新生モーニング娘のリーダー、譜久村聖は名将か愚将か?

モーニング娘譜久村聖

新年、明けましておめでとうございます。モーニング娘。にとっては勝負の節目、2016年の幕が開けましたね!そんな中、モーニング娘。’16のリーダー譜久村聖がまたインタビューで失言し、ファンにボカスカ叩かれています。就任から1年、譜久村聖はモーニング娘。のリーダーとしては名将なのか愚将なのか、私なりに検証してみました。

SPONSORED LINK

譜久村聖は12期メンバーを放置している?

まず初めに見ていきたいのが、2015年4月に「Logirl」に掲載されたインタビュー記事(ソース元)。

このインタビューで譜久村は、「後輩を怒る前に、まずはできる事からやっていきたい。マイクを持つこと自体初めての子もいるので、専門的なことも細かく教えてあげられたら」と語っています。私はこのインタビューを読んで「リーダーのくせに中々悠長なこと言っているな」と思い、少しカチンときました。

12期の教育係は飯窪春菜ですが、飯窪は12期に関しては結構放任主義でそれほど面倒をみていません。このインタビューを読むと、9期もほぼ12期に関してはノータッチっぽいので、実際12期にいろいろ指導していたのは、飯窪を除いた10期・11期メンバーの面々ではないでしょうか。そうして、譜久村が特にリーダーらしきことをすることもなくのんびりと人任せにした結果が、2016年2月号の「月刊エンタメ」で小田さくらが暴露した「(12期に)『なんでわかってくれないの?』って号泣しながら(私が)怒っていました。 」に繋がるのだと思われます。

こののんびりしたリーダーは、関ジャムではさんざん体育会系で上下関係が厳しくてストイックであれだけ佐藤に鞘師が厳しく駄目出ししたにも関わらず、あんな風に怒りたくないし怒られたくないから、他の方法でアプローチをしていきたいんだそうで。しかし、R25の鈴木愛理のインタビューで「譜久村聖はマイクの持ち方を知らない12期に気づけていない」と暴露されているので、言うことに全く説得力がない。

本人も常々「トークが苦手だ」と言っていますが、インタビューの度に言動がフラフラして辻褄が合わなくなるなら、もう12期に関しての指導は教育係の飯窪に完全に任せる方向で徹底した方が良かったのではないでしょうか。12期の指導はすべて飯窪が行っているという形にして、インタビューでもその一点張りで通す。

譜久村さんはリーダーとして12期を注意するんですか?いいえ、12期についてはすべて教育係の飯窪に一任していますというQ&Aのテンプレを用意しておけば、きっと誰も損をせず、逆に株を上げる事もできるはずです。テンプレの理想は、①自分の無能さを認めている、②サブリーダーが支えてくれている、③みんな頑張っているという3点が盛り込まれていること。

譜久村聖リーダーのコメント(理想)

「12期の指導は、全て教育係の飯窪に任せています。私は自分の事で手一杯で、よくメンバーのミスを見落としてしまうんです。飯窪はメンバーをとてもしっかり見てくれているので、細かいところにも気づくことができる。だから私より飯窪から注意してもらった方が12期も『あぁ、見てくれてるんだな』って思ってもっと頑張ってくれると思ったので、『任せても良い?』と、飯窪に頼みました。

適材適所というか、自分にできないと思うことはサブリーダーの2人を頼ったり、他のメンバーに助けてもらいながら、モーニング娘。をまとめていこうと自分なりに努力しています(笑)」

こういうニュアンスのコメントなら、

  • 適材適所で人材を使うことができ、自分の力量を自覚しているリーダー=有能
  • リーダーを支えている有能なサブリーダー2人=評価アップ
  • スキルアップのために指導を素直に聞き、頑張っている12期メンバーたち
  • 13人で力を合わせて道重なき後のモーニング娘。のために努力している娘。たち

を読者に印象付けることもできるでしょう。

別に譜久村リーダーが12期を見てないなら見てないで全然良いんですよ、今の過酷なスケジュールなら自分の事で手一杯になるのも仕方ない。だからそれを素直に言えば良いんですよインタビューでも。ずっとモーニング娘。を推してきたファンはリーダーの苦労を嫌という程知っていますから、後輩メンバーを管理できなくても誰も責めやしないでしょう。

それなのに、いつも変にいい格好しようとして言葉を取り繕うから、内容がチグハグで「何言ってんだこいつ?」となり、ファンにも「無能リーダー」と言われてしまうんです。こうした言動は軽薄に見えてしまうし、こいつ実は何も考えてないな?と映り、結果として譜久村の評価を下げる。そしてその低評価は、いずれグループ人気にも響いてきます。

譜久村の「メンバーとコミュニケーションを取るようになった」発言は嘘?

