13期オーディションの前にやることあるだろ!急務、モーニング娘。’16ビジュアル最強化計画

モーニング娘小田さくら

年始早々、アップフロントがモーニング娘。の13期オーディションを開催すると発表しました。すでに出来レース臭がぷんぷんしますね-胡散臭いですねー。
新メンバー加入&卒業戦略はモーニング娘。の伝統なのでどうこう言うつもりはないのですが、え?このタイミングで?と呆れを感じてはいます。というのも、私はモーニング娘。’16の急務はメンバーの補填ではなく、現メンバーのビジュアルを強化することだと思っているからです。

SPONSORED LINK

私がこのタイミングで13期を加入させるべきではないと思う理由

アップフロントが13期オーディションに踏み切ったのは圧倒的センターであった鞘師の卒業(という名の脱退)に危機を感じてのことでしょう。つまり、あれだけ工藤を新センターに抜擢するような動きを見せておきながら、現メンバーだけでは2016年を戦い抜くことは出来ないと判断したことの現れに他なりません。しかし、鞘師が卒業してまもないこの時期に13期オーデをするなんて馬鹿の極みだと私は思うのです。

譜久村リーダーの面目丸つぶれ

譜久村は昨年の12月30日に公開されたドワンゴのインタビューで、「2016年は12人でまとまっていきたい」と語っています。佐藤もインタビューで一旦グループを落ち着かせてほしいと吐露していますし、「しばらく12人で頑張らせてほしい」というのはおそらくメンバーの総意でしょう。しかし、譜久村の舌の根も乾かぬうちに事務所が13期オーディション開催を発表。

年始早々にオーデ開催を発表するということは鞘師の卒業が決まった前後に13期追加は視野に入っていたというかほぼ決定事項だったわけで……。こうなると譜久村のインタビューでの言葉はなんだったんだよということになりますし、リーダーとして軽んじられていると世間に受け取られても仕方ない。そもそもなぜ事務所やマネージャーは譜久村に「オーディションやるかもしれないからインタビューでは『12人』って単語は使わないでね」と言ってやらないんでしょう。配慮が足らんぞ配慮が!

こういう一連の流れを見てしまうと、譜久村はリーダーとは名ばかりでやはり事務所とメンバーの連絡係止まりになっているんだろうなと勘ぐってしまいます。リーダーとして機能してないうえ、鞘師という風よけがなくなった途端ほらお前リーダーだろ?といきなり批判の矢面に立たされる。こんな扱いならリーダーとしての自主性なんて育つわけないし、むしろ心がポキっと折れますよ。

譜久村をリーダーとして育てる気があるなら、13期の加入についてもそうですが、もっと彼女たちの自主性を尊重して意見を取り入れるようにしなければいけないでしょう。この様子を傍で見ている他メンバーまでもが受け身になり、今後伸び悩む可能性だってあるんだから。アップフロントはマネージメントもパワハラまがいで下手くそ極まりないですが、コーチングの才能もないのがこの一件だけでも見て取れますよね。これからもこんな事続けるならもう私に変われよ!

モー娘’16に新メンバーを加入させるのは時期尚早

今、モーニング娘。’16に必要なのは新メンバーの加入ではなく、12人のビジュアルとスキルを向上させてしっかりと地盤を固めることでしょう。

道重の卒業に焦って地盤も固まりきらぬまま急ぎ12期を加入させた結果が今の惨状なんです。にも関わらず、また同じ失態を繰り返そうとしている。なぜアップフロントは過去の失敗から何も学ばないのでしょうか。それともすでにモーニング娘。のメンバーは握手会で稼ぐための駒としてしか見ていないのか?

