モー娘。のウインク魔!笑いながらジェラっちゃう牧野真莉愛

モーニング娘牧野真莉愛

新曲リリースに伴い、歌番組に次々続々と出演しているモーニング娘。’17。その歌番組でウインクしながら満開の笑顔でジェラシージェラシーを歌う牧野真莉愛……曲解釈それでほんとに合ってるゥ!?

SPONSORED LINK

モーニング娘。’17のウインク魔・牧野真莉愛

コンサートや歌番組のパフォーマンス中に、最低1回はウインクをブチかますことでお馴染みの12期メンバー牧野真莉愛。牧野にかかれば、バラードであろうがEDMであろうが一切お構いなし。アップで抜かれると、これ幸いとばかりにウインクをかます、人よんでモーニング娘。’17の「ウインク魔」。

牧野真莉愛のウインク史

牧野真莉愛がどれくらいウインクをしているか、2016年のコンサート映像を中心に振り返ってみましょう。まず最初はモーニング娘。’16の秋ツアーMY VISION、オリックス劇場で披露された「そうじゃない」での一コマ。

牧野真莉愛ウインク史1
画像:オリックス劇場「そうじゃない」ウインク(ハロステ#197)

牧野真莉愛ウインク史2
画像:オリックス劇場「そうじゃない」ウインク2

「そうじゃない」は牧野真莉愛センター曲なので、自然とアップも多めになります。それを心得ているのか、牧野もウインク大盤振る舞い。東テレ「The Girls Live」のパフォーマンスでもこのドヤ顔。バチコーン!

牧野真莉愛ウインク史3
画像:The Girls Live「そうじゃない」ウインク

そしてこれは、秋ツアーMY VISIONのパシフィコ横浜公演で披露された「セクシーキャットの演説」でのウインク。

牧野真莉愛ウインク史4
画像:パシフィコ横浜「セクシーキャットの演説」ウインク

さらにこちらは、2017年ハロコンで披露した「ムキダシで向き合って」のウインク!

牧野真莉愛ウインク史5
画像:ハロコン「ムキダシで向き合って」ウインク

ちなみに、この1曲だけで4回もウインクしていました。やりすぎィ!

牧野真莉愛ウインク史6
画像:ハロコン「ムキダシで向き合って」ウインク4連発

ハロコンの「ムキダシで向き合って」はハロステ#202で放送されましたが、22:08、22:57、23:18、25:14辺りで牧野のウインクを確認できます。映ってるときだけでこれなので、実際はもっとしてるんでしょうね。

どう見てもウインクしすぎなので、そろそろメンバーかマネージャーが「それほどウインク可愛くないよ」「やりすぎで、そろそろ鬱陶しいよ」と言ってやるべきだと思うんですけどね。 可愛い系の曲で、ぶりっこ風にやるならまだ良いんですよ。でも上記画像みたいな、私可愛いでしょ系のカッコつけウインクは鼻につくだけでしょ。甘やかしてぬくぬく温室で育てても牧野はこの先そんなにハネないので、今のうちからスパルタで行った方がいいと思いますけどね。ぴしゃっと言ってやった方が本人のためだ。甘やかすとすぐ調子こいて球場行くからな牧野は。

笑いながらジェラっちゃう牧野真莉愛

3月8日にリリースされたモーニング娘。’17の新曲「ジェラシージェラシー」でもウインクの大盤振る舞いをしている牧野。先日放送されたCDTVやFULLCHORUSでも、アップで抜かれる度にバチコーン!とウインクをかます平常運転ぶり。

FULL CHORUSではニッコニコしながらウインクしてたので、「え?ここで笑うの?」と私は戦慄しました。だって、ラップパートじゃなくてアウトローで笑ってたんだよ……。一応、見てない方のために画像置いときます。まずこれがCDTVのジェラシージェラシー。

牧野真莉愛ウインク史7
画像:CDTV(TBS)

これがFULL CHORUSのジェラシージェラシー。

牧野真莉愛ウインク史8
画像:FULL CHORUS(BSスカパー)

FULL CHORUSのジェラシージェラシー、アウトローのカット。……どう考えてもこの曲でその笑顔はない。ないわ~。

牧野真莉愛ウインク史9
画像:FULL CHORUS(BSスカパー)

ジェラシージェラシーは、どう考えてもウインクしたり笑顔を見せる系統の曲じゃないでしょう。牧野は完全に曲の解釈を間違ってるんですが、誰も指摘せず放置しているところにモーニング娘。’17の闇を感じる。

だって考えてもみてください。「あの子に負けないくらい綺麗になりたい!ちやほやされたい!もてはやされたい!私の努力を讃えて!」って切実な思いを歌ってる女の子が、こんなバカっぽさ全開の笑顔で踊るものかよ……。笑いながら「Jealousy……Jealousy……」っていう女なんか、ただのサイコパスだろ。

牧野だけじゃなく、よく見ると12期の尾形と羽賀も笑いながらジェラシージェラシーを踊っていたので、こんなの「12期は曲の解釈が出来ない残念な子の集まり」であると世間に晒したようなものです。加入当初から曲の解釈がどうのこうのとずっと指摘されてきたのに、未だ治らず、取り敢えずヘラヘラ笑っときゃいいと思ってる。曲の解釈すらまともに出来ない人間が演劇やるとか馬鹿の極みだと思うので、今年で演劇女子部、廃部にしたらどうですかね。

ちなみに、12期だけでなく13期の横山もニコニコしてジェラってたけど、まだ今回は「新人だから」で許されるためセーフ(ただし次のシングルでやったらケチョンケチョンにする)。加賀はいつも通り表情筋が仕事しておらず、解釈がどうこう以前の話。加賀はほんといつも能面みたいな顔しかしませんよね。研修生時代からずっとこれ!ずっとこれだよ!!

SPONSORED LINK

あわせて読みたい



トップへ戻る