0120-332-380の発信元はエー・シー・エス債権回収株式会社(イオンカードローンの約定返済不能連絡)

イオン銀行キャッシュカード

0120-332-380は、イオンカードローンの債権回収を代行しているエー・シー・エ債権回収株式会社の電話番号です。イオンが提供している各種カードローンの利用者で、口座残高不足などの理由により毎月の約定返済が「引落不能」となった人、かつ、引落不能の数日後に自宅に送付される「イオン銀行口座残高不足のお知らせ」ハガキを無視して、残高不足を放置した場合に、この番号から入金催促の連絡がきます。

エー・シー・エス債権回収株式会社の公式サイトはこちら。

https://www.aeoncredit.co.jp/acmc/

その場で電話に出て担当者と話してもかまいませんが、担当者と話したくない人は不在着信にして後ほど折り返しましょう。折り返し対応にした場合、こちらが担当者対応を希望しないかぎり、手続きはすべて自動音声ガイダンスが行います。かかる時間は2分ほど。

0120-332-380に架電すると、まず自動音声で「こちらは、エー・シー・エス債権回収株式会社です~」といった名乗りが行われ、その直後、本人確認に移ります。自動音声がイオンカードローンに登録している生年月日の生年部分を読み上げ、その後、月日の入力を求めてきますので、1月1日生まれなら「0101」、10月1日生まれなら「1001」という具合に、キーパッドで四桁の数字をプッシュしましょう。本人確認に必要なのは生年月日だけで、契約者IDなどは不要です。

本人確認が済むと、カードローンの約定返済引落不能が告げられ、イオン銀行口座への入金可能日時を聞かれます。当然ながら「入金しない」という選択肢はありません。入金可能日時は、「①当日中」、「②5日以内」、「③一週間以内」、「④担当者と話す」の4つから選択できます。

ネットバンキングを利用して当日中に入金(あるいはイオンカードローン口座からイオン銀行口座への資金移動。24時間利用可能)ができそうなら「当日中」を選択し、キーパッドの「1」をプッシュ。無理そうであれば、都合がつく日を選択し、該当するキーを押しましょう。一週間以上かかりそうなら、担当者に要相談。

電話での手続きはこれで終了。あとは、ネットバンキングか実店舗ATM、提携ATMでイオン銀行口座に入金するだけです。約定返済日で引き落としができなかった場合、年一割の利息がかかるので、入金前にイオンカード会社からのメールを確認しておくといいかも。

0120-332-380からの着信を無視し、イオン銀行口座に未入金のまま放置していると、実家や職場に入金催促連絡がくることもあるとか。エー・シー・エス責務回収株式から着信があったら、すぐに折電して迅速に入金しましょう。

SPONSORED LINK

あわせて読みたい

トップへ戻る