黒幕は誰だ?鞘師里保電撃卒業にまつわる陰謀論のすべて

ハロプロロゴネイビー

2015年も残りわずか。今年は研修生昇格組の新ユニット乱立、ハロプロメンバーの電撃脱退&卒業、そしてつんくの総合プロデューサー卒業と話題に事欠かなかったハロプロですが、こうしたニュースが発表されるたび、その裏で暗躍していた「黒幕」の存在をほのめかす陰謀論がファンの間で度々巻き起こりました。今回はその中でもひときわ衝撃的だった「鞘師里保の電撃卒業」にまつわる陰謀論について私なりの意見を述べてみたいと思います。妄想を妄想と割り切って楽しめる方だけご覧ください。

SPONSORED LINK

※この記事を公開するにあたって

モーニング娘。鞘師里保の電撃卒業が発表された2015年10月29日。ニュースでその一報を知った私を襲ったのは衝撃よりも落胆でした。鞘師のあのクソ真面目な性格を考えれば、接触商法にどっぷり浸かった今のモーニング娘。で活動を続けるのは苦痛以外の何物でもないでしょうし、生来のストイックさが年々自分の首を絞め、鞘師を雁字搦めにしているようにもみえました。

「鞘師は10年選手にはならないだろう」という漠然とした予感はあったものの、しかしまさか、たった5年で卒業してしまうとは予想だにもできず。卒業するなら20歳を越えてからだろうと勝手に思っていたので、この「鞘師里保モーニング娘。卒業」の一報は本当に信じられませんでしたし、信じたくありませんでした。

そして、鞘師のブログに書かれた卒業理由や、他メンバーのコメントに一通り目を通すと、これは卒業ではなく実質「脱退」ではないのか?という思いが芽生えました。鞘師里保がモーニング娘。卒業を発表したその夜、衝動に突き動かされてこの「鞘師卒業にまつわる陰謀論」を下書き。しかし、翌朝見返すとそのトンデモ論とも捉えられかねない内容の酷さに自分でも唖然とし、今まで下書きのまま眠らせていました。時間を置き、ちょっと冷静になってから鞘師里保に向け書いた送辞がこちら

このトンデモな「鞘師卒業陰謀論」は、このままボツにするつもりでしたが、もうアップフロントに怒られてもいいやと思い半ばヤケクソな気分で公開に踏み切りました。鞘師里保に肩入れしすぎているムーもびっくりのトンデモ論ですが、こういう見方もあるのかな……くらいに思ってください。

鞘師里保電撃卒業!モーニング娘。と鞘師卒業にまつわる陰謀論のすべて

モーニング娘鞘師里保
出典:http://www.helloproject.com/rihosayashi/

今年、ハロヲタに最も衝撃を与えたモーニング娘。の圧倒的センター・鞘師里保の電撃卒業発表。2016年のカレンダー撮影済み、そしてインタビューでもまだまだモーニング娘。を続けたいという旨の発言をしていたあの鞘師里保が、あの鞘師里保が!ダンス留学のためにモーニング娘。卒業を決めた、というのは一言で言い表すなら「不可解」以外の何物でもありません。鞘師を卒業に追い込んだものは一体何だったのでしょうか。

1、モーニング娘。の環境への不満?

モーニング娘。は、以前からハロプロのフラッグシップとしてCDの売上如何に関わりなく、あらゆる面で事務所に優遇され続けてきたグループです。そのため、研修生昇格組の中にはモーニング娘。昇格をゴールと勘違いする者も多々おり、その姿勢が怠慢という形でダンスや歌唱面に現れていたことは否めません。

鞘師里保はアクターズスクール広島出身のサラブレッド。ダンスや歌に関しては、子供時代からかなり高いレベルを見据えてレッスンしていた過去があります。高橋愛、新垣里沙、田中れいな、そして道重さゆみを見送る度にセンターとしての重圧を背負いなおし、モーニング娘。の看板を守るため、個人奮闘していたのはファンなら誰でも知っている事実。

そうした中、ぬるま湯の中でスキルアップをしようともしない「仲良しグループのモーニング娘。’15」に嫌気が差し卒業を決心したのだと考えても、何ら不思議ではありません。現に今のモーニング娘。のダンスはAKBを馬鹿にできないほどお粗末なものです。年々ダサくなり続ける振付け。5年も在籍していながら一向に歌唱力がアップしないメンバー。ぶくぶくと太り続け、テレビで下品なモノマネをするメンバー。日和見で一向に頼りにならないリーダー。こんな環境では自分の才能が腐る!と悟った、だからモーニング娘。を卒業するのかも。

2、事務所のモーニング娘。’15冷遇が原因?

