鞘師里保の自叙伝「17歳の決断」発売で暴落する、絶対的エース神話の価値

モーニング娘鞘師里保

先日ハロープロジェクトのサイトで発表された「鞘師里保の自叙伝、17歳の決断」発売のニュース。言っときますが私はこの本、絶対に買いませんよ。

SPONSORED LINK

エース神話をぶち壊しにする鞘師里保自叙伝「17歳の決断」

2015~2016年のカウントダウンコンサートでモーニング娘。’15を卒業したエース鞘師里保。先日、ハロープロジェクト公式サイトで「鞘師里保自叙伝&クロニクル」の発売決定が告知されました。うそ……だろ……と思うと同時に、もうこの事務所一度滅びればいいのにと思った感は否めませんよね……。

2015年12月31日にモーニング娘。を卒業した鞘師里保の初の自叙伝&クロニクル。17歳で卒業を決断した彼女の素顔に迫る初づくしの一冊!

6歳でダンスに目覚め、12歳でモーニング娘。9期メンバーオーディションに合格、17歳でモーニング娘。’15を卒業するに至るまでを、貴重な写真とインタビューで素顔の彼女に迫る。 約5年間の秘蔵ショットに加え、卒業発表直後の撮り下ろし、日本武道館のラスト、大晦日の中野サンプラザでのファイナル・ステージ&バックステージなど、レア写真を初披露!

鞘師里保 初の自叙伝&クロニクル「17歳の決断」発売決定!!

この自叙伝、確かにネームバリューある鞘師里保の自叙伝ですから、そりゃファンは買うでしょう。売れるでしょうよ!でもその代償として、「モーニング娘。伝説のセンター鞘師里保」の商品価値はぐんと下がっちゃいますよね。せっかく電撃卒業発表→事務所によるセンター認定→卒業→神格化のルートに片足突っ込んでたのに。

私は、アップフロントは鞘師を道重と同じように卒業後「神格化」させる腹積もりだと思ってたんですよ。神格化させ、数年後にこの空気を利用して「電撃復帰」させるつもりだと思ってた。2015年の電撃卒業発表でインパクトを与え、わざわざ「君がいてくれて良かった」なんて動画まで作って「圧倒的センターの電撃卒業→伝説」を演出したのがその証拠だと思ってたんです。

でも、この自叙伝発売で今まで隠されてきた鞘師卒業に関する裏側のあんなことやこんなことが明るみに出るわけです(多分)。あんなことやこんなことをそのまま隠しておけば鞘師のエース神話に尾ひれがついてファンの間でも神格化されるのは間違いなかったし、復帰もさぞドラマチックな展開になったでしょう。にも関わらず、「17歳の決断」でその全部をおじゃんにしてしまった。

事務所は鞘師の自叙伝を売りたいの?売りたくないの?

公式サイトによれば、「17歳の決断」は鞘師里保のインタビューを中心に構成されているとのこと。多分、鞘師本人が書き下ろしたわけじゃなく、インタビューをライターが記事に起こしてるんでしょうね。もしかすると一部は本人が書いているのかも……。このへんは実物を見てからでないと、なんとも言えませんが。

「17歳の決断」というタイトルも個人的には気に食わない。タイトルになんかこだわらなくても鞘師ファンは買ってくれるんでしょ?という魂胆がミエミエで、頭を掻き毟りたくなります。こういうファンを舐めきった姿勢が今のハロープロジェクト低迷を招いたことにも気づいてないんでしょう多分。本当に過去の失敗から何も学んでないな。

そして、こういうやり方を受け入れ、惰性で商品を買い続けるファン側にも問題はあります。私はシングルにしろグッズにしろ気に入らないものは一切買いません。だってそういうやり方でしか事務所に対して抗議が出来ませんから。

