ユニゾンがアレなモーニング娘。’16救済案、またの名を秋ツアーPRISM大反省会

モーニング娘鞘師里保

ユニゾンが汚いことに定評のあるモーニング娘。’16(とモーニング娘。’15)。先日ようやく昨年の秋ツアー「PRISM」のDVDを観たんですが、不協和音っぷりが凄まじかったので、今年はあれだ……ユニゾン減らしてソロパート増やす方向でいこう。

SPONSORED LINK

秋ツアーPRISMのユニゾンを聞いて改めてモーニング娘。やばいと思った

私は昨年の秋に行われたモーニング娘。’15のコンサートツアーPRISMの福岡公演(会場は福岡市民会館大ホール)に参加してきました。コンサートは春か秋のどちらかには必ず参加するようにしていて、春は仕事が忙しかったのでじゃあ秋に行こう!と。

コンサート中の私は「ウォウウォウ!」と言いながら「イエーイ!」と叫び、ついでにピョーンと跳ねてるので(マサイではない)、実際メンバーの歌声はそこまで気に留めてません。だから公演中はユニゾンが不協和音でもほとんど気付かない。

ホールクラスの会場ってのは、元々いい感じのエコーがかかるので、生で聞くとかなり歌が上手く聞こえるんですよ。だからユニゾンをはじめ、あの飯窪さんのソロでも「いけるじゃん!」となり、んも~誰だよ~~モーニング娘’15の歌唱力が低いって言ったの~んも~~!となるわけです。これがコンサートの醍醐味であり、恐ろしいところ。

あとは、やっぱりモーニング娘。が好きなファンと一緒に盛り上がっている!みたいな思い出補正で、いつの間にか記憶が改ざんされていくというのもあります。

日が経つごとに、What’s up~愛はどうなのよ~の鞘師の「ワッツア~プ!」が良かったなあとか、Ambitious野心的でいいじゃんは、佐藤の「大丈夫だからぁぁ~」が内臓に響いたなあ……とか、そういうのが少しずつ美化されて、いつの間にか「ダンス凄かったな~歌も上手かったな~あんまり覚えてないけど~」ってなるんですね。ただ、コンサートDVDでパフォーマンスを客観的に見てしまうと、この美しい思い出が爆発して真顔になる。

秋ツアーPRISMのパフォーマンスを見てまず驚くのが、やっぱりユニゾンの汚さでしょうか。不協和音というか声質が最悪というか……。コンサートで聞くとそれほど悪くないと感じるんですが、DVDで観ると「うわぁぁ!」と頭抱えちゃう、みたいな。

今年に入ってもユニゾンは改善されてないので、5月に出るシングルはできるだけユニゾン減らしてソロパート増やした方が良いんじゃないの?ねえどうでしょうつんくさん?と思いましたPRISMのDVD観て。まあ、すでに歌割りもバッチリ決まっているであろう5月発売のCDにね、いまさらこんなこと言っても無駄なんですけど。

あの不協和音をやっつけるには、高音メンバーの補充が必要

ユニゾン聞いてて思ったのは、「高音が圧倒的に足りてない!」ってことですね。みんな歌声が低いからなんか重いし、音がきれいに響いてない感じ。あの絶妙な汚さは、歌ウマグループの多いハロプロにおいて、ある意味希少っちゃあ希少ですが……(褒めてない)。

現モーニング娘。内で高音がきれいなのって譜久村、小田、石田、飯窪くらいでしょうか。でも石田と小田は結構低音でガツン!と歌うパートも多いし、最近のEDM楽曲ではあんまり高音が生かされてないから、高音担当に入れてしまうのはどうだろう……という気もします。

あの汚いユニゾンをやっつけるには絶対、あと数人高音メンバーが必要でしょう。現メンバーの中で高音メンを選抜するなら多分、工藤・野中・生田。この3人は見かけによらず器用なので、曲によってガラッと歌い方を変えられる技術を持っています。だからちょっと歌声を作って高音パートに充ててやれば、今の汚いユニゾンをもうちょっと改善できるはず。

ユニゾンが改善するまでは、ソロパート増やしながら曲を回していって、地道にボイトレするしかないですね。安易に13期で歌える子を取っても、現メンバーのユニゾンが汚いままなら無意味だし。

汚いユニゾンよりはまだソロパートの方が安心して聞けるし、ファンは「推しメンに歌割りがあるワッフー!」と喜ぶし、歌唱メンの負担も減るし、何より後列メンバーのモチベーションもググッとあがるんじゃないでしょうか。なんだよ、誰も不幸にならないじゃないか~~~~

SPONSORED LINK

あわせて読みたい



トップへ戻る