来たれ改編期!わたしのかんがえたさいきょうのはろすて

ハロプロロゴネイビー

8月はモーニング娘。が1にナルチカ、2にナルチカで露出を疎かにし、その結果世間に存在を忘れられる時期!露出が減る時期だからこそYou Tubeの動画コンテンツの存在が重要になってくるんですが、やっぱり何の対策もしない!!

事務所の怠慢に絶望したので勝手にハロステの改編をやってやる!

目前に迫った10月はいわゆる改編期。テレビもラジオも番組が終わったり始まったり忙しい時期ですが、ハロプロのYou Tubeコンテンツは改編の気配を微塵も見せないので現状維持のまま10月以降もダラダラ続けるものと思われます。

ハロステはハロプロ所属グループのリリース情報やライブ映像、そしてたまにコンサートの練習風景などを流すYou Tube専用のプロモーション番組。しかし、そろそろ200回に迫ろうかというのに、これだけ回数を重ねても大した宣伝効果がなく、加えて各コーナーもクソつまらないのでそろそろコンテンツ内容について考え直す時期に来ているのではないでしょうか。リニューアルと銘打ったあとも大して内容変わってなかったのでそろそろ本腰入れて!コンテンツを作る時期に!!

このブログでは過去に何度かハロステの話題を取り上げてきました。たいして面白くもない企画コーナー、季節感のない殺風景なセット、マンネリ気味のアイキャッチ、リニューアル後も何が変わったのかよく分からない等など……アラを見つけては執拗につつき回し、アレがダメだコレがダメだと小姑のように愛を込めてネチネチダメ出しをし続けてきたんですよ。

そう、これとか!

新年度からハロステは15分番組に再リニューアルしてほしいなぁ…(チラッ) – よなかのはなし

これとかで!

ハロステが面白くない原因は「テロップなし・マンネリアイキャッチ・放送時間」のせい – よなかのはなし

でも一向にコーナーが見直される気配がなく、最近はライブ映像と舞台裏映像で尺を稼ぎだらだらと惰性でコンテンツを作っているんじゃないの?と疑われるレベル。そこで事務所がやらないならもう私が勝手に改編やっちゃいます。まだ8月だけど!

SPONSORED LINK

わたしのかんがえたさいきょうのはろすて

1、オープニングアイキャッチ

現在、ハロステのオープニングはハロプロメンバーがランダムで「おかえり♡」「暑いね♡」「ファイト♡」などと囁いてくれる辛抱たまらんニヤニヤ動画が使われていますが、これ何気に一定の需要があるみたいなので今後も継続で。

ただ、欲を言えばメンバーが野外+棒立ちでただ「おかえり♡」と言うんじゃなく、カメラを彼氏に見立てて後ろから抱きつき、ちょっと画面がブレたりする躍動感がほしい。躍動感があればファンは脳内で勝手にVR化して楽しむんで!そこは妄想で補うんで!

2、オープニング(平均時間約3分)

1ハロステ

 画像:【ハロ!ステ#182】 – YouTube

オープニング内容はハロ!ステ#182を例にとって見ていきましょう。

MCが自己紹介を行うオープニングは変えようがないし、取りあえず現状維持でいいですね。ただセットが殺風景すぎて毎回毎回You Tubeのアイキャッチがアイドル番組にありえない白さなのは見過ごせません。せっかくなのでMC予想の似顔絵を後ろに飾っておくと良いんじゃないでしょうか。

あとはテーブルの上に近々に発売されたCDを置いておき、チラッチラ視聴者の目に入るよう仕向けるのが良いんじゃないかな。アイドルらしい要素をプラスするならファンシーなくまのぬいぐるみとかにCD持たせるのどうでしょう?

ぬいぐるみを使うならハロステ専用ゆるキャラ(※カンガル山木に発注)を作るのが一番良いんですが、アップフロントはことグッズに関して「コストガーロットガー」とのたまい、腰がありえないくらい重そうなので市販のぬいぐるみで代用も可。

ハロステを見るたびにいつも思ってたし今も思ってるんですけど、この番組ってヲタだけじゃなく、ライト層や一般人向けプロモーションも兼ねたコンテンツですよね?なのになんでリリース情報とかコンサート情報をテロップでさらっと流すだけに留めてるんでしょうか。どっかにCD置くとかしてもっと!全面に!出していけよそこは!!