13期オーディションの発表は、鞘師の抜けた穴を埋めるため、一丸となって進もうとしているメンバーの決意に水を差すだけ、というよりもこれは彼女たちに対する侮辱ですらあると、私はそう思います。

13期メンバーの加入は、何をやっても人気を再興出来ず、打つ手がなくなった時の「最終手段」にするべきです。2016年は上半期をダンスやボイトレの強化やスキルアップのために使う、そして12人体制でシングルを出してメンバーのセンター適性や人気の推移をマーケティングしつつ様子を見る。13期加入を打ち出すのはそれからでも決して遅くはないはずでしょう。

おそらく事務所的には13期オーディションと並行して1枚くらいは12人体制でシングルを出し、もし12人体制で再び人気が出たら13期は該当者なしで通すつもりかもしれませんが、そういう虫の良いことばかりしているとファンの信用を無くしますよ、とだけ申し上げておきます。今のアップフロントは目の前のにんじんを必死に追うだけの駄馬で、全く周りが見えていない気がしてなりません。

2016年の急務は、現メンバーのビジュアルをピークに持っていくことじゃあ!

モーニング娘。’16がまず取り組むべきは「ビジュアルの強化」です。ビジュアルに関しては道重が抜けてから事あるごとに「華がなくなった」とか「地味」などと言われていますが、個々のメンバーの体型やヘアメイクを矯正すれば、まだまだ全員ビジュアルに伸びしろがあります。そこで今回は「冷たい風と片思い」のアー写を例に、メンバー1人ずつのビジュアルの問題点・改善点を私なりに分析してみました。

譜久村聖(9期)

1モーニング娘ビジュアル

顔自体は整っているので、あと5キロ……あと5キロだけ痩せてくれれば文句なしのビジュアルメンとしてセンターに起用できるのが譜久村リーダー。体型を絞ることができればリーダーの外にも「痩せ体型に巨乳」というハロプロ最強の肩書も加わりますし、今以上のヤンガン無双も見れるはず。

譜久村のビジュアルのピークは「わがまま気のまま愛のジョーク/愛の軍団」の頃だと思っているので、髪型も子供っぽいサイド三つ編みなんかせず、シックなブラウンのロングで十分だと思います。譜久村は髪を巻くと一気に老けて見えるので、ストレートの方が圧倒的に良いですね。

もし他のメンバーと差別化を図って大人っぽいお姉さん路線でいくなら(モーニング娘。’16は全体的に子供っぽいメンバーが多いのでこのキャラはとても貴重)、「アダムとイブのジレンマ」の頃の℃-ute・中島早貴を参考にすると良いと思います。この頃の中島パイセンは清楚な色気もありましたから、女性人気も高く、グラビアもこなす譜久村が参考にするにはもってこいでしょう。

生田衣梨奈(9期)

2モーニング娘ビジュアル

生田は細マッチョで美しいボディラインをしていますし、顔自体も整っているので改善するのは髪型。今の茶髪とマッシュボブは、はっきり言って全く似合ってません。素材が良いだけに勿体ないんですよねぇ、誰も指摘しないのか事務所が強要しているのか……はてさて。

2015~16年のカウコンでは黒く染め直していましたが、美人度がグッと上がって素晴らしいビジュアルでした。このビジュアルを見るとモーニング娘。’16ブレイクのキーマンは生田(もしくは尾形)のような気がしますね。

生田はカウコンで披露したような暗めの髪色の方が圧倒的に似合うと思います。そして、ボブじゃなくロングにすればビジュアルが確変するはず。これくらい思い切ったイメチェンをすればセンターも射程圏内でしょう。というか、別に地毛じゃなくてもいいので秋ツアーでエクステ付けてほしい。生田がエクステを装着すれば瀕死のモーニング娘。’16も息を吹き返しますよ多分。

だって想像してみてくださいよ。黒髪ロングヘアの美人が博多弁を喋って側転やって脱ぐとマッチョとか最高じゃないですか。まさにモーニング娘。’16のリーサル・ウェポン……やばい生田が見つかってしまう!

