特権を使い、ヒロインに恥ずかしい行為を強要したりします。あとはもう、いつものドエロい佐和さんです。ダミヘ職人の本領発揮です。この人どこまでパワーアップするんですかね。ダミヘテク青天井かよ。

個人的に、特典CDは本編より少しだけイチャイチャシーンの糖度が上がっているような気がしました。上がった気……気が……いややっぱ気の所為かな……

【ステラワース通販(特典CD付き)】

商品ページはこちら

【からあげサイクル公式通販】

商品ページはこちら

SPONSORED LINK

あわせて読みたい



トップへ戻る