次に見ていきたいのが、2015年8月、ドワンゴに掲載されたインタビューです。このインタビューの中で譜久村聖リーダーは「メンバーとよく話すようになった。コミュニケーションを多く取るようになった」と言っていますが、これ本当なんでしょうか。インタビューやブログを見る限り、私には生田・10・11・12期以外のメンバー(つまり鞘師と鈴木)とはそれほどコミュニケーションとっていないように思えるんですけどね。

まだ卒業が確定する前、鞘師は譜久村に卒業について相談らしきものをしていたようですが、これも譜久村は「多分しないだろうなと思って」軽くあしらったような発言をしていました(ソース元)。

普通、「会社辞めたいんだけど…」みたいな、ふわーっとした相談されたときの初動って、「もう事務所の人に言った?まだなら2人でゆっくり話そう」とご飯食べながら真剣に相談にのりつつ、心のなかでは「自分から辞めてくれるとかラッキー!ワッフー!」と思っててもまあ形だけは引き止めてみせる、の一択だと思うんですけど、譜久村は「え~何言ってんの~?」みたいな感じで流したんでしょうか。流したんだろうなぁ……。

せっかく相談したのに自分は引き止めてももらえないんだ……と、さぞがっかりして尊敬する高橋愛に相談し、そこでグイグイ背中を押されて「何が何でも卒業する」と意固地になった。そして鞘師はモーニング娘。と譜久村体制を見限ったのかもしれません。卒業決定後に収録した鞘師のインタビューを見ると、同期である9期メンバーへの冷めた態度もそうですが、完全に残ったメンバーに対して恨み言を言っているようにしか聞こえないので、実際はもっと譜久村の態度が酷かった可能性もある。だって鞘師のあれ、もうインタビューじゃなくて呪詛ですよ呪詛。

前リーダー道重の偉大さ

私が今の譜久村に思い出して欲しいのは、「リーダー」という重い重いタスキを渡して卒業していった前リーダー道重のことです。道重のインタビューでよく引用されることの多いビルボード・ジャパンの記事。その中で道重は鞘師へこんな言葉を贈っていましたよね。

鞘師も「エースとして私がひとりで引っ張っていかなくちゃ」 じゃなくって、「ひとりじゃない。9期っていう仲間がいる。後輩たちもいる。私も含めOGの先輩たちも見守ってくれてる。ファンの方たちもいる」って気付いてほしい。忘れないでほしい。自分にはいっぱい味方がいる。その方たちを信じて、安心感の中で頑張ってほしいなって思います。

緊張、緊張の中で頑張る のって本当にツラいと思うし、何言っても頑張るのが9期なら、安心感の中で頑張ってほしい。「ひとりじゃない」って思ってほしいです。

モーニング娘。’14 道重さゆみ卒業インタビュー

道重はリーダーになる前から常に「モーニング娘。のために」という信念を持っていました。鞘師を気にかけフォローしていたときも、不器用な後輩への可愛さもあったでしょうが、その根っこには「やっとの思いでここまで盛り上げたモーニング娘。のためにもセンターの鞘師を支えてあげなければ」という変わらない思いを持っていたはずです。

譜久村が鞘師に相談をされたとき、年齢が近いこともあってきっと「鞘師がいなくなればセンターに立てる」という下心が少なからず芽生えたことでしょう。厳しいレッスンをこなしてやりたくもない握手をしているんですから、センターに立ちたい、もっと歌いたい、ちやほやされたい、と考えるのは当然です。

しかし、この時譜久村が「リーダーとして」鞘師にかける言葉はもっと他にあったのではないでしょうか。譜久村がモーニング娘。のためになるのはどちらか、それを考えて鞘師に卒業をアドバイスしたなら問題はない。しかし真剣に取り合わなかったことも、そうした対応をほのめかすような発言をインタビューですること自体間違っているし、リーダの自覚が足りないと、少なくとも私にはそう思えて仕方ありません。

譜久村は以前、インタビューで「私にはリーダーの素質がない」と言っていました。この時も「自分で言うなよ!」とファンのひんしゅくを買っていましたが……。

たとえこうした発言を聞いたファンが譜久村を「無能なリーダー」だと批判しても、少なくとも譜久村に「リーダー」を託した道重はそうは思っていないはずです。9期は現モーニング娘。’16のメンバーの中で誰よりも多く、そして誰よりも近くで「モーニング娘。のために」孤軍奮闘する道重の姿を見てきたんでしょう。

