モーニング娘。’16のMVにおけるソロリップシーン不要論

ハロプロロゴネイビー

今回はモーニング娘。’16のダンスショットMVを初回生産限定盤DVDに収録しないなら、ソロリップをソロダンスアングルに変更すべきなんじゃないの!?という主張をしたい。

SPONSORED LINK

頑なにダンスショットMVを初回生産限定盤DVDに収録しないのは何故だ……?陰謀厨の血が騒ぐ!

本題に入る前に、最近のハロプロをよく知らないという人向けにモーニング娘。’16のシングルについてくる初回生産限定盤DVD特典について説明しておきたいと思います。

現在モーニング娘。のシングルは毎回トリプルA面方式を採用しており、展開は初回限定盤3種類、通常版3種類の合わせて6種類。このうち初回生産限定盤にはMVを収録したDVDとイベント抽選券が特典として封入されており、通常版はCDとトレーディングカードが封入されている仕様。

ちなみに、先日発売された「泡沫サタデーナイト!/The  Vision/Tokyoという片隅」初回生産限定盤DVDの収録内容は以下で良いのかな?今回は配信買いしたので私未だにDVDの詳細知らないんですよ。

初回生産限定盤DVD収録の泡沫サタデーナイト!MV詳細(ソースはTwitter)

  • MVの前後にオフショット風のおまけ映像がついている(計75秒)
  • ソロリップシーンへのアングル切り替えは可能

Twitterで調べた結果、初回生産限定盤AのMVはこんな内容だそうです。

しかしお祭りソングである泡沫サタデーナイト!でも頑なにダンスショットMV出さないのは、多分今後アルバム特典にするかダンスショットのみのミュージッククリップ集にして売り出したいから出し惜しみしてるんでしょうね。シングル特典じゃなくもっと単価の高い媒体にくっつけて売りたい魂胆がミエミエで笑える。ほんと、こっっすい商売してんな。

ちなみに、初回生産限定盤DVDのMVってYou Tubeより明らかに画質が悪いので画質厨の方はよく考えてから購入してください。

今回の泡沫サタデーナイト!MVではあのギンギラギンなセットのせいでモスキートノイズが酷いという声も聞きますが、もし画質が悪いのを知らずに初回生産限定盤買っちゃった新規ファンの方々が「なんだよこのクソ画質!これならYou Tubeで良かったじゃん!こんなもん売りつけやがってモーニング娘。最低だな!死ね!」となるのが一番怖いので、今後は画質向上も頑張ってほしいところ。

ソロリップシーンに漂うマンネリ感の凄まじさたるや

トリプルA面を採用してからモーニング娘。’16はシングルの歌割りがかなり偏ってきたのはみなさんご承知の通り。新曲リリースの度に12期推しのヲタが毎回「またソロパートがゼロ!12期が空気!」と叫ぶのはもはや風物詩みたいになってきましたね。The Visionではソロパートあったので今回は多少控えめでしたけれども。

ソロパートが少ない12期がMVのソロリップで何をやっているかというと、まだまだ彼女たちは表現力も乏しい状態で4分近い時間、ただ目をキョロキョロして口をパクパク開けているだけ。そしてなんやかんやで他メンバーも12期とそう大差ない。

だから私は主張したい。今必要なのはバストアップを延々映すだけのソロリップアングルじゃなくてソロダンスアングルじゃないのかと!

モーニング娘。’16のMV構成要素をおさらいしよう

本題に入る前に、まずはモーニング娘。’16のMV構成をおさらいしておきましょう。

1ソロリップシーン不要論

2016年現在、モーニング娘。’16のMV構成要素としては、全体でのダンスシーン、ソロバストアップ、ソロリップシーンの3つ。曲によってはたまにグループリップシーンが入ったり小道具が出てきたりしますが、構成要素としてはほとんどこの3つの繰り返しです。

個人的に最も不要だと思うのは、ほぼワンカットで撮影されるメンバーのソロリップシーン。毎回どのメンバーも同じようなポーズと表情→曲が違っても全部同じような映像に見える→マンネリ感すげぇ……となってしまうんです。

ハロプロにおけるMV内のソロリップシーンはつんくの強い希望によって取り入れられたものですが、すでにプロデューサー交代してるし、MVのダンスショットが初回特典DVDに収録されなくなった等々、つんくがいた頃とは現状が少しずつ変化してきているのも確か。だから特に何もせずこのままつんくの意向を踏襲してソロリップを組み込むことが果たしてハロプロ、ひいてはモーニング娘。’16のためになるのかどうか。それが問題なんですよ。

