新生モー娘。の代表曲をOne・Two・Threeにしようとする悪意にあらがいたい

モーニング娘鞘師里保

昨日ようやく、録画しておいた「そのおこだわり私にもくれよ!!」を観ました。感想を一言で表すならこれですね。「ま~た、One・Two・Threeか!」

SPONSORED LINK

どこでもここでもOne・Two・Three

モーニング娘。は毎年、春コンが終わって秋コンが始まるまでの空白期間、メディア露出が著しく減少して1~2ヶ月くらい何の話題もなくなります。ここで一定数のファンが「あれ……俺何やってんだろ……」と我に帰り、グイグイきてる他グループに推し変してファンが離れていくのが常。しかし今年はこの特に何の話題もない期間に松岡茉優の「そのおこだわり私にもくれよ!!」が放送されたため、まだそこそこメディアで話題になっているようです。

モーニング娘。’16が登場したのは、6月16日に放送された「そのおこだわり私にもくれよ!!」の最終回。松岡茉優がモーニング娘。’16に加入してOne・Two・Threeを歌う、という内容だったんですが、私はその告知をYahoo!ニュースで知り、実際に番組を観て「あ、ふーんやっぱりまたOne・Two・Threeなの?へ~One・Two・Threeね、ふ~~ん」みたいな気持ちになりました。そしてあんな現役メンバー大量公開処刑も久しぶりで……震えたよね……。

もうOne・Two・Threeはお腹いっぱいです!

いつも思うんですが、ここ一番の大舞台で馬鹿の一つ覚えみたいに毎回毎回One・Two・Three歌うのって、メディア戦略的にどうなんでしょうね?

今回の例でいえば、松岡茉優の知名度で番組を観てくれる一般人に対してOne・Two・Threeを披露し、結果「モーニング娘。’16いいじゃん!」になる確率かなり低いと思うんですが、メディア番組出演時、頑なにOne・Two・Threeばかりを披露するのは何故なの?そこに選択の自由はないの?ないのか??

「そのおこだわり私にもくれよ!!」で披露するのはOne・Two・Threeじゃなく、愛の軍団か、Help me!!か、What’s is LOVE?か、わがまま気のまま愛のジョークにするべきだったと思います。松岡茉優がモーニング娘。に加入!でかなり注目集まってたのに、ここでOne・Two・Threeはねえだろ!かー!もったいない!と思いました私は。

SPONSORED LINK

過大評価されるOne・Two・Three

私は、One・Two・Threeはモーニング娘。の中でも過大評価されている楽曲だと思っています。歌詞のつんく節も控えめだし、曲で遊びに遊んでるわけでもない。もちろん世間が期待しているような黄金期のおちゃらけ感もない。振り付けだって、それほど凝ったダンスしてるわけじゃない。

曲・歌詞・ダンスに魅力がないからメディアで何度披露しても印象に残らず、新規ファンも獲得できない……。ハロプロらしさ・モーニング娘。らしさを伝えたいなら、完全にこの曲は力不足です。

ファンの間では「One・Two・Threeはモーニング娘。再ブレイクの着火点!ここから伝説は始まった!!」みたいな扱いになってますが、この曲は久しぶりに10万枚売れたというインパクトが先行して過大評価されているに過ぎません(と私は思ってる)。

だから、ここぞという時にOne・Two・Threeを披露し、この曲をあたかも新生モーニング娘。の代表曲みたいな扱いにする事務所の動きを見ていて「ほんと商売のセンスないなァ~~」と思うし、一般受けとはなんぞやという事を、一度滝に打たれながらよく考えろよと言いたくなります。

ハロプロに何の興味もないマジモンの一般人にいきなりOne・Two・Threeを聞かせるのは、色々すっ飛ばしすぎ。1~2回のパフォーマンスでOne・Two・Threeの良さを理解しモーニング娘。を好きになってよ!って、お前何言っとるんじゃいレベルだと思うんですよね。難しいよ、さすがにそれは。

なので、確実に一般人をこっち側に引きずり込むなら、まずは愛の軍団みたいにキャッチーで分かりやすい曲を聞かせるべきです。イントロのテッレテレレー♪でモーニング娘。に関心が向くように仕向け、「あれ?なんかこれサビ盛り上がるな~ダンスもすごいな~」となってるところをガッ!とやってバッ!と捕獲するのが正しいホイホイの仕方だと思うんですけどね。One・Two・Threeだとムリでしょそれ。

モーニング娘。一般受けする曲四天王(※2012~14年)

卒業前、鞘師がいたるところで「思い入れがある曲はOne・Two・Three」と言いまくったせいで、事務所がOne・Two・Threeを新生モーニング娘。の代表曲であり鞘師センター期の象徴として定着させようとする動きが加速したと思うんですが、2012~14年はつんくが確変モード突入した豊作期なので、One・Two・Threeより優れた楽曲が多くあります。

ダンスのインパクトならダントツでHelp me!!だし、ザ・アイドル的な可愛らしさを優先するなら絶対What’s is Love?だし、客との一体感で盛り上がるなら、コールで煽れるわがまま気のまま愛のジョークだし、完成度とクオリティで他のアイドルを公開処刑するなら愛の軍団。

今後メディアで新生モーニング娘。を印象づけ、新規ファンをホイホイしようと思うならOne・Two・Threeじゃ戦えませんよ。

まとめ

松岡茉優とマツコ・デラックスとユースケ・サンタマリア、その他有名人の方々がステマし、D通と組んだにも関わらず新生モーニング娘。がパッとしなかったのは、今回のようにメディアで披露する曲のチョイスが間違っていたのが1番の原因だと思います。

One・Two・Threeはしばらく封印し、音楽特番では積極的に泡沫サタデーナイト!を披露する。もしメドレーで2曲やらせてもらえるときは、(ラブマ縛りがない限り)、Help me!!、What’s is Love?、わがまま気のまま愛のジョーク、愛の軍団の中から選んだ方が良い。

観客が入ってる番組ならコール入れられる「わがまま気のまま愛のジョーク」、他アイドルと共演するときはクオリティ重視で「愛の軍団」か「Help me!!」、若者向けの番組ならキャピキャピしてる「What’s is Love?」が良いですね。とにかくOne・Two・Three以外の曲にしましょう。

SPONSORED LINK

あわせて読みたい



トップへ戻る