ストライプパンツを白・黒・グレーでベーシックに着こなす

よなかのはなしロゴアイキャッチ

大人っぽくスタイリッシュに見えるストライプパンツは、20代後半~30代の女性を中心に人気のアイテム。しかし柄ものパンツは、結構コーディネートが難しいですよね。そこで今回はこのストライプパンツをおしゃれに見せるコーディネートを、カラー別にご紹介したいと思います!

SPONSORED LINK

白ストライプはオールホワイトコーデで爽やかに着こなす

最近、トップスとボトムの色を揃える「ワントーンコーデ」が流行っています。白ストライプパンツをおしゃれに着るなら、このワントーンコーデが特におすすめ。

白ストライプパンツは、無地の白パンツよりヒップラインが目立ちません。お尻の大きな女性や腰回りの贅肉が気になる女性が着ると、体型カバーにもなります。

無地の白パンツを履くとごくまれに下着のラインが透けることがありますよね。下着にレースやフリルが付いたデザインだと、お尻部分がゴワゴワして見栄えも悪い。明るい色の下着だと野外に出たときに色が透けてしまう。そんな理由から、めんどくさいな~と思いつつ黒やモカの下着を履いていた人も多いはず。が、白ストライプなら明るい色の下着でもそれほど目立ちません。

白ストライプパンツに合わせる同色のトップスは、シフォンやオーガンジーのような軽め素材にするか、柔らかさのある「ゆるトップス」にしてみてください。こうした素材は白ストライプのカッコよさを中和し、「キリリとしたカッコよさ」から「女性らしいカッコよさ」にしてくれます。

白ストライプパンツと白トップスのコーディネートに合わせる小物類は、黒系でパキッと決めてもよし、ヌーディーベージュやピンク系にして、ふんわり仕上げるもよし。黒系小物を合わせれば同性受けするクールでレディな雰囲気になりますし、ヌーディーカラーなら男性にモテるフェミニンな愛されコーデになります。

黒ストライプには白シャツを合わせてシンプルに着る

ストライプパンツの中で最も王道の黒ストライプ。黒ストライプパンツに一番マッチするトップスは「白シャツ」です。柄パンツ+白シャツはとてもベーシックなスタイルですが、そのシンプルさがいい。

定番コーデをさらりと着こなせる女性は同性からも一目置かれます。黒ストライプと白シャツは女子会にもピッタリの組み合わせ。

黒ストライプパンツに白シャツを合わるときは、シャツの裾をインしましょう。これでかなりスタイリッシュになります。シャツはあえてワンサイズ上のものを選び、大人の余裕を感じさせるゆったりシルエットにして、必ず袖もまくること。

黒ストライプパンツにと白シャツのコーディネートに合わせるなら、小物はパンツと同じ黒で統一した方がカッコいいですね。靴はポインテッド・トゥのような先の尖ったパンプスがおすすめ。ピンヒールだとさすがに雰囲気が「女王様」になってしまうので、オックスフォードのおじ靴か、オープン・トゥデザインを選ぶのが鉄則です。

グレーストライプパンツはリラックス感を出す

グレーストライプパンツは、シルエットがワイドなものを選ぶとカッコいい。シルエットでリラックス感を出し、おしゃれ度をアップさせましょう。ワイドパンツ、はっきり言って男性受けは悪いし、低身長の女性には今ひとつ似合わないアイテムです。しかしワイドパンツの中でも比較的シルエット細めのデザインを選ぶとチノパン感覚でのコーディネートが可能。それほど着こなしも難しくありませんので、ワイドパンツに抵抗ある方も、一度チャレンジしてみてはどうでしょうか。

グレーストライプパンツに合わせるトップスは、ダークグレーがおすすめ。グレーストライプパンツをボトムに、ライトグレーをトップスもってくれば、同じグレーでも濃淡がついて全身がのっぺりしません。

ライトグレーのトップスは裾をパンツにイン。その上から細めベルトをつけると、キレイめコーデにアレンジできます。ベルトは金具にゴールドを使っているものが良いですね。この場合、バッグ・時計・アクセ類もすべて黒かゴールドで統一してみてください。小物を黒系にしたときは、ヌーディーカラーの靴で足元に軽やかさを出すと一気におしゃれになります。

というわけで、白・黒・グレーのストライプパンツ、個人的におすすめのコーディネートをご紹介しました!同じストライプでも、細いストライプなら大人っぽく、太めストライプならカジュアルになります。ぜひ自分の好きなファッションスタイルに合わせて選んでみてください!

SPONSORED LINK

あわせて読みたい

トップへ戻る