女子会で同性にモテるシンプル&ベーシックなファッションコーディネート10パターン

ベーシックファッション

「女子会」は参加者が全員女性ということもあって、いつも以上にファッションに気合が入りますよね。同性に「おしゃれな人」と認めてもらえるかどうかは、ファッションやヘアメイクを洗練して「こいつ…できる!」という印象を与えられるか否かにかかっています。そこで今回は私がこれまで行った女子会で評判の良かったファションコーディネートを10パターンご紹介します!

SPONSORED LINK

大人のこだわりを感じさせる「シンプルトラッドコーデ」

1ベーシックファッションコーデ

シンプルな白シャツにデニムという王道かつベーシックなコーディネートですが、小物にこだわりを持たせて「おしゃれな大人の女性」を演出しています。

このとき参加する女子会が秋に開催されたものだったので、外に出ても寒くないようにトレンチを羽織り、差し色として鮮やかなグランブルーのカーディガンを肩かけしました(実際はかけるだけじゃなくて袖を結んでいましたが)。少し袖まくりして着崩し、シャツの袖口を覗かせるとよりおしゃれに。

バッグと靴は同色のこっくりとしたブラウンで揃え、メガネや時計、ハットもブラウン系で統一。トレンチを脱いだとき胸元が寂しくならないように、3連のロングパールネックレスを合わせています。靴をオックスフォードにしたり、ストールをチョークストライプにしたり、ちょっとしたこだわりをもたせるのがベーシックファッションをおしゃれに見せるコツですね。

トラッドを意識した「英国風ブラックウォッチコーデ」

2ベーシックファッションコーデ

アイロンでぴしっとした白シャツにスタイリッシュなブラックウォッチパンツを合わせて英国テイストを取り入れたコーディネートです。

この時の女子会(言ってて抵抗ある…)は30~40代の方が多かったので、上品でクラシカルな雰囲気を出せるようなアイテムを合わせました。小物は黒で統一し、アクセサリーはごついバングルなど、1個でも主役級の存在感があるものをチョイス。

当時はロングヘアだったので髪型もタイトな編みこみアレンジにし、全身のIラインを強調して着痩せ効果を狙っていました。

エレガントな女社長風「クラシック・オールインワンコーデ」

3ベーシックファッションコーデ

これは女子会というよりも以前勤めていた会社の仕事で、夜にイベントを開催した時にお手伝いとして駆りだされたため、急いで揃えたコーディネートです。一応主催者側のスタッフという立場なので、黒子になるつもりで目立たない黒のオールインワンを着つつ、作業していてもかちゃかちゃ音のならない太めのバングルを装着。

イベント修了後の打ち上げではバングルを重ねづけし、ごついチェーンのネックレスをつけて華やかさをプラスしました。

程よく力を抜いて大人の余裕をかもす「リラックスコーデ」

4ベーシックファッションコーデ

仲の良い知人2~3人で行なった女子会には、かっちり決めすぎずにリラックス感のあるコーデで参加。くったりとしたインディゴのデニムシャツにドルマリンニットカーディガンを合わせ、ボトムは黒のショートパンツ(ストライプ)です。

30デニールくらいの黒ストッキングを履き、ショートブーツと組み合わせて美脚効果を狙っています。ヘアスタイルはシニヨンにして首元をすっきりさせ、ストールをボリューミーに巻くとこなれ感も出ますね。

ごめ~ん、残業になっちゃって~!と多忙アピールするとき用の「オフィスカジュアル偽装コーデ」

5ベーシックファッションコーデ

仕事上の付き合いでとある女子会に強制参加させられたときに「よし、わざと遅れていこう!」と画策し、オフィスカジュアルファッションを偽装したときのコーデがこれです。

シャツとケーブル編みニットをレイヤードし、デニム(裾はロールアップ)という優等生コーデで、いかにも「仕事の書類をいっぱい入れてます☆」という感じの大きめバックパックを合わせています。トレンチはあえてショート丈にして「外回りが忙しいので動きやすいショート丈なんだゾ☆」という、人の深層心理の裏をかきました。

