通帳・カード・届け印を紛失した場合の福岡銀行の普通預金口座解約

福岡銀行の普通預金口座を解約するアイキャッチ

私は現在、福岡銀行に2つ普通預金口座を開設しています。2つ目の口座は10年前に作ったもので、今は全く使用していません。口座の通帳、キャッシュカード、届け印もすべて紛失しており、支店番号と口座番号しか分からない状態。このまま口座を残しておくのもどうかと思ったので、先日、福岡銀行の窓口に出向いて解約手続きを行ってきました。通帳・キャッシュカード・届け印なしでどのように解約手続きを行ったか、その手順をご説明します。

SPONSORED LINK

まずは口座の有無の確認

10年前に開設した福岡銀行の普通預金口座。しかし自宅には通帳もキャッシュカードも届け印もない。もしかして、私が忘れているだけですでに解約しているのかもしれない……。
そこでまず、福岡銀行のコールセンターに架電して口座の有無を確認することにしました。私が架電したのは、以下の番号。公式サイトのお問い合わせページに載っている福岡銀行のテレホンサービスセンターです。

福岡銀行テレホンサービスセンター(ウェブページ
電話番号:0120ー788ー321

すぐ繋がったため、オペレーターに事情を説明。すると「口座を解約したかどうか確認したい場合は、口座を開設した支店に直接電話してください」と言われてしまいました。さらに「解約も、口座を開設した支店でしかできません」と。他にも色々と質問したんですが「とりあえず支店に電話してくれ(意訳)」と押し切られたので、電話を切り、今度は口座開設した支店に架電。

支店の担当者に事情を説明し、口座番号を伝えて調べてもらうも「その口座は見当たりません」との回答が。「名義は変わっていませんか?」「口座番号間違えていませんか?」と聞かれましたが、いずれも変更はしていません。

電話ではこれ以上確認できない、と前置きされた上で「自宅近隣の福岡銀行の窓口に出向き、口座が残っているか確認してもらってください。もし口座が残っていた場合は、残高をもう1つの口座へ移し替えてから解約手続きをさせていただきます」との案内を受けました。

サービスセンターのオペレーターは「解約は口座を開設した支店でなければできない」と言っていましたが、どの支店でも解約ができるそうです。え?できるの?

で、解約するさいに必要と言われたアイテムがこちら。

・銀行口座番号の分かるもの

・身分証(運転免許証など顔写真があるもの)

・新しい印鑑

銀行口座を開設したさいに届け出た住所(実家)と、運転免許証に記載されている住所(現在住んでいるマンション)が異なっているんですが、ここは違っていても問題ないそうです。手続きに30分ほどかかるかも……と担当者が言っていたので、時間に余裕をもって自宅近隣の福岡銀行窓口へ行くことにしました。

窓口で解約手続きをする

翌週、福岡銀行の窓口に行って、担当者に事情を説明。口座番号のメモを渡し、口座が残っているか調べてもらいました。5分後、「口座はまだ残っていますね」と、口座情報が記載されている書面を出されたので、そのまま解約したい旨を伝え、手続きを進めてもらうことに。

通帳、キャッシュカード、届け印をすべて紛失している場合は、まず印鑑の変更手続きが必要とのこと。印鑑変更の申請書面に必要事項を記入し、窓口担当者に提出。印鑑変更が完了したら、次に口座の解約申請書に必要事項を記入してこちらも提出。担当者がその場で解約手続きを行い、通帳に残高が残っていればその場でもう1つの福岡銀行の口座に移してくれます。

印鑑変更手続きは20分、口座の解約手続きは5分ほどでした。ずっと使用していなかった普通預金口座をようやく解約できてスッキリ。

SPONSORED LINK

あわせて読みたい

トップへ戻る