モーニング娘。’16「そうじゃない」のMV感想。私達は一体何を見せられているんだ…?

ハロプロロゴネイビー

10月7日、モーニング娘。’16の新曲「そうじゃない」のフルMVが公開されましたーーー。文面からやる気が1ミリも感じられないのは、出来の良し悪し以前にコンセプトが破綻しており、私には全く刺さらなかったからです。

SPONSORED LINK

「そうじゃない」のMV、明度落としすぎてメンバーが識別できない

先日のハロステですでにワンコーラスだけ公開されていた「そうじゃない」のMV。昨日Promotion Editが公開されていましたが、再生回数的にはあまり振るいませんね。まあ、繰り返し何度も見たくなるようなMVでもないしな……。

好きか嫌いかで言えば、正直、私はこのMV嫌いです。最近のハロプロMVはどれも明度落とすのがオシャレだと思ってるらしく、そうじゃないMVも例によって画面が暗い。これだけ暗いとメンバーの見分けがつかないので、一般人向けプロモーションツールとしての役割はほとんど期待できないと思います。特に生田と小田と羽賀と野中あたりは、ぱっつん前髪ロングで髪型かぶってるし。

MVは一般人に顔を覚えてもらうチャンスでもあるのに、なぜ明度を落としてその貴重な機会を棒に振るような事するんでしょうか。この辺の作り込みの甘さ、個人的に全く理解できません。しようとも思わないけど。

制作陣が思ってるほどファンは賢くないんだぜ……

今回、こんなコンセプトが意味不明なMVを突然投げつけられ、ファンが「???」と混乱している様子はYou Tubeのコメント欄からもひしひし伝わってきます。

映像からはMVのコンセプトらしきものが微塵も伝わってこないので、ファンが「???」となり混乱するのも至極当然。大体、近未来っぽい雰囲気を漂わせている割に、近未来的なイメージを与えるアイテムが全く出てこないから(ソロカットのCGくらい?)、見ている方としては凄くふわ~っとしたイメージしか掴めないんですよね。加えて、アンジュルム「愛のため今日まで進化してきた~」のMVとコンセプトや表現がもろ被りしてるから、差別化できずに混乱を招く。

私はそもそも「そうじゃない」という曲について、キャンギャル風の衣装着た浅倉大介プロデュースの女性ユニット(※モーニング娘。’16)がつんく節の炸裂しているド変態近スペイシー歌謡曲を歌い踊っているのがコンセプト、とだいぶ間違った解釈をしており、そうした解釈をしている人間に向かっていきなりこんな訳の分からないMVを寄越されても余計「???」となるだけであってですね……。結果「そうじゃないは曲も衣装もMVもクソ!!」という結論に至ってしまう私は悪くない、悪くないよ私は。

MV内の例のシーンについて

ファンがざわざわしているあのマネキンシーンも、見た瞬間「メンバーを棒立ちさせるだけじゃなく、なんでもっと凝らないの?」と思いました。あのシーン、メンバーが棒立ちしてるだけじゃなく、いっそ小田をPepperにすり替えるくらい攻めてくれたら絶対話題になったし神MVだったのに。

「そうじゃない」みたいな近未来系MVに欠かせないアイテムは、白塗りのアンドロイドか、地面から浮いている系の乗り物と相場は決まってるので、もっと分かりやすいアイテムを使って分かりやすい映像にしてくれていたら、MVの評価もまた違ったものになっていたはず。

つまり結局何が言いたいかというと、ファンも一般人も制作陣が思ってるほど賢くないので、あまり難解なMVを作るべきではない、ということです。インパクトで押し切り「なんかすげえもん見た!!」と思わせるクオリティの作品作れるんだったらコンセプト破綻させて多少難解にしても良いけど、ハロプロには絶対無理でしょうから。

ビョークの「All is Full of Love」とかUTADAの「You Make Me Want To Be A Man 」も「そうじゃない」MVと一見似たようなコンセプトですが、こちらは一目で「近未来!」と分かる。やっぱりアレですよ、白塗りのロボット出してないせいだわこれ。あーーーロボット成分が足りないせいだわーーーロボットだわーーー

SPONSORED LINK

あわせて読みたい



トップへ戻る