こぶしファクトリーオリコン1位で盛り上がってるところ悪いけど、このままいくと年内に人気失速するよ

ハロプロロゴネイビー

こぶしファクトリーの2ndシングル「桜ナイトフィーバー/チョット愚直に! 猪突猛進/押忍! こぶし魂」がオリコンウィークリー1位ということで、いや~めでたい!こぶしは勢いづいてますね!ただこの祝賀ムードに水を差すようでアレなんですが、このままいくとこぶしファクトリー多分年内に失速しますよ。

SPONSORED LINK

こぶしファクトリーがすでに足を突っ込んでいる「ハロプロ自滅パターン」

ハロプロはモーニング娘。をはじめ、多くのグループが所属していますがずっと「実力はあるのに人気が出ない」、あるいは「人気が出てもその人気を長期的に維持できない」というのが問題視されていました。

実力はあるのに人気が出ない原因は、衣装・楽曲・ダンスがガラパゴス的で一般受けしないことと、プロモーション量が足りないせいと理由ははっきりしています。

一方、人気が出ても長期的にその人気を維持できないのは、「一旦人気が出たら味をしめて飽きられるまで同じ路線・楽曲を繰り返す」というアップフロントの無能戦略によるものです。

そして今、モーニング娘。に下克上をかましつつあるこぶしファクトリーはこの「一旦人気が出たら飽きられるまで同じことを繰り返す」というハロプロ自滅パターンにはまろうとしています。細かく言えばこの自滅パターンにはまっているのはこぶしファクトリーだけじゃないんですけどね。最近のハロプログループの楽曲を見れば分かる通り、どのグループも自滅パターンに足を突っ込んでいる状態です。

モーニング娘。・・・EDM楽曲・フォーメーションダンスばかり

℃-ute・・・とにかく「ありがとう」と言いまくる楽曲・感動の押し売りばかり

アンジュルム・・・卓偉色の強いロック楽曲ばかり

Juice=Juice・・・avexのようななんちゃってアーティスト楽曲ばかり

カントリー・ガールズ・・・路線模索中

こぶしファクトリー・・・楽曲すべてで「がなる」

つばきファクトリー・・・迷走中

すべての楽曲でがなり歌唱を取り入れているこぶしファクトリーはこのままいくと今年中に飽きられる可能性が高いと私は見ています。なぜなら、ハロプロのファンである私さえ、こぶしファクトリーの新曲を聞いて「どれも曲調が似てるな~」と感じましたから。

作曲者がいずれもつんく楽曲に寄せてきているのである程度テイストが似ているのは仕方ないのですが、だからといって全ての楽曲であそこまで「がなり」を強調する必要はないはずです。というか、あの歌唱のせいでどれも楽曲が似た曲調に聞こえてしまっているんですよ。なんというか…3曲続けて聞くとくどい

今後もこの「がなり歌唱」を続けるのであれば、多分こぶしファクトリーが世間に飽きられるのは早いでしょう。持って来年の半ば、早ければおそらく今年中に飽きられ、失速してしまうのは目に見えています。

モーニング娘。黄金期、そして14時代もそうでしたが、ハロプロはオリコン一位とかミリオン達成なんかで世間に受けると調子に乗ってずっと同じような歌唱・楽曲をリリースしたがるんですよね。要はすぐ守りに入ってしまう。

本来なら1発ブレイクした時点からもっと色々な楽曲で攻めて新規ファンを取り込み、ハロプロ沼に引きずりこまなくちゃいけないんですけど、決してそれをしないんです。「彼を知り己を知れば~」という言葉があるように、こうした「1点路線死守戦略」を続けるのは多分事務所がそのグループを過小評価しているせいだと思うんですよねぇ……。

ブームの最中に先鋭的な楽曲やダンスで打って出る!という判断をしないのは、そのグループの実力を過小評価して、はなから無理だって決めつけているようなものです。だから世間に受けブレイクした路線のみを必死に死守しようとしてしまう。しかし皮肉なことに、その結果が世間に「マンネリ感」を与え、飽きられる引き金となってしまう。これがずっと昔からハロプロが一過性のブームしか生み出せない根本的な原因なんですよね。