職場の関係者が来る女子会で、自分を優等生に見せるための「よそ行きコーデ」

6ベーシックファッションコーデ

会社の先輩や取引先の社員が来ると言われたときに、少しでも印象を良く見せようと「清潔感第一」をイメージして作ったコーデです。

暗い色は使わないようにしつつ、華美にもなりすぎないよう、白とグレーの鉄板コンビにしています。ただ、それだときっちりしすぎてしまうので、靴にカーキ、バッグにエメラルドグリーンを取り入れ、さりげなく「センスあるでしょ」アピール。アクセサリーはいずれもピンクベージュで細めのデザインを選び、デコルテや手首を華奢に見せるというあざといテクニックを使っています。

オラオラ系じゃない!女子らしさを残した「ブラウンコーデ」

7ベーシックファッションコーデ

3年前くらいに会社の同僚と2人で女子会(2人なのに!)をしたときのコーディネートがこれ。視察もかねてオープンして間もない炭火焼肉屋に行くことになっていたので、どうせ暑くなるだろうと思ってインナーは半袖にしました。

アウターのライダースジャケットはオラオラ系にならないよう、女性らしい柔らかさのあるブラウンをチョイス。ショールやベルトなど小物系もブラウンにし、パンツはカーキで白Tシャツとライダースジャケットが馴染むようにしています。

和製ココ・シャネル!しっかり者アピールも抜かりない「幹事なら任せてコーデ」

8ベーシックファッションコーデ

とある女子会の幹事をやったときに、なめられて参加費をちょろまかされないよう「ボス感」を出すためレディな雰囲気のコーディネートで参加しました。白シャツにデニムという定番チョイスに黒のロングカーディガンを合わせ、黒のピンヒールでかっこ良さをプラス。ボストンバッグの中に赤のセカンドバッグを忍ばせ、ルージュとさりげなくお揃いに。

クラシックなラウンドタイプのメガネとパールのロングネックレスも身につけ、和製ココ・シャネルっぽい感じをイメージ。タバコの代わりにお通しとして出た揚げパスタを加え、目を細めてお札を数えているときは、まぁ…あ、私いまココかな?って思ったよね…(桃井かおり風に)

 動きやすさ重視!「日帰り旅行に行ってきますコーデ」

9ベーシックファッションコーデ

女子会という名の日帰り旅行に出かけたときのコーディネートがこちら。動きやすさを重視して白シャツにグレーのチョークストライプパンツを合わせ、小物はレトロな雰囲気のデザインで統一しました。おみやげをしこたま買うために大きめのバックパックとポーターのビジネスバッグの2個持ちし、足元はロールアップして靴下見せに。

チェーンリボン柄のスカーフは肩に巻いてアクセントにし、電車の中ではアイマスク代わりにして目にぐるぐる巻きつけて爆睡するために持って行きました。

 気分はドン!ハンサム&クールな「ゴッドファーザー風コーデ」

10ベーシックファッションコーデ

このコーディネートを着て行った女子会は「カッコいい女風のファッション」というドレスコードがあったので、センタープレスのストライプパンツにクルーネックのグレーニット、そこにサスペンダーを合わせて精一杯カッコつけました。

チェスターコートとハットを身につけてクラッチバッグを持つとオールブラックコーデになりますが、ゴッドファーザーwwwとからかわれてほとんど泣きそうでした。こういうコーディネートは男性受けこそ最悪ですが、女性には割りと好評なコーデです。

まとめ

今回は女子会におすすめのファッションコーディネートを10パターンご紹介してみました!コーディネートはすべて「IQUON」というサービスで作成したんですが、実際に服を買う前のシュミレーションとしても便利なので、興味のある方はぜひ利用してみてくださいね。

11ベーシックファッションコーデ

iQON|おしゃれが見つかる、欲しいが買える。

SPONSORED LINK

あわせて読みたい



トップへ戻る