モーニング娘。の歌唱力と質の悪いボイトレを見てしょっぺえ!と叫ぶのをいい加減やめたい

モーニング娘工藤遥アイキャッチ

モーニング娘。’16は歌唱力の差が激しく、正直後列メンの半分は音痴です。モーニング娘。は「ぽんこつメンのサクセスストーリーを楽しむグループ」でもあるので、一概に音痴が悪いとは言えないんですが、5年たっても音痴だと「あいつしょっぺえ!」って言われても仕方ないよね。

SPONSORED LINK

モーニング娘。と歴代メンバーの歌唱力ヒストリー

モーニング娘。のオリジナルメンバーは「ASAYAN シャ乱Q女性ロックボーカリストオーディション」から選抜されていたので、みなさんご存知の通り、とても歌が上手かった。

今は「センター取ってたから初期メンバーの中では安倍なつみが一番歌上手い」みたいな空気がありますが、私は当時、オリジナルメンバーの中で一番歌が上手いのは石黒だと思ってました。一人だけよく分からんグルーヴ感があって、つんく氏に通じるものを感じてたんですよね。

歌が上手いメンバーを取る、という大前提が崩れたのは4期メンバーオーディションでしょうか。誰とは言いませんが、オーディション映像を見て「……音痴?」と思ったメンバーが合格していたので、歌の上手さだけじゃなくキャラクター性なども考慮されるようになってきたのかな?という印象でした。誰とはいいませんが。

歴代の音痴メンバーの中で一番の大出世をしたのは、やはり道重さゆみでしょうかね。吐息職人からゴリゴリ加工音声期を経てセンターをもぎ取り、今ではレジェンドと呼ばれるまでになったその姿は、おそらくアイドルを目指す全女子の憧れなんでしょう。頑張りすぎて最後ガイコツみたいになってましたけど。

私は道重の後継者は生田衣梨奈か工藤遥じゃないか?と思っていて、2016年時点での音声加工度では工藤が勝っているので(※褒めてません)、工藤が将来何かやらかしてポシャらない限り、道重ルートに乗るのは多分、工藤かなとみています。生田は加入時からずっと事務所に干されてるし、鈴木みたく数年以内に強制退場させられる可能性のほうが高そう。

しかし工藤は、先日公開されたアプカミの泡沫サタデーナイト!レコーディング映像でその音痴具合が知れ渡り、「5年選手なのにこんなレベルなのかよ!はーしょっぺえ!」みたいな叩かれ方をしていました

5年もアイドルやっといて音痴とか普通ならありえない

しっかりとボイトレを行い、歌い込みをしていればどんな音痴でもある程度の歌唱力は身につきます。歴代モーニング娘。中でずば抜けて上手くもなく、ずば抜けて下手でもない平均ラインの歌唱力を持っているのは8期の光井だと思っているんですが、光井レベルなら生まれ持ったセンスとかなくても、3ヶ月~半年の練習で十分到達できるはずなんですよ。

だから今の9・10・12期を見ている限り、歌唱力が低いのはボイトレの質が悪いか、そもそもボイトレしてないか、メンバーが遊びほうけて歌い込みしてないか。それしか考えられない。

それ以前に、今のハロプロにセンスのある歌唱ができるメンバーなんて1人も居やしませんからね。歌唱力の高い℃-uteの鈴木愛理も、Juice=Juiceの高木紗友希も、上手いだけでセンスはない。もしこの2人を見て「すっごいセンスある!天才!」と思っているならそれは過大評価ですとしか言いようがありません。センスのある歌手なんて、世界中にほんの一握りですよ。

なんだかんだ言いましたが泡沫サタデーナイト!のレコーディング映像で音痴音痴騒がれていた工藤はモーニング娘。に加入してから5年(エッグ時代を含めると約6年)になるにも関わらず平均ラインの光井さえ遠く及ばないので、まあ「しょっぺえー!」言われても仕方ないよね。

SPONSORED LINK

あわせて読みたい



トップへ戻る