鈴木香音(9期)

3モーニング娘ビジュアル

鈴木はビジュアルうんぬんの前に痩せること。これしかありません。

握手会の度に「痩せてたころの香音ちゃん、可愛かったよ-」とみんなで鈴木を持ち上げましょう。Oh my wish!の頃の体型に戻すのが、どんなスキルよりも彼女にとっての最優先事項。イベントを欠席してもいいのでまずはダイエットに励んでください。話はそれからだ!

石田亜佑美(10期)

4モーニング娘ビジュアル

石田は赤みのある茶髪じゃなく、アッシュカラー+パーマをかけたショートボブ系が似合いそうですね。ダンスを踊る度に長い髪がバサッと舞うのも素敵なんですが、そこは心機一転イメチェンということで……。

あと、石田は絵に描いたようなツリ目なので静止画だと典型的な意地悪女フェイスに見えるんですよ。この印象を緩和するために、メイクは垂れ目風にして下瞼と頬にもコーラルのチークをたっぷりと入れてほしい。

前髪はあってもなくてもいいと思うんですけど、ちょっと大人っぽい雰囲気にしておいたほうが、動画で見たときの愛嬌とのギャップ萌えが際立つんではないかと。見た目は大人っぽい女性が、実は話すとちょっと子供っぽくてセンスが破壊的にダサいとか月9みたいでキュンキュンするじゃないですか……。そのうえ、このキレイなお姉さんはプライベートで顔ハメパネルしては喜んでうっひゃっひゃって言ってるんですよ。

石田(ショーボブver.)が髪を耳にかける仕草とかを偶然見かけ、それが思いのほかセクシーでドキッとするんだけど、「いや、石田にドキッとするとかないない!だって石田だぞ…」みたいな感じで、いたいけな少年の純情を手のひらでクルクルーッと弄んでハロプロに引きずり込んで欲しいですよね。

飯窪春菜(10期)

5モーニング娘ビジュアル

飯窪は160センチと言われなければもっと背が高く見えるほど小顔なので、今までの黒髪ロングを活かしたオリエンタルな雰囲気のままでも良いし、少しモードっぽさを取り入れても良いと思います。

全くモーニング娘。を知らない一般人にアー写を見せると、必ず飯窪を「ビジュアルメンでしょ?」って言うんですよね。私たちのようなファンはもう目が肥に肥えているので、1種のハロプロフィルターを通して飯窪さんを見ていますが、彼女は普通に美人さんなんですよ。すぐ忘れそうになるけど。

飯窪ははっきりいって全く男性人気がないので、今後は完全に女性人気だけを狙う戦略にシフトして市場を探ってみるのが現時点ではベストな戦略ではないかと思います。第二の高橋愛コースを狙うなら、いっそシシド・カフカとかMEG見たいな、ちょっとサブカルっぽさのあるビジュアルにイメチェンした方が人気出そう。

佐藤優樹(10期)

6モーニング娘ビジュアル

佐藤は男顔でパーツが中央に寄っている顔立ちなので、メイクによってガラッとイメージが変わるんですよね…。昨年までは「下がり眉」のせいで野暮ったく見えていたんですが、眉を整えたことで多少芋っぽさが緩和されています。

ただ、今の薄めの前髪は佐藤の顔立ちに似合っておらず、どちらかと言うと貧乏くさく見えます。スタイリストがアドバイスしてあげましょうよこれ。事務所のマネージャーでも良いけど、アップフロントのマネージャーは「何だよその前髪は、このブス!」とか普通に言う奴らだから。ほんっとあの事務所ギルティ……。

あとメイク面では、目の幅が小さいので下瞼に涙袋メイクを施し、下まぶたの目尻にブラウンのアイシャドウを足して垂れ目メイクにすると顔立ちがまろやかになるはず。佐藤は笑うと目がカクカクっとした三角形になるのが難点でしたが、アイメイクで目を丸みのある形に矯正すればMVのアップにも十分耐えられますし、今よりももっとビジュアルは良くなるはずです。

工藤遥(10期)

7モーニング娘ビジュアル

工藤については以前「センターにするなら髪を伸ばせ!」と書いたんですが、昨年終盤ごろからやっと髪を伸ばし始めたようで、ハロステではすでにボブくらいの長さになっていました。ただ、あの顔立ちで譜久村・飯窪レベルのロングにするとちょっと重すぎる感じがするので、工藤はボブ~セミロングくらいの方が似合うかもしれません。

2月20日追記

あ゛あ゛ー!もう切ってるゥ!!

