最近のハロプロ曲がどれも騒音にしか聞こえない

ハロプロロゴネイビー

ハロプロ上半期リリースラッシュの先陣を切って公開された、カントリー・ガールズとつばきファクトリーのMV。曲を聞き映像を見て「またこの手のやつか!」と私は頭を抱えたのであった……。

SPONSORED LINK

うわっ……ハロプロの楽曲クオリティ、低すぎ……?

つんく氏が総合プロデューサーを解任卒業してからというもの、ハロプロは橋本チームとつんくチームの2人体制で楽曲制作を行うスタイルに移行し、外部クリエイターも積極的に起用しています。つんく氏のブログやTwitterの発言から察するに、現在、ハロプログループへの楽曲提供は、こうした外部クリエイター陣の曲をまぜまぜして選ぶコンペ形式を採用し、会長か、もしくは同等の権限を有する、いわゆる上層部のお偉方が選ばれているもよう。

橋本・つんくの2人体制は、言うまでもなくハロプロの楽曲クオリティを大幅に引き下げ、各グループのブランディング失敗を誘導する結果になりました。個人的には橋本チームの曲も、あれはあれで評価すべき点もあると思ってはいるんですが、聞く度にいっつも思う事があるんですよ。

……バックトラックがうるっせえ!!

最近のハロプロ楽曲は、どのグループに提供するのもズンドコズンドコとトラックがうるさいEDM楽曲ばかり。そのせいで、聞く度に「うるっせえ!」と感じ、曲調も毎回似たり寄ったりなので、どれも同じメロディーに聞こえてしまう(※俗に言うaiko現象)。

つまり、グループありきで曲を作らず、「接触で稼ぐから取り敢えずなんか歌わせときゃいい」的な方針を取ったので最終的にどのグループも無個性化してしまい、前々か世間で指摘されていた「ハロプロは顔と名前が一致しない」が、ハロメン単位からグループ単位に拡大してしまったわけです。

上半期リリースの曲一通り聞きましたが、カントリー・ガールズに「Good Boy Bad Girl」みたいな曲歌わせるその神経どうなってんだほんとに。カントリーは「ごめんなさいね♡」路線貫いてりゃ、今頃ブランディング完璧だったのにどうしていつもいつも自分からその価値を捨てるような真似するんですかね……。

今のカントリー・ガールズは何から何までミニアンジュルムでしょ。そんなこと言い出したらハロプロの全グループがそうだけれども……。こんな需要ないもの、一体どこに向けて売るつもりなんでしょうか。それとも影武者?アンジュルムの影武者か?

個人的に「あ、無理」となった2曲

2016年リリースされた曲の中で、私が「完全に騒音!」と思ったのはJuice=Juiceの「KEEP ON 上昇志向!!」と℃-uteの「夢幻クライマックス」です。この2曲で私は外部クリエイター起用の失敗を嫌というほど思い知り、さらにトドメのモーニング娘。’16加賀合格とサシニング娘コラボで完全にハロプロを見限りましたね。今はもう愛情のかけらもない。ただのウォッチャー対象に格下げです。

KEEP ON 上昇志向!!は、ああも堂々とコモリタミノルをパクったにも関わらず、肝心のメロディーが気持ち悪すぎて聞くに耐えなかった。夢幻クライマックスに至っては、オケの主張が強すぎて、開始1分と持たず私の三半規管が悲鳴をあげました。それ以前に℃-uteはさぁ……℃-uteはどう考えてもその路線じゃないだろ……。

SPONSORED LINK

あわせて読みたい



トップへ戻る