モー娘。’16全国同時握手会動画、鞘師の失敗から何も学ばずドン引きのいじり芸で炎上

モーニング娘小田さくらアイキャッチ

11月16日、You Tubeで公開されたモーニング娘。’16の全国同時握手会(ZDA)告知動画。前回、雑な小田いじりでカラッと炎上し話題になりましたが、果たして今回は……?

SPONSORED LINK

「クリスマス特番」というドッキリを仕掛けた事務所が案の定、ボヤを起こす

今回の全国同時握手会動画は「クリスマス特番のコメント収録でメンバー招集したが特番なんてない」かつ「メンバー全員を仕掛け人にする」という無駄に手の込んだ内容。でも「本当はクリスマス特番なんかありましぇーん(笑)」とやれば、メンバーの気持を考えろ!最低!大人汚い!とモーヲタがキレることくらい想像できるでしょ。新曲リリース直前におもんないドッキリ動画出して故意に炎上させるの何回目ですか?

なぜこの事務所は鞘師の失敗から何も学ばないのか?

本動画で私が気になった、というかソワっとしたのは、中盤から始まる小田さくら・牧野真莉愛いじりです。8分12秒ごろ11期メンバー小田さくらに「今回の意気込みを歌で表現してください」、8分49秒ごろ12期メンバー牧野真莉愛に「LOVEりん語で今の気持を伝えてください」と事務所スタッフがカンペで指示出し。他メンバーが見守る中、二人は即興の歌とLOVEりん語を披露するわけですが、メンバーがサラッと笑い流して、はいおしまい。二人をフォローするメンバー0。あまりにも雑すぎるイジり方に、私は「こいつら鞘師の一件から何も学んでないな」と思わずにいられませんでした。

2015年、モーニング娘。’15を卒業した9期メンバーの鞘師里保。彼女はイベントやTwitterで頻繁に「ぼっち」であることをネタにされ、マネージャーやメンバーにイジり倒されていました。鞘師ヲタはこうしたイジり方に当初から不快感を抱き、都度お気持ち表明していましたが、事務所は「鞘師のぼっちイジりがファンにウケてる!」と見当違いを起こして、これを静観。その結果、センター鞘師に逃げられモーニング娘。’16は過去類を見ない最暗黒期に突入。

小田や牧野は鞘師の二の舞いに……?

今回の全国同時握手会動画で危惧するのは、小田さくらや牧野真莉愛が鞘師里保の二の舞いになるのではないか、という事です。小田は以前からコンサートのたび「卒業おめでとう!」とスタッフに暴言を吐かれ、石田からは「小田ァ!」とビジネス不仲を強要され、コンサートMCやインタビュー、イベントで何度も「イジられキャラ」の扱いを受けてきました。そして今度は「即興で歌やれよ(笑)」と指示され、嫌ですと断れない空気の中で歌わされる。

牧野の場合は自発のぶりっ子キャラゆえに招いた自業自得ですが、メンバーがツッコミやフォローをしないせいで、「LOVEりんなんたらかんたら」と言う度に薄ら寒い空気が漂い、目も当てられない状態になっている。こうしたシーンは見ている人間にもれなく共感性羞恥を植えつけるのでグループにも当該メンバーにもメリットがなく、一部の牧野ヲタが「真莉愛をハブっている!」とかなんとか言って騒ぎ出し、仲間内で殴り合ってプチ炎上するくらいが関の山です。

今回の全国同時握手会動画を見るに、モーニング娘。は今後小田さくら・牧野真莉愛イジりを定番化して、イベントやコンサートで即興の歌やLOVEりん語を両名に強要し続けるのでは?そうなれば二人は、かつての鞘師里保のようにストレスでブクブク太り出し、ラブりんどころかデブりんになり、アイドル生命をキュッと縮めてしまうのでは?

大勢のファンの前で何度も大恥かけば、さすがの小田牧野でも心がポキっと折れるでしょう。だから、本人たちが自発的にやるならまだしもですよ、今回のように周りがネタ強要してイジり倒すのはちょっと、ねえ?そりゃ「鞘師の失敗から何も学んでねえな」と思いますよ、こっちは。そしてこの小田さくら牧野真莉愛いじり、放置したら絶対エスカレートするやつでしょ。

スタッフや他メンバーたちが、小田牧野いじりを本気で面白いと感じてそうなとことにもゾッとする。自分の推しメンが晒し上げくらって面白がるファンはいないでしょ普通に考えて。昔からそうだけど、ほんとどういう倫理観してんだよこの事務所。

SPONSORED LINK

あわせて読みたい

トップへ戻る