日! 工藤 遥|モー娘。‘16 天気組オフィシャルブログ

小田さくら(11期)

8モーニング娘ビジュアル

小田はモーニング娘。’16において唯一、自分のビジュアルの魅せ方を知っているメンバー。これからも研究を怠らず、さらにビジュアルを磨いていってくれると思うため心配はしていませんが、できれば前髪を作ってロングヘアにしてほしいですね。

かつての吉澤のようにリーゼントっぽいハードなヘアスタイルもハマるので、ガッツリアイメイクでパンキッシュなんかにしてもキャラが立ちそう。このビジュアルすごい良かったので一回きりにするのは勿体ないぞ事務所!

9モーニング娘ビジュアル

この全身からあふれる圧倒的オーラとラスボス感…!シルバーの衣装ばっかり着せてEDMのカッコよさをアピールするんじゃなくて、メイクにも曲のテイストを入れるっって本当に大事。アップフロントはヘアメイクといい衣装といい、ビジュアルを軽視しすぎなんですよ。たらればの話になってしまいますが、2015年にこういうテイストのヘアメイクでシングルリリースしてたら、まだもう少しモーニング娘。’16にも勢いがついていたような気がします。

今のモーニング娘。ってよく「良い子ちゃんばかりで面白くない」って批判されることが多いじゃないですか。OGに素行不良が多いからって、素行が良い子を「地味で面白くない」って批判するのはちょっと違和感があるんですけど、まあ確かに意外性がないというか、結構モーニング娘。’15は超王道で攻めてたのでそう言いたくなる気持ちも分からなくはないんですよね…。

なので、意外性という意味でもモーニング娘。’16は一度こういう、ちょっと「私達ダークサイドに落ちました」みたいなビジュアルでね、かつてのBerryz工房の「WANT!」や「愛はいつも君の中に」みたいな軍隊チックな曲で攻めるべきだと思うんですよ。

だって去年まで品行方正だった女の子が新年早々いきなり黒のボンテージ衣装でリーゼントをキメて「さあ笑え!」って言ってきたらもう惚れるしかないでしょ。Berryz工房が活動休止してからハロプロには悪党ポジションのグループがいないんだよ。ハロプロが薄味になってきてるとか物足りないとか言われるのはきっとそのせいです。

そしてこのダークサイド娘。の中心に鎮座しているのがオダチャン・スカイウォーカーなわけですよ。全身アイドルサイボーグと化してのちに圧倒的な歌唱力でフォースをまとってこう、踊り狂うみたいな…(私は基本的にスター・ウォーズをいろいろ勘違いしている)。もう想像しただけで推せますよね。

たとえ他に推しメンがいても、このダークサイド娘。の小田ちゃんにシルベチカの時みたいな高圧的な目で見下されたら思わず「CD買わせて頂きます!」って気持ちになりますでしょ。というわけで今年のモーニング娘。はこういうダークサイド路線でひとつ、ご検討を。

尾形春水(12期)

10モーニング娘ビジュアル

モーニング娘。’16全員のアー写を並べて見た時に、1番目を引くのは間違いなく尾形だと思います。多分、100人に聞いたら95人くらいは「センターってこの子?」と答えるのではないでしょうか。

今のままでもビジュアルに関してはこのままで十分戦えると思いますので、小春のような「お飾りセンター」としてならセンター抜擢しても良いかもしれません。本当に静止画だとビジュアルがずば抜けてますねー。さすがハロプロNo.1フォトジェニック。

あとはスキル…スキルやではーちん!

