フランソアのリッチモーニングでリッチじゃない朝食を作る

フランソア_リッチモーニング

九州ではお馴染みの製パン企業「フランソア」。今回はそのフランソアが販売しているオーソドックスなバターロールパン「リッチモーニング」と常温保存できる食材だけでリッチじゃない朝食を作りたいと思います。

SPONSORED LINK

フランソアのリッチモーニング

フランソア_リッチモーニング

今回の主役、フランソアの「リッチモーニング」です。九州のスーパーには必ず置いてある定番中の定番商品。6個入りで150円くらい。「100%天然素材」でお馴染み、ナチュレルシリーズの一つで、添加物など余計なものが一切入ってない本当にシンプルすぎるほどシンプルなバターロールパン。高温多湿を避ければ常温保存可能。

フランソア_リッチモーニング外装裏2

商品ページ:リッチモーニング | フランソア

1個の大きさは、約10センチ。

フランソア_リッチモーニングサイズ2

1個目

フランソア_リッチモーニングサイズ1

2個目

我が家にはトースターもオーブンもないので、パンはいつも鍋でトーストします。使用するのはお馴染み、ティファールのソースパン20センチ。リッチモーニングをポイポイ投入したら、6個全部入りました。焦げないよう、こまめにひっくり返しながら弱火で片面2分ずつトースト。

フランソア_リッチモーニングトースト

リッチモーニングを焼いている間、付け合せの準備をします。今回は、魚肉ソーセージ(常温保存可)と卵(常温保存可)でスクランブルエッグを作ることにしました。輪切りにした魚肉ソーセージと溶き卵、そこにスティックシュガー1本を加えて混ぜ混ぜ。なぜ1000ml用計量カップで作っているかというと、我が家にはボウルがないからです。ちなみにこの計量カップは、たまにビールジョッキになったりもします。

魚肉スクランブルエッグ材料

焼けたパンを皿に移し、鍋にスクランブルエッグの材料を投下。弱火で4分ほど炒め、皿に移せば出来上がり。スクランブルエッグに欠かせないカゴメのケチャップ(個包装、常温保存可)を添えて、リッチじゃない朝食の完成です!

フランソア_リッチモーニング朝食

じゃじゃーん

今回、使った商品がこちら。全て常温保存できる食材です。

フランソア_リッチモーニング朝食商品

楕円のお皿はセリアで買ったもの。サイズ感がちょうどよく、メラミン製で手入れも楽なのでオススメ。

SPONSORED LINK

あわせて読みたい

トップへ戻る