ねえ知ってた?泡沫サタデーナイト!の衣装がちょっと見ない間にかなりダサくなってるんだって!

ハロプロロゴネイビー

今月に入り、撮り溜めていたモーニング娘。’16関連のアレコレを見ているんですが、7月2日に放送された「THE MUSIC DAY」で披露した泡沫サタデーナイト!の衣装がちょっと見ない間にくっそダサくなってた。どういうことなの……。

5月の鈴木香音卒業時にもうダサくなってた、だと?

もはやその存在を華麗に忘れられつつある9期メンバーの鈴木香音。卒業コンサートがBSスカパーで放送され、のちにハロステでも卒業セレモニーと泡沫サタデーナイト!が放送されましたが、今見返すとこの時点でもう黄色のワンピースタイプがセパレートになっているではないか……。

初めてコンサート映像を見たとき胸元にへんちくりんなビジューがプラスされ(※改悪ともいう)、腰にファッサーと羽がついているのは気づいたんですが、セパレートタイプになってるところは素で気づきませんでした。そうかそうか5月からだったかー……。

SPONSORED LINK

泡沫サタデーナイト!の衣装をここまでダサくできるのはある意味天才

正規衣装がメディアやコンサートで使い回され、その度に少しずつ手が加えられてダサさだけが増す。これはハロプロにとっての日常茶飯事です。最近だと「冷たい風と片思い」のコンサート用白衣装に星条旗のスカーフが縫い付けられ、ヒューストン公演用にアメリカナイズされてましたね。相変わらずセンスのかけらもなかったけど。

泡沫サタデーナイト!の場合は、使い回しする度に衣装をデコり続けてきたので、ダサいというより段々下品になってきた。ワンピースをセパレートにするのは良いんですよ。フリンジをつけるのも今年流行ってるし、まあいい。でもビジューと羽はうーん……控えめに言ってもないかな。うん、あれはねえな。

あかんポイント①胸元のビジューがダサい

5月のMステ出演時にはもう付いてたと思いますが、まずは胸元のビジュー。なんだろうこのブレないセンスのなさ。あれはっきり言って要りませんよね?ウルトラマンかよ。なんでつけた?あれなんでつけたの?泡沫サタデーナイト!の衣装にビジューをつけるなら、せめて色は生地と同系色にするか全部クリアにすべきです。

あかんポイント②腰の羽がくっそ邪魔

この羽、最初は千羽鶴を腰にくっつけてるのかと思ったんですよ。「ん?熊本地震のためにつけたの?義援金をくすねた罪悪感の現れかな?ん?^^」とか検討違いなことを思ってよく見たら、実は羽だったでござる的な……。

要るか要らないかで言われればまあ要りませんよね。羽は動くたびに羽毛がボッサボサ抜けるのでメディア出演時の衣装には向きません。画面も床も汚くなるし、夏場は汗で羽毛が口についたりするので歌いにくい。あとやっぱり、モーニング娘。’16は無駄に人数多いから、あのボリューム感は見ててくっそ邪魔ですよ。何より、夏に羽は暑苦しいでしょ。せっかく夏の音楽特番に出てるのに、季節感ガン無視はやめろ。

中年になると途端にセンスが壊滅的になりすぐデコり出す日本人気質を体現するハロプロの衣装

私の推理では、ハロプロの衣装を担当しているのはたぶん50~60代くらいのおばさん。

日本人は中年になるとほぼ全員がセンス壊滅し、なんとも言えない変な柄の洋服を着始めます。マニュアルの表紙デザインとか、ユニフォームとか、会社の制服を中年の上司に任せると絶対変なやつ選びますよね?ハロプロの衣装からも、この壊滅的なセンスと中年特有のダサさを感じる。衣装に!若さと!センスが皆無!!

「またか!」と叫びたくなるハロプロの衣装あるある

ハロプロの衣装はもう何十年もブレないダサさを維持していますが、そのパターンやデザインは大体決まっています。「またかよ!」と言いたくなるほど何度もお目見えするのが以下のような衣装。

1、とりあえず白・白・白!