なんだかんだで手前にCD置くとMC中でもチラチラ見ちゃいますけどそれでいい!むしろその方が良い!今回みたいに上國料MCの時は地元繋がりでくまモンのぬいぐるみとかでも良いですよね。ちょっとした事ですがこういう所から各所に繋がりができやがては仕事に繋がるので、セットには毎回MCにちなんだ小ネタを仕込んでおくべきでしょう。

イベントには全力で乗っかっていくスタイル

小ネタじゃないけどイベントや行事にも全力で乗っかっていきたい。幸いもうすぐ放送200回だし、200回記念の放送時はアンジュルムの竹内に題字を書いてもらって後ろに飾るとか。

通常放送の時はさっきみたいにぬいぐるみやなんかで画面を華やかにしたいものです。もしぬいぐるみやCDを置くとごちゃごちゃして邪魔だっていうなら、絵面をほっこりさせるためにマグカップで妥協してやってもいい(超上から目線)。これほんと今更なんですけど、ハロステ始まってから「……テーブルの上にせめてマグカップくらい置いとけよ」とずっと思ってたので秋からはそうしませんか。

テーブルの上に物があるのとないのとでは画面の見え方がぜんぜん違いますから小物を使って毎回メンバーの個性を出し、絵面を変えていくことも大事ですよね。事務所はこすい商売やってまで小金稼ぎたいみたいだから、ハロステオリジナルマグカップ(グループ別・メンバーカラー複数展開)を作って番組内で使い、のちにオフィシャルショップで売るとかすれば良いんじゃないですかね。番組と連動してグッズ作れば心象を損ねずヲタからいくらでも金を巻き上げられますし、昔からグッズで売れる四天王はTシャツ・タオル・マグカップ・ストラップって決まってんだよ!

いまマグカップを商品化しているのはBuono!のみですが(※上の画像のやつ)デザインが可愛いのと実用性があるのとで既にSOLDアウト。マグカップみたいに売れやすいものを作らず売れないゴミグッズばかりを量産する、それがハロプロ及びアップフロントなのでこの商売センスゼロ体質もそろそろどうにかならないものか……。というわけで、「わたしのかんがえるさいきょうのはろすて」におけるセットのイメージはこんな感じです。

MCパートにはテロップ芸もお忘れなく!

コンテンツを面白くするためにはテロップ芸が欠かせないので、MCの会話シーンはうっとおしくない程度にテロップと効果音を使いたいですね。MCが2人でぼそぼそ喋ってるだけとか寂しすぎるでしょアイドルなのに。

#182回ではモーニング娘。’16生田衣梨奈が「アンジュルムは楽屋がうるさい」と暴露していたので、こういう笑い所はアホっぽい効果音と共にバーン!とテロップを出し視聴者の共感を呼ぶべきです。テロップ芸はテレ東の「モヤさま」が言葉のセンス・タイミング等かなり上手いので、制作班は目をひん剥いて視聴しあのテクニックを盗んできてください。

 3、ハロプロ各グループ、コンサート映像配信

2ハロステ

 画像:【ハロ!ステ#169】 – YouTube

ハロステのコンテンツはコンサート映像配信がほぼ半分を占めています。正直、もうコンサート映像流しすぎで新鮮味はありませんが、ハロプロの凄さはやっぱりコンサートパフォにあるのでこれも当面は現状維持の方向で。コンサートでDVD化されるのはいつも武道館のような大きな会場のみ。だからライブハウスやホールクラス会場のパフォーマンスが見られるのは素直に嬉しいですしね。

でもカメラワークはずっと定点でいい。フレームに全身が入るよう調整しダンスを見せるカット割りへの改善を要求する。

4、回変わりでスタジオライブ

ハロプログループのスタジオライブが見られるのは民放の歌番組か、東テレの「The Girls Live」のみ。でも正直「The Girls Live」をテレビで見てる人ほとんどいないと思うので(たぶん大多数がYou Tubeにアップされた動画で見てるんでしょ?)、コンサート映像だけでなく、たまには回変わりでスタジオライブも挟んだ方が良い気がします。そっちの方がメリハリつきますしね。

スタジオライブなら衣装やセットでかなり遊べるので、グループのイメージに対して真逆の衣装を試したり、季節のイベント要素を入れたり色んなアプローチができる。まとめ撮りしておけば費用も時間もそんなにかからないはずですし、もし私がハロステを改編するとしたらコンサート映像・スタジオライブの割合を半々にしたいですね。

だっていくらグループは違うといっても、ぶっ続けで似たようなコンサート映像見せられたら飽きませんか?

5、アイキャッチとしてCDのティザー映像を挿入(30秒程度)

アイキャッチはハロメンの「ファイト♡」映像だけでなく、リリース日や販売展開(初回タイプAとかBとかCとかのアレ)周知のためにCD・DVDの30秒スポット映像を使ったほうがいいでしょう。番組の中頃にティザー映像を挟み、リリース情報を視聴者に無理矢理見せてリリース情報を刷り込むことも今後は必要です。いや今までも必要だったんですけど。

ティザー映像はランダムなテレビCMと違い、ハロステ内に挿めば確実に映像を見せられるから宣伝効果も高いはず。アノテーションでAmazonページにリンク貼っておけば尚良しですね。ただAmazonの商品ページは情報が少なすぎてアプローチが弱いので、ここはもっとガッツリ書くよう改善を要求する。

