9期と10期の改善点はここ!下半期イメチェン後のモー娘。’16ビジュアル再考察【前編】

モーニング娘譜久村聖

今年の初旬にアップしたモーニング娘。’16のビジュアル検証記事。現在も地味に読まれ続けているようなんですが、今回はその下半期バージョンという形で、10月時点のビジュアルを再検証してみました。

SPONSORED LINK

譜久村聖

モーニング娘譜久村聖そうじゃない

相変わらずの「がっしり体型」で、痩せる気配すら見せない譜久村リーダー。今年に入ってから丸の内OLのごとき謎の貫禄を漂わせはじめ、体型も去年よりやや太くなってきたので須藤茉麻コースにならないか心配です。それでなくても、太ったら鈴木みたいに肩たたきされかねないのに!

先日公開された、セクシーキャットの演説MVを初めて見たとき、「リーダーが(色々と)でかい!」とドン引きしたのは、多分私だけじゃないはず。タッパがあるぶん、ちょっと肉がついただけで、その数倍デカくなったように見えるのは痛いよなぁ……。

今後も譜久村リーダーがダイエットする気配すら見せないなら、あの(色々と)デカい体型を衣装・ヘアメイクテクニックでカバーするしかない。でもハロプロにそんな高等テクニック期待するだけ無駄ってもんです。

衣装スタッフのセンスのなさは、「そうじゃない」のアー写を見れば一目瞭然。だって譜久村のような①顔がデカイ②肩幅がある③巨乳と三拍子揃った子に襟の詰まった衣装着せるなんて、普通に考えなくても頭おかしいでしょ。おかげで譜久村リーダー、正面のカットだと首なくなっとるやないか!

ぽっちゃり+がっしり+巨乳体型が一番痩せて見える服は、ホルターネックかワンショルダー、そしてデコルテを露出するチューブトップデザイン辺りでしょうか。今後のメディア出演時は正規衣装に少し手を加え、こうした着痩せ効果を得られるデザインに魔改造してあげてよォ!と願ってしまいますね。むしろ、衣装を羽でデコるよりも優先すべきはこっちだろ!!

ヘアメイクに関しては、可愛さや美しさよりまず老けて見えないように徹底するべき。譜久村リーダーは巻き髪よりも常時ストレートヘアにした方が若く見えるし、清楚な可愛さが出るんだよ!思い出せ!愛の軍団のときのヘアメイクを!

生田衣梨奈

モーニング娘生田衣梨奈そうじゃない

下半期、目を疑うほどの大幅なイメチェンを行った生田。ずっと事務所から強要されていた「うんこ色マッシュボブ」脱却を図ったこのイメチェンは、言わずもがな大成功ですね。今の髪型にしてから方方で「生田が美人!推せる!」という声を見かけ、私は涙がちょちょぎれそうです。ここまで来るの長かったなぁ生田よ。

ただ、心を鬼にして言うけど「そうじゃない」アー写のようなパッツン前髪は全く似合ってない。前髪は7:3で斜めに流し、眉と額を露出して抜け感を出してあげたほうがベターです。今は髪色を暗くしたことで雰囲気が少しだけ重たくなってるので、こうしたバランス調整は必須。

一方、スタイルに関してはずっと細マッチョ体型をキープしているので、言うことなしですね。先日発売された写真集を購入した方は既にご存知だと思いますが、生田は非常にえげつねえプロポーションをしています。そしてそれが今や日本中に知れ渡っていると……。

ということは、今後は二の腕・ウエスト・脚をドドーンと露出する衣装を率先して着用し、健康的なエロカッコイイ路線で男女のファンを幅広くホイホイする、それが!生田の!役目だ!!