ハロプロは昔からMVやコンサートの白衣装率が異常に高い。ここ数年はその傾向がかなり顕著でした。アンジュルムの「乙女の逆襲」、モーニング娘。’15の「Oh my wish!」、そして、こぶしファクトリーとつばきファクトリー。

特に白衣装率が高かったのは2014~2015年頃でしょうか。MVやコンサートだけじゃなく、メディア出演時も白ばっかり着てるから私はさすがに文句を言いたくなって、「また白か!」と吠えました。

2、シルバーの衣装に差し色

シルバーの衣装もわりとハロプロの大好物。ハロプロは差し色のセンスが壊滅的なので、大体どれも残念なことになるんですよね。モーニング娘。の「恋愛ハンター」正規衣装や、℃-ute「The Future」の正規衣装がこのパターン。MV公開直後に「衣装が武富士www」とファンがザワザワするのも納得。

こぶしファクトリーのデビューシングル「ドスコイ!ケンキョにダイタン」もシルバーにメンバーカラーの差し色。デビューシングルなのにこの衣装とか悲惨の一言につきる。ニコ生で配信された2015年のTOKYO IDOL FESTIVALにもこれで出演しましたが「もっと可愛い衣装着せてあげろよ」という同情コメントが多数みられました。

3、配色と柄のセレクトが頭おかしい

衣装のデザインは普通なのに、配色や柄のチョイスを間違えて台無しにするパターンもよくあります。初めて見た時に思わず「キモい!」と呟いてしまったのは、モーニング娘。の「青春コレクション」。最近だと社民党やんけ!との批判が続出した「Wonderful World」も大概酷かった。

4、トレンドを中途半端に取り入れた私服風衣装

「コレ流行ってるらしいからとりあえず着せとけ!多分、若い女の子がキャッキャ言ってくれるでしょ」という感じがダダ漏れの私服衣装も最高にダサい。メンバーのキャラやスタイルアップのために着せているわけじゃないので、私は本気でこの衣装の存在価値がわからない。特に、アンジュルムの私服風衣装の酷さはハロプロの中でも群を抜いていると思います。

今夏のメディア出演時はThe Visionのアレンジ衣装で攻めよう!

正直、泡沫サタデーナイト!とサンバ風の衣装の組み合わせはリリース前から完全にコンセプトが破綻していると思ってたので、今夏はコンセプト二の次&ビジュアル超重視でThe Visionの衣装をセパレートアレンジにしたやつをメディア用衣装にあててみてはどうでしょうか?愛の軍団の時もそうでしたが、良い衣装をメディアに出さないとかほんとこの事務所頭おかしい。

The Visionの現行バージョン衣装は膝丈デザインでかなりスタイルが悪く見えるのでいっそ丈をミニに変え、セパレートにしてへそ出しにすればかなり上品で可愛い衣装になると思います。そして夏らしく部分的にシースルー要素を入れ、個性を出すためにボトムはスカート・ショートパンツの2種類を用意。生田・工藤・飯窪・石田・牧野をパンツ組にし残りのメンバーをスカート組にすれば少しはキャラクター性もアピールできるはず。

本来なら、泡沫サタデーナイト!→歌詞がサタデーナイトフィーバーオマージュ→サタデーナイトフィーバーといえば有名な白ジャケットだよね→じゃあ正規衣装も白ジャケットでいきましょう!という思考回路になるはずだと思うんですが、サタデーナイトフィーバーの白ジャケットはファンク路線もろかぶりのこぶしファクトリーがすでに「チョット愚直に!猪突猛進」で着用しているので、「お祭りソング」というキーワードだけを拾った結果、多分今のくそダサいサンバ風衣装になったんだと思うんです。おそらくね。

でも初めてあの衣装を見た時、私は正直「バッカじゃねーの!!」と思い、ビジューのついた便所サンダルみたいな靴も「まるで無理……」とすごくコメントに困る感じのアレだったんですよ。他の人はどうか知りませんけどけどね。曲のコンセプト重視で衣装を作っても、結果残念なクオリティになるのは目に見えている、それならいっそ、衣装は「メンバーが可愛く見える」という一点のみを重視して作るべきじゃないのか、と思うわけです。

夏はフジの「FNSうたの夏まつり」やTBS「音楽の日」など諸々の音楽特番があるんだし、衣装ももうちょっとどうにかこうにかしてあげて欲しいですよね。

SPONSORED LINK

あわせて読みたい



トップへ戻る