野中美希(12期)

11モーニング娘ビジュアル

野中は髪の量が少ないので前髪を作るとスカスカになって一気に清潔感がなくなります。だから前髪は横に流すかいっそアップにしてしまった方が似合うと思いますね。むしろ、小田ちゃんを前髪解禁にして、野中をデコ出し要員にしたほうが良いんじゃないだろうか……。

加えてロングヘアやハーフアップが今ひとつ似合ってないので、ボブにした方が、全身のバランスもスッキリするはず。学級委員長とか図書委員みたいな、しっかり物の才色兼備というキャラ付けにして外見もそのキャラに寄せていけば、もっと野中の個性も光るのではないでしょうか。 「もう~男子~」ってあの顔と声で叱られたいでしょ、みなさん。

譜久村がこういうお嬢様キャラ路線を嫌がったので、そのキャラを野中が継承していけばバラエティでも使い道がありますよね。格付けとか。

牧野真莉愛(12期)

12モーニング娘ビジュアル

牧野は目や鼻、口など1つ1つのパーツが大きいのでどんな髪型・メイクでも似合う貴重なメンバーです。ゴージャスなヘアスタイルにしても、そのインパクトに顔が負けていないのがすごい。猫目なせいか、どこか野性的な雰囲気も持っているので柴咲コウや安室奈美恵のヘアメイクを参考にすると良いのではないでしょうか。

かつての菅谷梨沙子や夏焼雅のように、よほど変な方向に向かわない限り、現状維持でもビジュアルは文句なしの合格点ですね。

羽賀朱音(12期)

13モーニング娘ビジュアル

羽賀もなー……ビジュアルメンになれる素質は持っているんですが、まだ子供だからと周囲が甘やかし、9期10期がスキあらば羽賀の口に食べ物ぶち込んでるので物凄く心配ですね。まずはあれやめさせないと。

今のビジュアルは「黒沢かずこじゃん!」なんて言われていますが、痩せると本当に可愛い子なんですよ。羽賀も鈴木と同じで、まずはダイエット。ヘアメイクうんぬんはそれからですね。

まとめ

アイドルはやっぱり、ビジュアルが良くてなんぼ。生歌がすごいとかダンスがすごいとか、そういうスキルはビジュアルあってこそのものです。パフォーマンス至上主義に逃げず、ハロプロもそろそろ現実を見よう。

しかし、本来ならハロステ内の「ヘアアレンジ」コーナーでこういうのをしないといけないんですよ、事務所はわかってるんですかねこの辺り。ヘアアレンジコーナーでは、「いつもやってるヘアアレンジを紹介します!」じゃなくて、「今日はいま流行しているヘアアレンジやメイクに挑戦します!」という風にして、メンバーに「私ってこんな感じも似合うんだ!」という気づきを与えてあげつつ本人のポテンシャルを引き出す。そして普段とは違うビジュアルを視聴者に見せることで常にメンバーに対して新鮮なイメージを持ってもらえるように仕掛ける。

どう考えてもこういうコンセプトのコーナーにしたほうがメリットがあります。ただメンバーのドアップを提供してファンをニヤニヤさせるだけじゃ、メンバーも成長しないし、そこから何も生まれないでしょう。

You Tubeで番組配信するなら、どういうコンテンツが受けているかマーケティングして利益を生み出すことも考えてほしいですよね。それで後々、動画配信→DVDにしてリリース→書籍化までがワンセットですよ。もちろん、ここでしっかり稼いだ分はコンサートのチケット代を安くするなりしてファンにきちんと還元する。これが商売の基本ってやつだと思うんですけどねぇ……。

SPONSORED LINK

あわせて読みたい



トップへ戻る