自立神経失調症の症状改善には「体を温める」が効く

体温管理で自立神経失調症を治す方法_アイキャッチ

11月初旬から謎の体調不良にみまわれ、頭痛・倦怠感・関節痛・不眠でグエグエ言っておりました。いや嘘。謎の体調不良とか言いましたが原因は分かってます。いわゆる「自立神経失調症」とよばれるやつです。

SPONSORED LINK

自立神経失調症とその症状

私は25歳の時に、はじめて自立神経失調症を発症して以来、回復と発症を繰り返しています。

発症のパターンはきまっていて、春・夏シーズンシャワー温度が下げがち→低体温になる→免疫力低下する→肌荒れと蕁麻疹が出る→痒さとストレスでガチ不眠になる→自立神経失調症発症、のコース。

秋・冬シーズンは、気温が下がる→冷え性なので常時低体温になる→免疫力低下する→肌荒れと蕁麻疹が出る→風邪をひく→さらに免疫力が低下する→痒さと咳でガチ不眠になる→自立神経失調症発症、のコース。

あと、油断すると不摂生がもとで自律神経失調症になることもあります。私は時間貧乏性なので眠る寸前までイヤホンでニュースを聴いているんですが、そのまま寝落ちることも多いんですね。一晩中ニュース聞きながら眠ると、当然、眠りが浅くなる。これが数日続くと、体力低下→免疫力低下→ガチ不眠になる→自律神経失調症発症。

自立神経失調症になると、身体の不調(肌荒れ、蕁麻疹)だけでなく、疲労感、倦怠感、無気力、思考力の低下といった精神的不調もあらわれます。

私の場合は、こうした精神的不調……とくに思考力の低下が原因で記事が書けなくなり、締切・納期へのストレスが症状を悪化させて重症化する、ということが間々あります。こうなるともう、ソファに座っているのも辛くなり、1日中(眠れもしないのに)横になってボヤ~とするしかなくなる。

自立神経失調症症状には体温を上げて対処

はじめて自立神経失調症を発症したときは、眠れない日が3日ほど続きました。倦怠感がつきまとい、体中がむくみ、吐き気まで出ているのに、横になっても眠れない。さすがの私も「このままだと死ぬ」と思い、心療内科を受診。

最初はかかりつけの内科に「こうこうこういう症状なんですが……」と事前電話したんですが、「その症状なら心療内科のほうがいい」と言われたので、自宅から徒歩10分の所にある心療内科に行きました。(※その心療内科は「安易に薬は出さない」方針らしく、問診とカウンセリングで分かりやすく金をボッタクろうとしてきたため、2回で通院をやめた)

このときの経験と色々な書籍を参考に、自立神経失調症と上手く付き合う方法を模索してきました。そしてたどり着いたシンプルな答えが、自立神経失調症を治す一番の治療法は「常に身体を冷やさないこと」。

体調不調の原因は、ほとんどが免疫力の低下。その免疫力低下を引き起こすのは低体温。低体温はさらに自立神経失調を引き起こして、そこから色々な精神疾患を引き起こします。つまり、この悪循環を断ち切るには、まず元凶の低体温をやっつける必要があるわけです。

私が低体温を防ぐために日頃しているのは、食事改善とシャワーの温度管理。

1、食事には必ずスープ

食事をするときは毎日、熱湯で作った1リットルのコンソメスープを少しずつ飲みながら食べるようにしています。コンソメに開きたら、ポタージュやすまし汁にチェンジしてもOK。

主食となるパンは事前に焼く。白米は炊きたて直後に食べる。おかずは惣菜・レトルトでもいいけど、食べるときは蒸したり焼いたりして必ず温める。とにかく食事メニューをすべて温め、内臓を冷やさないようにしました。

ちなみにコンソメスープは、市販のコンソメキューブに熱湯を注ぎ、そこに塩コショウを適量加えただけのもの。香辛料を摂取すると、自律神経失調症からくる無気力状態がややマシになる気がするので、コショウをドバドバ(小さじ2杯くらい)入れます。その影響で、今は何にでもコショウを入れるようになりました。

脳を活性化するにはブドウ糖が良い!お菓子のラムネがおすすめ!と言われたので森永製菓のラムネをボリボリ食べまくっていた時期もありますが、ラムネはね、自立神経失調症には全く効果ありませんでしたね……。

2、シャワーの温度

次はシャワー。春・夏はシャワーの温度を低めに設定していたんですが、季節に関わりなく、常に熱めのお湯を浴びるようにしました。

熱いお湯は肌の油分を流してしまうのでお肌に良くない!という美容家もいますね。でも私は、ぬるま湯シャワーで自立神経失調症になるより、肌がカサカサになるほうがマシです。

温かい食事をとり、熱いシャワーを浴びると自律神経失調症による不眠は2日くらいで改善します。1日目はまだ眠りが浅く、身体に疲労感や倦怠感が残っていますが、2日目はそれまでの不眠が嘘だったかのようにグッスリ眠れます。個人差はあるかもしれませんが、私の場合は2日で改善しました。不眠からくる蕁麻疹と肌あれも2日くらいで治った。

無気力状態や思考力の低下は、もう少し時間かかります。私は5日くらいでした。十分な睡眠時間を確保し深く眠ることができれば、思考力は徐々に回復していきます。

SPONSORED LINK

あわせて読みたい

トップへ戻る