2015年に入ってから、事務所がこれまで電通に頼んでキテルキテル詐欺を仕掛けていたモーニング娘。の勢いがピタリと止まりました。そして事務所がモーニング娘。と入れ替えるようにして露骨なゴリ推しをはじめたのが、℃-uteとアンジュルムです。こうした動きは、おそらく事務所と「穏便ではない」別れ方をしたつんくへのあてこすりだという声もあります。

つんくはモーニング娘。の生みの親であり、メンバーにとっては父のような存在です。メンバーには、いちプロデューサー以上の深い愛情をもって接しており、時にはフォローをし合う仲。メンバーもその父性を慕っていました。今年の9月、つんくはハロプロからのプロデュ-ス卒業を公表しましたが、事務所からはメディアへの正式なリリース等は一切ありませんでした。つんくの著書発売のタイミングで、このような事実が明らかになるというのは、さすがにちょっと胡散臭いですよね。

事務所が今年になってモーニング娘。を冷遇しはじめたのは、つんくへの意趣返しなのでは?という見方もあります。℃-uteやアンジュルムはすでに外部からの楽曲提供を受けており、「つんく色」を払拭しようとして逆に迷走。今のアップフロントは女性ファン獲得に躍起になっているので、女子受けの良い℃-uteやアンジュルムを推していった方が遥かに利益があると考えたのかもしれません。こうした一部グループが優遇される一方で、モーニング娘。’15にはあからさまな冷遇措置がとられはじめたわけです。

モーニング娘。58枚目のシングル「青春小僧が泣いている」、このMVには怪我離脱した鈴木の代役としてJuice=Juiceの宮本佳林が参加しています。普通ならまず考えられないことですが、この事務所は宮本にわざわざソロリップシーンを与え、MVでも宮本を一番目立たせるような編集をしました。鈴木香音にはソロリップのカットさえ与えずに。

そして、ハロプロダンス部ではカントリー・ガールズの稲場愛香をセンターに据え、鞘師里保をサイドに追いやる。鞘師里保のソロラジオ「りほデリ」まで終了させ、明らかに鞘師向きでないヤンタンのレギュラーパーソナリティに左遷して、その精神的負担を倍増させました。

鞘師の精神状態が不安定になり、体に変調をきたしはじめたのもヤンタンのMCに抜擢されはじめた頃です。後輩である飯窪を異常なほど褒めまくる明石家さんま、そしてその扱いに満更でもなさそうな飯窪のコンビに挟まれる鞘師のストレスはどれほどのものだったのでしょう。

事務所は鞘師里保卒業を美談に仕立て、神格化して一儲けするつもり?

鞘師里保冷たい風と片思い

公式発表によると、鞘師はダンス留学後もハロプロに残るとのこと。鞘師の卒業で事務所もいくらか損失を被ったでしょうに、よほどこの金づるを手放したくないようですね。

卒業発表から年末までの2ヶ月弱、鞘師はメモリアルDVD発売、モーニング娘。’15としてのラストシングルリリース、単独イベントとバスツアー開催を予定しています。卒業のご祝儀という名目で、ファンから金をむしり取るだけ取ってやろうという事務所の必死さが伝わってきますね。こうしたイベントは、鞘師が自分からマネージャーに「やらせてください!」と訴え、事務所がその情熱に絆されて開催決定したそうですが本当なんでしょうか。私には、鞘師の卒業をお涙頂戴の美談に仕立て、感動エピソードを捏造してファンの財布の紐を緩めようと画策しているようにしかみえません。

だって考えても見てください?アップフロントは関ジャム出演時、わざわざやらせ台本を使って「ちっちゃいよ、声が!」と鞘師に言わせたような事務所ですよ?どうせ今回も円満卒業をアピールし、感動エピソードを捏造し、道重同様、鞘師を神格化して一儲けする算段でもしているんじゃないですか?あらゆる手を使って鞘師里保の卒業を美談に仕立てれば、それだけでファンがメモリアルDVDをバンバン買ってくれるんだから楽な商売ですよね。

まとめ

鞘師の卒業に関してはファンの間でもさまざまな憶測が飛び交っています。接触商法への不満、スキルアップできないぬるま湯環境への不満、メンバーとの不仲、事務所のモーニング娘。冷遇、つんくのプロデュース卒業……鞘師が卒業を決断するには、どれも十分すぎる理由のように思えます。

本人やハロメンはこの「卒業」を前向きにとらえているようですが、私にはハロプロ暗黒期突入への序章にしか思えず、鞘師自身の前途に関しても、やはり順風満帆とはいかないのではないかと心配です。鞘師はモーニング娘。OG達と違い、現役時代の暴露話をペラペラとメディアで話すような子ではありません。つまり今回ご紹介した「陰謀論」の真相は藪の中、真実は当人のみぞ知る。

SPONSORED LINK

あわせて読みたい



トップへ戻る