モーニング娘。は何の細工もせずにYou TubeでMVをフル公開してるからCDが売れない説

ハロプロロゴネイビー

ハロプロは現在、どのグループも新曲が出るたびYou Tubeで1080P(Blu-rayと同等)のMVをフル公開してくれていますが、CD売れない一因ってこれじゃね?という声をちらほら聞くので、私なりに考えてみました。

SPONSORED LINK

現在ほとんどのアーティストが行っているYou TubeでのMV公開

その絶大な宣伝効果を無視できなくなってきたため、現在はほとんどのアーティストがYou Tubeに専門のチャンネルを開設し、楽曲のMVやスポット映像などを公開しています。もちろん我らがモーニング娘。も。

ハロプロはグループごとにこうしたチャンネルを開設し、惜しみなく楽曲のMVをBlu-rayと同等の1080Pで公開中。ただハロプロのように高画質かつフルバージョンのMVを無料公開するアーティストは年々減少傾向にあり、今ではCD販売数への影響を考慮して様々な対策をするようになってきました。

You Tubeでよく見かけるMVの特徴

  • ワンコーラスのみ公開(リリース後フル公開)
  • 音を小さくする
  • 画質を落とす
  • MVの最後にティザー映像をくっつける

こうした対策に関しては、最後のティザー映像つけた場合を除き個人的にデメリットしかないと思っています。ワンコーラスのみの公開だと曲の印象が薄れて購買に結びつかないリスクが高くなるし、音が小さいと視聴者はイライラするので再生回数が伸びません(※公式MVではなく高音質でアップしている違法動画に移動するため)。そしてスマホで視聴する割合が増えてきたいま、画質を落とすなんてもってのほかです。

モーニング娘。はYou TubeのMVにティザー映像くっつけようぜ!

2016年6月現在、You Tubeで公開されているモーニング娘。’16の新曲「泡沫サタデーナイト!」の再生回数は230万回を超えています。MVを収録しているシングルの初回限定生産版の特典DVDはYou Tubeよりも低画質。だからみんな画質の良いYou TubeでMV再生しているんでしょうかね。あとはやっぱりMVのために毎回DVDセットするの面倒くさいしな……。

私は陰謀厨なので、シングルが出るたび「ハロプロが初回限定生産版DVDの画質を上げようとしないのはYou TubeにアップしたMVの再生回数を落とさないためなのでは……?」と勘ぐってしまい、いやいやまさか!……まさか?と微妙な気持ちになっています。というか画質形式うんぬんについて、そもそもあの事務所よく分かってないだけかもしれませんけれども。

今のハロプロように高画質・高音質のMVを何の細工もしないままフルで公開し続けると多少なりともシングルの販売数に影響します。ですから、今後はMVの最後に15秒程度のティザー映像をくっつけてみてはどうか?と私は思うわけです。

ティザー映像とは、購買意欲を掻き立てるために使われる15~30秒のCMスポットのことです。たとえば元ちとせ「腰まで泥まみれ」MVの最後にくっついている映像なんかがそうですね。

私は前々からハロステやアプカミ等You Tubeコンテンツのアイキャッチにティザー映像を使うべき!と訴えてきましたが、未だになぜこれをやらないのかほんと不思議で仕方ありません。メンバーに「おかえり♡」と言わせるアイキャッチよりもよほど視聴者に色んなアプローチができると思うんですけどね

モーニング娘。の場合、ティーザー映像に仕様するのは、One・Two・Threeで使われたようなスポットCMでもいいし、GetNaviとのタイアップで制作された10秒食レポのような映像でもいいと思います。特に食レポのような映像なら、MVが終わって画面が変遷していく時に「なんだなんだ?何が始まるんだ?」と驚きを与えて興味を引けますし、ファンが求めている「メンバーのもぐもぐ映像ニーズ」にも応えることができます。

この食レポ後にメンバー直々CDを宣伝し、発売日やリリース形態をアピールすれば①メンバー個人の露出を増やせる②新曲情報をピンポイントで提供できる③CD販売数への対策の3つがまとめてクリアできるわけですから、かなりメリットは多い。

ファンでもなんでもない一般人・ライト層はスマホのアプリに動画を落として聞けるなら別にCD買わなくてもいいや!という人も多いので、せめてMVの最後に短時間のティザー映像をつけてストレスにならない程度の煩わしさを与えてあげるというわけですね。たとえばMVのソロリップシーン、そして食レポの映像を使ってMV後にティザー映像をくっつけると、多分こんな感じになるのではないでしょうか

※MVのソロリップを使ったティザー映像の場合(例:青春小僧が泣いている)

スマホでYou TubeでMVを視聴し、MVが終わるとMVがティザー映像にシュッと切り替わってシングルのリリース情報をババーン!と提供する、という構成。

青春小僧が泣いている、はメンバーのソロリップシーンを使ったCMスポットがYou Tubeに単体でアップされていますが、あれだけを単体で見ようという人はあんまりいませんから、どうせならMVにくっつけた方が効果的だったのでは。

※食レポをティザー映像にした場合

スマホでYou TubeでMVを視聴しMVが終わるとMVがティザー映像にシュッと切り替わって、なんか変なおまけ映像がついているぞ?とサプライズ感を出し、視聴者が気を抜いた一瞬を逃さず、おまけ映像の最後にちゃっかりと宣伝をぶっこむ!

これなら嫌でもシングルの発売日が目に入るし、新曲情報ページに誘導できるんじゃないでしょうか。You TubeのMVから一般人をホイホイしてCD買わせたいなら、こういう工夫も必要だと思うなぁ……。

ゴールデン番組だけでなくコツコツした露出も大事

モーニング娘。はここ数年メディアへの露出が少ないことが懸念事項でした。露出が少ないことで今も一般人によく「今のモーニング娘。には誰がいるのかよく知らない」と言われ続けていますよね。確かにMステのようなゴールデン番組に出ることは大事ですすし宣伝効果も高いですけど、MVにティザー映像くっつけてコツコツとメンバーの露出を増やすことも必要だと思います。

だって泡沫サタデーナイト!は230万回再生されてるわけだから、もしMVの最後にティザー映像くっつけてたら単純計算で230万人に新曲情報の詳細とメンバーの顔をアプローチすることができるわけでしょう?You TubeのMVページには一応タイトル下にもAmazonへの商品ページへのリンク貼ってありますが、言っとくけどほとんどの人はわざわざあんな所まで見てくれませんからね。

まあ仮に見てもらえても、売る気が一切感じられない書き方してるのでさらっと流されそう。

1モーニング娘YouTube

情報が少ねえぇ!!

もっと収録曲とか!初回限定盤の内容とかをみっちり書けよここは!!Amazonに誘導して調べさせるとか、視聴者に余計な手間をかけさせるんじゃない!

SPONSORED LINK

あわせて読みたい



トップへ戻る