鞘師里保に関する商品はクオリティが低くてもとりあえず買う。鞘師里保の名前を利用した明らかな小遣い稼ぎだけどとりあえず買っておこう。こうした流れは本当に良くないし、何より健全でないと思います。私は惰性でものを買うほどお人好しではないので、今回の自叙伝は買いません。

 舞台裏ばかりファンに見せるアップフロントは一度「語らない美学」を学ぶべき

自叙伝もそうですけど、鞘師の名前を安売りするのはやめて欲しい。数年先を考えると、卒業以後鞘師の動向をひた隠しにし、出版物も一切出さず、電撃卒業と同じような「電撃復帰」を演出した方がハロプロにとっては絶対に得なんですよ。なのにこの事務所は耐え性がないから「売れるうちに売っとけ」みたいな感覚で、すぐ小遣い稼ぎに走る。

YOUTUBEでは舞台裏映像ばかり垂れ流す。接触商法でアイドルとファンの距離感を近づけすぎる。現メンバーがインタビューで暴露話をしても一切修正しない。ハロープロジェクトは最近、裏側ばかり見せ過ぎなんですよ。

確かにバックステージを見せるのも大事ですよ。プライベートをチラ見せし、ファンの想像力を掻き立てて購買力に結びつけることも必要です。でも裏側を見せるのはほんの少しで良いんですって。

鞘師の場合、卒業前のインタビューで卒業を決めた理由や今後の展望なんかを語ってましたから、本を出して裏側を暴露する必要はない。そもそも、鞘師里保はモーニング娘。に加入して卒業するまで大した経験してないでしょう。暗黒期を経験してきたわけでもなし、テレビで毒舌キャラを演じて認知度アップに貢献したわけでもなし……。

それとも鞘師は、親が離婚してホームレスになったところをアクターズスクール広島の人間に拾われてその稀代の才能を見出され、ライバルにいじめれつつもなんとか卒業してモーニング娘。9期オーディションを受け、二次審査落ちしたけど敗者復活で蘇り紆余曲折ののち合格し、10年選手の先輩を押し退けてセンターに抜擢されたとでも言うんですか。違いますよね。

鞘師は良家のお嬢さんとして生まれて父親もそこそこ有名人で、アクターズスクール広島では「至宝」と呼ばれるほどの評価を受け、モーニング娘。9期オーディションにすんなり合格するといきなり優遇されて前列メンになり、先輩メンバーがいなくなるとあっと言う間にモーニング娘。のセンターに抜擢され、終始お姫様扱いをされてきた。そして半年間の卒業商法を拒否した挙句、ハロプロのカウントダウンコンサートを私物化して卒業していく、そういうメンバーでしょう。そんなたかが17歳の女の子に、本にしてまで語るほどの人生があるんでしょうか。

もし自叙伝を出版するなら、そのタイミングはどう考えても今じゃなく、留学を終えてハロープロジェクトに復帰する2年後です。鞘師自身が、留学して体験したことや現地で得た経験、ダンスを身につけるノウハウを1人でも多くの人に伝えたいから本を出す!っていうなら、私だって喜んで買わせて頂きますよ。でも今回の自叙伝はそうじゃないでしょう。

卒業してから舞台裏を暴露するなんて現メンバーにとっても迷惑極まりないと思いますし、何より、モーニング娘。にいた5年間こんなに苦労したんだよ!こんなに頑張ってきたんだよ!と自叙伝の中で語らせるなんて、感動の押し付けも甚だしい。わざわざご丁寧に裏側なんて教えて貰わなくても、鞘師がどれくらい頑張ってきたかくらい、ファンはみんな知ってますよ。

こういうタレント本は事務所が自社に不利益な部分を修正して出版するものですから、きっと「17歳の決断」もお涙頂戴の美談で埋め尽くされていることでしょう。しかし今のインターネット社会じゃそんなメッキはすぐに剥がされます。出版後、小春のときのように炎上しないことを祈るばかり。

SPONSORED LINK

あわせて読みたい



トップへ戻る