石田亜佑美

モーニング娘石田亜佑美そうじゃない

ここ2、3年はびっくりするくらいビジュアル・体型が変わらず、こいつ何者だよ……と別の意味でドン引く10期の石田。ハロプロ界隈ではもう「石田が痩せてるのは当たり前」みたいな風潮になっていますが、スマート体型を維持し続けるその水面下の努力は素晴らしいと思います。腹筋もきれいですしね。

石田のビジュアルに改善点があるとしたら、ずっと言ってるけどやっぱりメイク。相変わらず目元がきっついんだよなぁ……。

セクシーキャットの演説で石田がキャット役になれなかったのは、もちろん歌唱力とセクシー成分が譜久村・工藤・小田に及ばなかったせいもあるでしょうが、この顔でメンバーにちょっかいかけたらガチいびりに見えてエンターテイメント性が薄れるからです多分。あのソロカット、新規ファンは絶対勘違いするでしょあのカットだけ見たら……。靴をお舐め!とか言うキャラだと勘違いするでしょ絶対……。

石田のメイク改善案に関しては別記事にて滾々と語ってるのでぜひそちらをご覧ください。

モーニング娘。’16石田亜佑美ビジュアル改善計画 – よなかのはなし

佐藤優樹

モーニング娘佐藤優樹そうじゃない

佐藤もずっと太すぎず細すぎない体型を維持しているので偉いですよね。すごく女性らしい柔らかさを感じさせるプロポーション。今時の女子にありがちな鶏ガラ体型じゃなく、この適度なぽっちゃり感が素晴らしい。

一方でヘアメイクはまだまだ改善の余地有りかな……という感じ。まず髪型についてですが、薄め前髪は貧乏くさいので速攻止めさせるべきです。前髪は厚めに変えるのが一番だけど、もし今のようなザクザク前髪を維持するなら前髪をヘアワックスで固めて5等分くらいにし、毛束感を出した方が良いですね。

あと、最近よく佐藤がしている片側ポニーやパピヨンヘアにもちょっとダメ出ししたい。というのも、上記アー写のようにストレートヘアのままで逆毛を立てると見た目が野暮ったく、どこか古臭い雰囲気になってしまい垢抜けないんですよ。今風に仕上げるなら事前に髪を巻いてから髪を束ね、逆毛を立ててゆるふわなテイストをプラスしてほしい。

最近の佐藤を見ていると、昔の堂本剛を思い出すんですよね。前髪を伸ばしたり、顔を隠したり、ちょっとナルシストっぽかったり、人の話を聞かずに延々髪をいじってるっていうんでしょうか、そういう感じが。これ以上電波になるとさすがに救えないので、まずはビジュアルだけでもなんとかしてくれ!

飯窪春菜

モーニング娘飯窪春菜そうじゃない

飯窪も、プロポーションに関しては言うことなし。ただ自身のトレードマークであるスーパーロングヘアを全く活かしきれてないのが、毎度の事ながら見てて「もったいないなぁ……」と思ってしまいます。

下半期のイメチェンでモーニング娘。’16に前髪ぱっつんメンバーが増えてきたので、超絶小顔な飯窪は今後、前髪を伸ばして「グループ最年長」という肩書と大人っぽさを強調しつつ、青文字系を意識した髪型にイメチェンした方が良いのではないか……。それかかつての飯田ポジで、きれいなお姉さんキャラを徹底するか。

どちらにしろ、今後メディア露出の際はストレートロングではなく毎回違うヘアアレンジをして女性からの支持を狙う。男性人気のない飯窪は、やっぱりこれからそういうポジションで攻めるべきだと思いますねぇ……。

工藤遥

モーニング娘工藤遥そうじゃない

工藤は今年の初旬、「ロングにするする詐欺」で思わせぶりな態度をとり、髪を伸ばすと見せかけて結局ショートヘアに落ち着くという揺さぶり攻撃を仕掛けてきました。まんまと騙されたぜ!

個人的に工藤はボブ~セミロングがベストだと思うんですが、ショートヘア路線は事務所からの厳命だと思うので今後もロングへのイメチェンは望み薄。ショートヘア路線も工藤のキャラが立つので良いっちゃ良いんですけど、「そうじゃない」のアー写のような髪型はちょっとおばさん臭がして微妙ですね。なんやねんこのミセス感は。

多分、おばさん臭の原因は内巻きアレンジでしょう。上記アー写のように毛足の長いショートヘアなら、内巻きより外巻きアレンジの方が工藤には似合うと思います。あと、サイドの髪は絶対に耳かけにするべき。工藤は耳を出した方が顔周りがすっきりして可愛いので、できるだけ隠すな!

今回は9・10期編でつらつら語りましたが、11期・12期はまた次回!

画像出典:http://www.helloproject.com/morningmusume/

SPONSORED LINK

あわせて読みたい



トップへ戻る