これ以上クールハローを強要するなら赤羽橋ファンクとか言ってないで林田健司を連れてこいよ論

モーニング娘石田亜佑美アイキャッチ

赤い公園・津野米咲の楽曲提供で話題になっているモーニング娘。’16の新曲、泡沫サタデーナイト!まだお披露目はされていないんですが、津野氏やモーニング娘。’16メンバーいわく「歌って踊れるノリの良い赤羽橋ファンクに仕上がっている」とのこと。歌って踊れる、ねぇ……

SPONSORED LINK

ハロプロ名物「赤羽橋ファンク」とは

ファンの間で度々話題になる「赤羽橋ファンク」。これはハロプロの中でもとりわけファンク色が強い曲を呼び表す言葉で、最近だとこぶしファクトリーの「チョット愚直に!猪突猛進」、アンジュルムの「大器晩成」、そしてモーニング娘。の「スカッと!MyHeart」などが該当します。

代表的な赤羽橋ファンク曲一覧

  • インスピレーション!/モーニング娘。
  • 笑顔YESヌード/モーニング娘。
  • The 摩天楼ショー/モーニング娘。
  • スカッと!MyHeart/モーニング娘。’15
  • 大器晩成/アンジュルム
  • 臥薪嘗胆/アンジュルム
  • ロマンスの途中/Juice=Juice
  • チョット愚直に!猪突猛進/こぶしファクトリー

ハロプロが続けている誰得なのか分からないクールハロー路線。モーニング娘。’16はその影響をモロに受けているわけですが、私個人としては「クール路線続けるならダサい赤羽橋ファンクじゃなく林田健司連れてきて徹底的にクールを貫けよ!それができないならもうやめちまえ!」という気持ち。

これは私がハロプロの「赤羽橋ファンク」にクールさを微塵も感じておらず、ファンクでクールといえば林田健司とか久保田利伸とかでしょ?と思っているからです。林田健司氏はSMAPの「$10」やブラックビスケッツの「スタミナ」、最近では関ジャニや東京女子流にも楽曲提供をしていますが、彼の作るファンク曲は天下一品。どの曲もバックビートがえげつないうえ、猛烈にダンサブル!なのにべらぼうにクール!

なので、クールハローしているモーニング娘’16。に必要なのは津野米咲でなく、エグさのある色っぺーファンクが書ける林田健司氏のような方だと思うんですけれども……。

モーニング娘。’16に必要なのは赤羽橋じゃなく、可愛いファンク

アイドルであるにも関わらず「可愛さ」を徹底的に排除しにかかる、それがここ最近のハロプロを支配している俗に言う「クールハロー路線」。しかしこのクール路線、ファンからの評判は最悪オブ最悪。モーニング娘。に延々EDM楽曲を歌わせ、ギンギラギンの衣装を着せ、コンサートTシャツをグレーや黒にし、挙句の果てにはしれっとグループロゴを細字にして個性を殺す、というこの愚行にそろそろキレそうなのは私だけでしょうか。

「俺達がクールで行くつったら行くんだよ!ヲタは黙ってATMになってろ!」と事務所が、絶対にこの路線で天下を取るんだ!くらいの気概を持ってプロモーションやってるなら私だって一応の理解は示しますし、納得もしますよ。

でも肝心の事務所が金を落とすヲタに媚びてはふらふらし、クール路線を貫ききれずチャカポコした曲もってきたり、変な赤羽橋ファンク持ってきてくるからさすがにイラッときて「それは違うんじゃない?」と思い、ブログで苦言を呈してるわけです。

赤羽橋ファンクは確かにファンからの人気も高く、ハロプロのお家芸とでも言うべきものです。が、それはやはりつんくが作るからこそ。外部のクリエイター達がハロプロ文法という枠にはめて作った「偽・赤羽橋ファンク」なんて所詮二番煎じ、いやもういっそ出涸らしの域だと言ってもいいでしょう。はぁーしょっぺーしょっぺー!

そんな出涸らし曲をモーニング娘’16の初シングルに持ってくるなんて適当すぎにも程がある。発売前から「売る気ないの?ないのかオラ」と疑うレベル。プロモーションしなくてもそこそこ売れるだろう、と高をくくって手を抜いてるのミエミエなんですけど、あまりにも酷すぎやしないか。

事務所がゴリ推ししているクール路線っていうのは、ずっとひたすらキリッとし続けろよというやつなので、表現力が偏るわ、辛気臭く見えるわ、可愛げがなくなるわ、みんな老けて見えるわで散々。クールテイストは可愛さや多幸感の中でたまにやるからこそ引き立ち、グループも魅力的に見えるものなんですけどねえ……。

最近の辛気臭いモーニング娘。をこれ以上貶めた挙句、盛り上がりにくい曲ばっかりシングルに持ってきてコンサート会場を葬式みたいにするの、もういい加減やめてくれませんかねぇ……。

SPONSORED LINK

あわせて読みたい



トップへ戻る