だからこそ道重は自分が去った後も9期がモーニング娘。をしっかりと受け継いでくれると確信し、そしてあの卒コンで花道をまっすぐ自分の元へ駆けてくる譜久村の姿を見て、ほら!この子にリーダーを任せて正解だったでしょ!こんなに9期は成長したの!これからはこの子たちがモーニング娘。を受け継いでいくんだから何も心配いらないでしょ?と自信に満ちた笑顔で譜久村を迎えたんでしょう。

リーダーというポジションは、メディアで先頭をきって発言をしたり場を取り仕切ったりするだけじゃだめなんです。むしろそういった仕事はサブリーダーにまかせ、リーダーが本当にやるべきなのはメンバーのフォローやマネジャー・事務所との調整みたいな、内側へのアプローチなんですよ。

譜久村に鞘師への対応を失敗したという自覚があるなら、今後はもっと細かくメンバーへのフォローを行ってあげてほしいと思います。今1番そういう言葉を待っているのは同期にハブられ気味の佐藤や過剰なイジりを受けている小田なんじゃないでしょうか。自分を律してモーニング娘。のことを最優先にするのは簡単なことではありませんが、どうか頑張って務めてほしい、それがモーニング娘。’16のファンとして私が唯一、「リーダー譜久村聖」に望むことです。

譜久村聖が目指すべきは「KYな愛されリーダー」

最後に、鞘師卒業後のモーニング娘。’16について言及している部分も見ておきましょう。

-最後に、2016年はどうなっていくと予想してます?道重さんや鞘師さんと叶えられていない夢もあります。また、鞘師さんが抜けたことで、次のエースが注目されます。

そうですね…今までは、エースって言われてた里保ちゃんが抜けて、「次は誰になるのか?」と予想されてると思うんですけど、私たちも、別に「鞘師里保が エースだよ」ってはっきりと言われてたワケじゃないから…。次のエースは誰だ?っていう話しとかもないからわからないんです。

モーニング娘。’15譜久村聖が話す「鞘師卒業」「’16への進化」 | ドワンゴジェイピーnews

私が引っ張っていきます!じゃないところがやっぱり譜久村ですよね。すごく平常運転。インタービューの中ではこの部分が1番「当事者意識ゼロか!」とボカスカ叩かれていて、「もう卒業決まってるから他人事なの?」みたいな憶測を読んでいるんですが、私はこういう「空気読めない発言」をするのが譜久村の個性だと思ってるんですよ。

私は「譜久村聖」という子は、いつも空気の読めない発言ばかりして、いつもぽやーんとしてて、サブリーダーに「本当にうちのリーダーはダメダメで~」といじられて、でもリーダーとして締めるとことはきっちり締めてくれる甲斐性もあるからみんなに慕われている、そういうポジションで初めて「リーダー」という肩書が輝くメンバーだと思っているんです。だから譜久村が無能に見えるのは彼女だけの責任じゃなくて、譜久村をいじらないサブリーダーの2人や他の後輩メンバーの責任でもあるんですよ。

メディアで主に発言を回すのはトーク力がある(ことになっている)飯窪の仕事、そしてそれをサポートしつつ笑えるコメントや合いの手を入れて場を盛り上げるのが、気遣いの出来る生田の仕事、場を見守りながら他のメンバーのフォローにまわり、最後に「モーニング娘。’16をよろしくお願いします!」とまとめるのがリーダーである譜久村の仕事。役職持ちのメンバーは、今後こうしてしっかりと役割分担してそれぞれの個性を活かせるようにするべきなんじゃないんでしょうか。

その中でもし譜久村が空気読めない発言をしたら、すかさず飯窪が「うちのリーダーいっつも空気読めないんですよ~あはは!」と突っ込む。そうすれば譜久村も「ぽんこつだけどメンバーに愛されているリーダー」という印象を与えられるようになるでしょう?

かつて高橋や道重が口にしていた「アットホームなモーニング娘。」っていうのはメンバーが躊躇なくそういう事を言い合える信頼を築いていて、お互いがお互いを引き立てあって輝くことができるチームのことなんだと思うんですけど………。

譜久村聖のいじり方(理想のイメージ)

記者:では最後にモーニング娘。’16のみなさんの今年の目標をお聞かせください。

飯窪:そうですね、じゃあこれはリーダーから!(※壮大なフリ)

譜久村:はい!今年はみんなでアンパンマンに出演したいです!

記者:えっ

他メンバー:えっ

生田:ちょっと!なんでアンパンマンになると!?そこは「次のシングルでも1位を獲りたいです!」とか言うところやん!

譜久村:あっ、そっか!次のシングルでも1位を獲りたいです!

生田:いやいやいや、それ今エリが言ったけん!

