椎間板ヘルニアの病名公表で霧散した佐藤優樹モー娘。’17復帰の可能性

モーニング娘佐藤優樹

昨年11月に「腰椎椎間板ヘルニアの疑い」と診断され、2016年2月下旬までステージ活動休止となったモーニング娘。’17の佐藤優樹。本人は復帰を希望しており、ファンも活動再開を待ち望んでいるようですが、アップフロントの度重なる対応の悪さによってすでに「復帰」の道は閉ざされているのでは……?

SPONSORED LINK

佐藤優樹、腰椎椎間板ヘルニア発症を公表

モーニング娘。’17の佐藤優樹の腰椎椎間板ヘルニアが公表されたのは、2016年12月28日。ハロプロ公式サイトに掲載された「佐藤優樹についてのお知らせ」内でのことです。同年5月時点で腰椎椎間板ヘルニアの疑いがあったらしく、当時は腰を庇いながら活動していたことも公表され、多くのファンに動揺を与えました。

​モーニング娘。’16 佐藤優樹についてのお知らせ

佐藤優樹の「復帰」を視野に入れるなら病名を公表すべきではなかった

佐藤は今後、リハビリをしながら活動復帰を目指すようですが、実際問題としてこれはかなり厳しい……というか実質無理なんじゃないでしょうか。たとえ今後リハビリが順調にいき春コンで復帰しても、腰に爆弾抱えてる人間のパフォーマンス見て純粋に楽しめます?私だったら絶対無理。モーニング娘。がコンサートでアクロバット始めたときもそうでしたが、客をヒヤヒヤさせるパフォーマンスなんてエンターテイメントとして失格でしょう。

モーニング娘。’16のコンサートにアクロバットを取り入れるとエンターテイメント性が死ぬ – よなかのはなし

アップフロントに佐藤を復帰させる気があるなら、「腰椎椎間板ヘルニア」という病名は最初から公表するべきじゃなかった。隠したら隠したで色々な憶測を呼ぶことになるでしょうが、それでもモーニング娘。’17のエンターテイメント性を守るなら、「佐藤優樹が持続的な体調不良を訴えたため、2月下旬まで長期休養します」くらいに留めておいたほうが良かったはずです。それなのにバカ正直に椎間板ヘルニアです~とか言っちゃうからな、この事務所は。この失言癖はそろそろどうにかなりませんかね。

佐藤優樹復帰に関するシナリオ(個人的憶測)

佐藤優樹の病名を公表してから、事務所が立てていそうな算段がこちら。

  1. 人気メンバーの佐藤優樹を卒業させると赤字になって困る!でも復帰できる保障はない……なら今のうちにヲタの同情を引いて少しでも金を稼いでおかないと!→椎間板ヘルニア公表でブログ収入ウマー
  2. 現時点で佐藤の卒業は内定。でも今年はモーニング娘。20周年イヤーだからメンバー卒業は避けたい。しょうがないから下半期まで休養ネタで引っ張り、ヲタには「回復が思わしくないので秋まではステージ活動休止継続で押し通す予定!笑」
  3. 現時点で佐藤卒業は内定。今後はシンガーソングライターとしてソロ活動に移行させ、佐藤ヲタから金を巻き上げる算段中。現在佐藤のソロデビューを発表するとモーニング娘。20周年イヤーに水を差すので、公には復帰させる体のポーズをとっている
  4. 多分何にも考えてない

佐藤ヲタを逃したくないけどモーニング娘。’17のパフォーマンスレベルも落としたくない、というのが、おそらく事務所の本音でしょう。そうなると今後の展開で1番可能性高いのは、③の佐藤優樹のモーニング娘。’17卒業後ソロデビュー?3月以降もステージ活動休止を継続して「復帰するする詐欺」で引っ張り、秋ツアーで卒業発表してから半年かけて卒業商法する……有り得そうですねぇ……。

いくら本人に復帰の意思があっても、モーニング娘。のステージは腰に爆弾抱えたままこなせるほど生易しくはないし、佐藤に合わせてダンスのレベルを落としたらそのままパフォーマンスが低下していき、モーニング娘。’17がどこにでもいる量産化アイドルに成り下がってしまいます。

アップフロントは怪我人を次々続々出しても全く懲りないので、今後も接触商法から足を洗えず、結果怪我や病気、ストレス太りによる肥大化で肩たたき(実質クビ)で離脱者を出しまくるんじゃないでしょうか。そして最後には誰もいなくなった的な……。

あと、どうでもいいけど西口社長のコメント文、せめて「会社」じゃなく「弊社」使おう!コメントの文章が稚拙すぎて毎回イラッとするし、本気で反省してんのかと不興を買うからそろそろ本気でゴーストライター雇ってくれ(雇ってくれ)。

SPONSORED LINK

あわせて読みたい



トップへ戻る