同じような楽曲ばかりリリースすると、世間は当然「また同じような曲かよ」という印象を受けてげんなりします。そして新規ファンはやがて飽きてハロプロから去っていく。一旦ブームが去ったあとは中々再浮上できないのもハロプログループの特徴ですから、そこからしばらく低迷期が続くことになる。今回のこぶしファクトリーの新曲もまさにこのパターンにはまりつつあるので、今からもうちょっと心配です。

こぶしファクトリーの場合、今回はシングルをトリプルA面形態にしているにも関わらず3曲ともテイストが似ているから、多分一般人が聞くと楽曲と曲名がなかなか一致せず混乱するんじゃないでしょうか。こうした「曲の分かりにくさ」で一般の新規ファンを少し取りこぼしているような気がしますし、リリース形態については今後改める必要があるでしょう。

大体、こぶしファクトリーは、今年はまず売上よりも認知度を上げることを最優先にする時期なんですからおとなしくA面1曲のシングル形態でリリースするべきだったんですよ。なのにトリプルA面って!金に目が眩むと目先のことしか見えなくなるんですから困ったものですこの事務所は。トリプルA面形態の方がそりゃ枚数は捌けるんでしょうけど、そろそろ2年後3年後を見据えて商売してくださいよ。

こぶしファクトリーの衣装のダサさも人気の失速に拍車をかけそう

こぶしファクトリーはデビュー当時から異様に衣装がダサい。このダサさはモーニング娘。と張れるくらいのダサさですよね。こうもダサい衣装ばかりだと、同世代からの女性人気はあんまり得られないんじゃないでしょうか。

衣装は若いスタッフを中心にしてもうちょっとおしゃれにしたらどうなんでしょう。メンバーのビジュアルの良さを衣装が殺してるってアイドルの中でもハロプロだけなんじゃないですか?無能すぎるでしょ……。

「チョット愚直に! 猪突猛進」の衣装なんてもろにTIKI BUNもどきじゃないですか。白ジャケットが長すぎてメンバーがみんな寸胴に見え、スタイルの良さが台無し。なんでジャケットの後ろにタックを入れてシルエットにメリハリをつけないんでしょうね本当に理解できません。みんなスタイル良いんだからジャケットにタック入れて腰をキュッとくびれさせ、スカートも短くしてメンバーの脚を出せ脚を!

メディアで「スタイル良いなこの子達…」って世間に見せつけてやればそれがこぶしファクトリーにとって1つの個性になるんですよ。「チョット愚直に! 猪突猛進」の衣装は色がモノトーンだから老けて見えるし、これじゃメジャーデビュー2年目にも関わらずフレッシュさのかけらも感じられない。完全にグループイメージにマイナスです。ハロプロでこんなことを言うのは今更ですが、衣装が完全に人気の足かせになってる。

MVを見ているとき、私なら白ジャケットの丈は短めにして、スカートもミニにしつつ、中にパニエでも入れてもうちょっとボリューム出してあげたいなぁ…ギリィってお思いました。だってそうじゃないと全員が並んだときの絵面が貧相でしょう。

衣装の色がモノトーンなんだったら、ディティールでボリューム出すくらいはやらないと、一気に華がなくなって新人アイドルなのにビジュアルに可愛げがなくなってしまいますよね。メンバーは割と顔立ちが大人っぽいから、そこに衣装で可愛げを足してあげるともっとビジュアルが良くなるはずなのに…。ああ~もうなんでこんなグループ人気の足を引っ張る衣装ばっかりなんだろうな~ハロプロは!!

まとめ

とにかく、こぶしファクトリーの勝負は次のシングルをどうするかだと思います。また今回のようにがなり歌唱とつんくリスペクト楽曲ばかりだとさすがにまずいですよ完全に自滅街道まっしぐら。こぶしファクトリーのメンバーは実力者揃いなんですから、もうすこし実験的な楽曲を持ってきて、今のイメージをぶち壊してみても良いと思いますけどね。事務所はちょっとグループの過小評価が過ぎる、だからハロプロは伸び悩んでいつまでも大成しないんですよ。

自滅パターンを避けるためには「こぶし」っていう名前にとらわれない自由な歌唱と、守りに入らず攻めた楽曲をもってこられるかが重要です。今の勢いそのままに長期的な人気を維持してくれればハロプロももっと盛り上がっていくと思うのでメンバーもがんばれー!

SPONSORED LINK

あわせて読みたい



トップへ戻る