▼関連記事

モーニング娘。’16のCDが売れない一因は公式が提供する情報量の圧倒的少なさ

6、なんでも良いので「続きもの」のコーナー

民放のテレビドラマやアニメと同じで、ハロステにも「次回が気になる!」と思うコーナーがあれば番組更新日に見にくるファンが増えます。

現在は「こぶしファクトリー・つばきファクトリーの頭の体操のお時間」という超絶退屈なコーナーが放送されていますが、よくもまあこんなつまらないコーナー作ろうと思ったな!と呆れるレベル。いかにもペットボトルキャップにシール貼って300円で売る事務所がやりそうな事ですわぁ……。もうハロメンのアホ自慢はお腹いっぱいなので、あのコーナー枠はもっと面白みがあり、見ててドキドキハラハラするようなコーナーに作り変えましょう!こぶしファクトリー・つばきファクトリーがやる人狼ゲームとかに。

7、ヘアメイクコーナー

3ハロステ

 画像:【ハロ!ステ#182】 – YouTube

現在ヘアアレンジコーナーになっているパートはヘアメイクコーナーと名を変え、プロのメイクアップアーティストに色んなメイクを施してもらう内容に変更しましょう。インパクトを狙うなら、それこそこのコーナー名を「矢島美容室」にして矢島舞美がハロメンにヘアアレンジをするという内容の方が良いんですが、ほら、℃-uteもう解散しちゃうから……。

ハロプロはメイクの仕方を知らず、ビジュアルがぱっとしないメンバーがわんさか。それなら勉強もかねて髪型よりもメイクを推していった方が遥かに良い。ヘアアレンジ毎回見てますけどあまり手の込んだことしてないし、ハロメンに何も得るものがなくあれ時間の無駄すぎる。

ここをメイク主体のコーナーに変更すれば自分に似合うメイクを見つけたメンバーはもれなくビジュアルアップで確変しますし、メイクテクニック自体に実用性があるのでリピート再生する女性ファンも増えるはずです。メイクが下手くそだとビジュアルパッとせず損をするんですよモーニング娘。’16の石田みたいに!石田みたいに!!

8、エンディング

エンディングというか番組の最後についてなんですが、個人的な希望としては毎回「次回予告」を入れてほしい。

ハロステは毎週水曜日更新、しかし内容は当日動画がアップされるまで分かりません。内容が分からないものを毎週見に来てくれるなんて熱心なハロヲタだけでしょう。だから毎週動画の最後に次回予告を入れておおよその内容を知らせ、一般人への話題作りに活用してほしいと思うんです。

あらかじめ内容を予告しておけば次回更新までの1週間、焦れに焦れたファンが動画を見たとき満足感を感じやすくなります。それに推しグループが出ない回は特段急いで水曜に見る必要もないわけですから、仕事・プライベートのスケジュールも立てやすい。つまり視聴者にとっては予告があった方が色々とメリットが多いわけです。

You Tubeの詳細欄にはURLを貼っておけ!

以前、泡沫サタデーナイト!リリース時にこのブログで「CDが売れないのは公式が提供する情報が少なすぎるせいだよ!」と吠えたことがありましたが、ハロステも例外ではありません。たとえば日本で1、2を争う人気ユーチューバーのヒカキン。ヒカキン氏の動画の詳細欄にはこれでもかと商品リンクや関連サイトへのURLが記載されています。

4ハロステ

さすがぎっしり書き込んでますね!対してハロステはどうでしょうか。

5ハロステ

スッカスカwww

これがモノを売る人間とそうでない人間の違いです。教科書に載ってもいいくらいの清々しい対比。この欄にはもっと他に!書くことが!あるだろ!!

  1. 動画内で披露した曲のAmazonページリンク
  2. ハロプロ公式サイト
  3. モーニング娘。’16公式ツイッター
  4. モーニング娘。’16公式ブログ(×3)
  5. アンジュルム・℃-uteなど他グループのブログ・ツイッター
  6. e-LineUP!URL
  7. ハロプロファンクラブWEBサイト
  8. アプカミ・GNOなどのYou TubeコンテンツURL

動画を見て興味を持った人へはAmazonの商品ページを、グループやメンバーに興味をもった人へはツイッターやブログ等のメディア、そして同じYou Tubeコンテンツへも誘導できるよう、せめてこれくらいはリンクを貼っておくべきです。せっかくコンテンツを作ってもこんな風に全然ネットを使いこなせてないとプロモーション効果も半減して意味がない。

今後は動画内のアノテーションだけに頼らず、ハロステも動画詳細欄にコーナーで披露した商品のページリンク、グループメンバーのブログURLなどをしっかりと書き、動画から諸々のサイトへ太い導線を作っていってほしい。

というわけで、「ハロステ秋の大改編」と銘打って気になる点にいくつかダメ出しをしてみました。現状はコーナーの一部が非常にアレなことになっているのでリニューアルしたことはきれいサッパリ忘れ、ハロステは秋の改編期を口実にしてもう一度内容を見直してくれないもんでしょうか。

SPONSORED LINK

あわせて読みたい



トップへ戻る