飯窪:すいませーん、うちのリーダー空気読めないんですよー!www

譜久村:みずきKYじゃないもん!

記者:(くそかわ…)

こういういじり方ををパターン化しておくと、バラエティでも使えますし、マスコミが面白がってくれればリリイベの度にきっと譜久村をいじってくれるはずです。

兎にも角にも、いまの譜久村が目指すべきは、天然にも関わらずスキルがあり、メンバーにボロッカスに言われることもあるけど愛されていてしっかりとチームをまとめている究極のマイペース男こと嵐の大野くんのようなポジションなのではないでしょうか。

いまの譜久村に必要なのは周囲を見渡せる「洞察力」

あと、このインタービューを読んで譜久村にアドバイスをするとしたら、インタビューではメディアが何を求めているかを素早く察し、それにマッチする回答をしなきゃダメですよ、という事です。

モーニング娘。’14時代はメディアのインタビューでよくキャッチーな見出しが踊っていましたよね。「倍返し」とか(ソース)。あれは、道重がトレンドを強く意識して、メディアが自分たちに何を言ってほしいのかを察した上でコメントしていたからです。つまり、それだけ周囲をよく見ていたんですよ道重は。メディアでコメントを求められることの多いリーダーは、何よりこの洞察力を磨くことが大切。フォーメンションダンスなんて誰も望んでないスキルを磨くよりも、モーニング娘。’16をもっと成長させたいならまずは洞察力を鍛えてください。

上記のドワンゴのインタビューでは、鞘師卒業後の「次のエース」について聞いていますが、聞き手は(というかメディアは)譜久村に「絶対私がエースになる」とか「みんな虎視眈々とセンター狙い出した」みたいな、ギラギラドロドロを匂わせる発言が欲しかったはずです。メディアなんて所詮悪意の塊ですから、そういうゲスいことを言ってネタを提供してくれるアイドルが大好きなんですよ。美味しいネタをくれるなら、大した人気がなくても何度でもインタビューに呼んであげるからね!ってなるんです。

インタビューを利用してイメージ戦略を!

今回のインタビューで、もしも譜久村が「私がエースになる発言」をしないなら、もっとメンバーをアピールするコメントをすることも出来たはずです。ドラマ性を作って一儲けしたいなら、事務所やマネージャーがセンターに推すメンバー(仮に工藤とする)を譜久村に教えておき、インタビューでは知らぬ顔で譜久村が「個人的に、次のセンターを任せたいのは工藤」とか言ってしまえば良いんですよ。

何故ですか?と聞かれたら、工藤が普段いかに努力しているかをアピールすれば良い。棚ボタでセンターを手に入れるより、影で努力してセンターを手に入れたというポイントを全面に出していった方が(たとえヤラセでも)よほどドラマ性があるじゃないですか。モーニング娘。’16として発売するシングルにも箔がつきます。

はっきりいって、鞘師が卒業したあと、モーニング娘。’16は今よりもメディアでの露出は大幅に減るでしょう。今年の中で1番注目が集まる時期は、おそらく鞘師が卒業した直後のこの1月。「みんな次のセンター気になってるんでしょ~?でもまだ教えないよ~」ともったいぶっているとメディアが一斉にそっぽを向き、モーニング娘。’16はあっけなく忘れ去られてしまって、またお得意の卒業&新メンバー加入戦略に出るしかなくなりますよ。

一番注目されている今だからこそ、たとえみっともないと言われても鞘師のネームバリューにあやかって世間にネタを提供しておいたほうが、絶対に得策なんです。事務所がヤラセ台本を書いて譜久村にインタビューで発言させ、イメージ戦略を行うタイミングは今なんですよ!分かっとんのかこらぁ!

強引すぎるかもしれませんが、そうでもしないと本当にモーニング娘。’16の人気が地に落ちて取り返しのつかないことになる。この危機感は、きっと当事者よりも外部からモーニング娘。’16を見ているファンの方が強く感じているのではないでしょうか。

まとめ

譜久村も、トレンドを意識した発言を覚えてくれれば、リーダーとしてかなり確変すると思うんですけど、ちょっと今の状況じゃ難しそうですよねぇ……。

トークが苦手なら予め自分でインタビューのリハーサルやっておくとか、色々やりようはあるので、忙しい中大変だとは思いますがふくちゃんにはこれからも頑張ってほしいと思います。

名将が愚将かでいえば、現時点ではやや愚将寄りなのは否定できませんが、まだリーダーに就任して1年。これから開花するであろう彼女のリーダーシップに期待し、温かく見守りましょう!

SPONSORED LINK

あわせて読みたい



トップへ戻る