アップフロント、中禅寺ナキ子寸劇で島村唄嬉をおちょくる

ハロプロロゴアイキャッチ

2015年、契約途中解除という形でカントリー・ガールズを脱退した、島村嬉唄。

カントリー・ガールズ 島村嬉唄に関するお知らせ

http://www.helloproject.com/news/2980/

「℃-ute Cutie Circuit 2015~9月10日は℃-uteの日~」の中禅寺ナキ子寸劇に、この島村をおちょくるようなシーンがあるというので、積んDVDを引っ張り出してきました。いや、アップフロントもさすがに家庭の事情で脱退した子をおちょくるような真似はしないでしょう芸能事務所としてそこら辺はきちんと弁え……してるぅ!!

℃-ute Cutie Circuit 2015「中禅寺ナキ子」での島村嬉唄いじり、その1

中島早貴演じる中禅寺ナキ子が、劇中で「ちゃんと歌が歌いたい!……うた、ちゃんと歌いたい。うた、ちゃんと。」と言ってみたり「うたが好き」「(歌を歌えないことから)うたロス」などなど台詞があったり。ハロー!プロジェクト最年長グループ℃-uteだからこそできる、℃-uteではなければできないような、一言で言えば“やりたい放題”で、観客は驚きと爆笑の連続だった。

(出典:【イベントレポート】10回目の℃-ute日ライブ開催。「なんだかんだ言ってつんく♂さんは私たちのお父さん」)

℃-ute Cutie Circuit 2015「中禅寺ナキ子」での島村嬉唄いじり、その2

※回想シーンに突入し、スクリーンに「中禅寺ナキ子1979」と表示される。

ナキ子:この度、夕暮れの中禅寺湖でデビューいたしました、新人演歌歌手の中禅寺ナキ子です。よろしくお願いします!少しのお時間、お付き合い頂けたら幸いです!

酔客:誰もお前の歌なんか聞きに来てねーよ!

ナキ子:あぁぁ、お願いです、一曲だけ、一曲だけ歌わせてください!そしたらお望み通り帰りますから!

酔客:うるっせーよ、ばーか。とっとと失せろや!

※ナキ子、殴られる。

ナキ子:うえっ、あぁぁぁ~

※舞台暗転、BGMチャラララー

ナキ子:最初は、所謂どさ回り。酔っ払いに絡まれたりも、つらい経験もした。でも私には信じるもの、これだけは負けないものがあった。聞いてください「私は歌が好き」

※舞台暗転

(中略)

ナキ子:家族のサポートが得られず、そして周りにも馴染めず、私は一度、芸能界を離れた。そして、普通の女の子として、普通の幸せを手に入れたかに思えた。だがしかし……

※舞台暗転

ナキ子:大好きだったあの人と一緒になった!これ以上の幸せはない!そう感じた時間は長くは続かなかった。徐々にすれ違っていく二人、一緒に過ごしたのは三年だった。聞いてください「バツ、イチ」

※舞台暗転

ナキ子:離婚してある意味、旦那にハブられた私は、一人になってどうしていいか分からず途方にくれた。日々生きるのに精一杯だったけど、ふと思い出すのは歌っていた自分、歌が歌えない自分は自分じゃない、結局華やかな芸能界の思い出が忘れられず、しばらくしてひっそりと中禅寺ナキ子は復帰した。紅白出場歌手なのにまったく仕事がなく、パートとしてスーパーで野菜を売り、そのほかの時間は事務所で油を売っていた……

(出典:℃-ute Cutie Circuit 2015 ~9月10日は℃-uteの日~DVD)

SPONSORED LINK

あわせて読みたい

トップへ戻る