MVのソロリップシーンにおいてメンバーがよくやりがちなポーズは以下の4つ。

モーニング娘。MVあるある

  1. ハトが豆鉄砲を食らったような表情
  2. 手の甲を頬にあてて見下ろす道重ポーズ
  3. 手を前に出す
  4. 両手を使った道重ポーズ

ハトが豆鉄砲を食らったような表情

まず鳩が豆鉄砲を食らったようなポーズというか表情。これは工藤がよくやっている印象が強い。

2ソロリップシーン不要論

私は別に工藤が嫌いなわけじゃないんですが(たまにイラァとはするけど)、MVではよく瞬きせずにカメラ目線で口元だけ動かすカットが多くて悪目立ちしてるから、すごく気になってしまう。

手の甲を頬にあてて見下ろす道重ポーズ

次は道重をバリバリに意識したセクシーポーズ。目を細めて口を半開きにし、顎をしゃくって手の甲をほっぺたに付けるやつですね。

4ソロリップシーン不要論

これは譜久村と飯窪、あと石田や最近では羽賀、佐藤、鈴木もよくやってますね。なんだよほとんどじゃねーか!

5ソロリップシーン不要論

 手を前に出す

これもソロリップで頻繁に出てくるポーズ。譜久村と佐藤もよくやるし、

6ソロリップシーン不要論

牧野や石田も結構やってる。

7ソロリップシーン不要論

飯窪と小田もやってる。

8ソロリップシーン不要論

そして野中や生田等々、ほとんどのメンバーが頻繁にやっているのでソロリップを何度も見返しているととても目につきます。

9ソロリップシーン不要論

やりすぎィ!!

両手を使った道重ポーズ

これはザ・道重という例のポーズですね。

10ソロリップシーン不要論

11ソロリップシーン不要論

手と表情でなんとも言えないセクシーさを醸しだしており道重の顔芸が光るポーズですが、これはあの顔芸ができる道重がやるからバチッとはまるんであって、現メンバーがやると逆に下品に見えてしまうからあまりやらないほうが良いんじゃないかとおもっ……

12ソロリップシーン不要論

……飯窪ォ!

MVのダンスショットが収録されなくなった今、本当に必要なのはソロリップではなくソロダンスアングルなのでは?

先日リリースされた新曲「Tokyoという片隅」。このMVにはアナザーショットとしてバックステージを意識したカットが差し込まれていますが、シャッターの前でダンスを狂ったように踊るメンバー達を見て、私は素直に「ソロリップよりこっちのほうがメンバーが活き活きしてるし、映像として見てて面白いな」と思いました。

13ソロリップシーン不要論

このダンスカットは「アウトローは好きなように踊ってください」という監督の超絶シンプルな指示のもとメンバーが好き勝手に踊っただけのようですが(※詳しくはアプカミ#16参照)、普通に正規の振り付けダンスよりメンバーが魅力的かつ楽しそうに見えます。全身が使えるからメンバーの持つ個性がソロリップよりも出ていて、単純に映像として面白い。

そして何よりカメラが定点なので、従来のせわしないソロリップの映像より見やすいのも良いですよね。メンバーの表情や動きを楽しめるソロリップの基本はフィクス(カメラを動かさずに撮影すること)だと思うのでこれくらいで良いんだよォ……今は動かし過ぎなんだよォ……。

ソロダンスアングルが収録されるなら私は初回生産限定盤をコンプするね!

これからはマンネリ感を与えるだけのソロリップシーンに代わり、こうしたソロダンスアングル(フリーダンスでも振り付けでもいい。両方のアングルがあればなお良いけど取り敢えずメンバーのダンスがじっくり見られればなんでもいい!)が収録されるなら多分私は初回全種類コンプすると思います。

それにシングルに毎回ソロダンスアングルがあれば、わざわざ振り付けのダンスシーンで石田の見せ場を用意しなくても済みます。このソロダンスアングル案は、そういう意味では「石田救済案」でもあると思うんですよね。いつまでもダンスゥ!ダンスゥ!って言ってる石田を次のステップに進ませるために、こういうやり方もありなんじゃないかなぁと。

まとめ

今後も初回生産限定盤DVDにダンスショットMVを収録する気がないのなら、メンバー個人のリップシーンをソロダンスショットシーンとしてアレンジし、DVDに収録するくらいはして欲しい。

マンネリ感がすごいソロリップアングルよりもソロダンスアングルでメンバーの足さばきや指先の動き(超ニッチ!)をじっくり見たいというニーズはかなりあると思うので、イベント券のようなゴミ屑をつけるよりも売れるんじゃないでしょうか……ってなんで毎回毎回こんな真剣に考えてるんでしょうね私、社員か。

※初回生産限定盤の内容やCDの売り方については以前イベント券の代わりにソロ歌唱バージョンを収録しろとか、これまでにも以下のエントリーでさんざん考えてきましたので、よければご覧ください。

▼参考記事

私の考えるモーニング娘。’16ブレイクのシナリオ(1)~CDリリース編~

SPONSORED LINK

あわせて読みたい



トップへ戻る