生理前のPMS・PMDD改善に効果あったアイテム

PMSの症状改善に効くアイテム_アイキャッチ

女性ならほとんどの方が経験したことあると言われている生理前の不調。症状としては無気力やうつ、思考力の低下をはじめ、腰の鈍痛や腹痛、肩こりの悪化など実にさまざまです。

SPONSORED LINK

PMS(月経前症候群)とPMDD(月経前不快気分障害)の違い

生理前の不調にはPMS(月経前症候群)とPMDD(月経前不快気分障害)がありますが、この違い、素人にはかなり分かりにくいですよね。定義としては、身体の不調はPMS、うつに似た精神的不調が強ければPMDDという診断のようです。

【PMS(月経前症候群)の症状】

  • 胸のハリ
  • 肩こり
  • 身体の倦怠感、微熱

【PMDD(月経前不快気分障害)の症状】

  • 無気力
  • 激しい気分の落ち込み(うつ症状)
  • イライラ

私が毎月死にたくなるほど苦しめられているうつに似た無気力状態は、この症状の分類だとPMSでなくPMDDのほう。

平常時は落ち着いているのに、生理前一週間~二週間になると、急に気分が落ち込んで何も手につかなかったり死にたくなるほど無気力になる。PMDDになるまでは「うつ病は甘え」と思っていたんですが、確かにこれは仕事どころか生活にも支障が出るわ……と、その症状の重さを実感しました。PMDD期間突入すると、本当に気分が沈み過ぎて自殺を考え始める。

それから破壊衝動もすごい。PMS・PMDD期に犯罪に走る女性が多いというのも頷けます。本当に感情が死ぬため、人を傷つけてもなんとも思わなくなる。この時期はかなり自分優位の感情に操作されている気がします。まあ、自覚があっても対処できないのがPMDDの厄介な所なんですけれども。

私がこれまで経験したPMDDの症状たち

私が生理前のPMDD期に体験した症状は以下のようなものです。身体より精神的不調の方が大きく、何も手に付かない廃人みたいになっていました。

1、思考力の低下

PMDD期に入ると、それまで普通にできていたことが突然出来なくなります。特に予兆があるわけでもなく、ある日起きたらパチっとスイッチが代わったように何もできなくなる。そのしで、初めの頃はものすごく戸惑っていました。PMDDだと気づくまで、ずっとこの思考力の低下は「うつ病」から来ているものだと思ってたくらい。私が体験した思考力の低下、具体的には以下のような症状でした。

  • 書類作成をする際の文言が全く頭に浮かんでこない
  • クライアントに返信するメールの文面が書けない(文章が浮かんでこない)
  • 付箋に「折電先」をメモするときの文章(30文字ほど)まで支離滅裂

こうした症状のせいで書類作成時間が通常の2倍になり、その日のうちに終わらないから残業をし、結果身体に疲労を溜めて寝不足がまたPMDDを悪化させる……まさに負のスパイラル!

PMDDの影響で思考力が低下している場合は、「効率が悪い」と割り切り、書類作成業務を手の空いている方に頼む方が良いかもしれません。実際、当時の私は書類作成を同僚に頼み、頭を使わなくていいルーティン作業と交換してもらっていました。書けないストレスはPMDD悪化にも繋がりますし、出来ないものは出来ない!と割り切って頭を下げるのも大切だと、当時はつくづくそう思いました。

2、無気力

PMDD期になると、毎日ものすごい無気力感に襲われ廃人のようになります。この「無気力」がとても厄介で、他の精神病と見分けがつかず素人だとPMDDと気づかない。仕事や家庭の悩みを抱えていたら、これは悩みからくる無気力なんじゃないか……と疑ってしまうでしょう。

私は月経を迎えると無気力感がピタッと消えたため、この無気力感はうつ病ではなくPMDDだ!と確信が持てました。しかしPMDDの期間は個人差があります。期間が長い人はどうしても、うつとPMDD症状の見分けがつかないと思うんですよね。過去にうつ病を発症した経験があれば、なおさらです。PMDDからくる無気力状態に関しては、自己判断下すより心療内科を受診した方がよいと思います。

PMDDが婦人科ではなく心療内科を受診する理由

世間一般では「PMSもPMDDも受診するのは婦人科」のイメージですが、心療内科の方が安心です。婦人科だとPMS、PMDDと診断されても低用量ピルくらいしか処方してくれませんが、心療内科だと処方箋も豊富で色々なアプローチが可能になります。

以前、産経新聞に「月経前不快気分障害『PMDD』鬱の一種、薬で治療が可能」という記事が掲載されました。この記事の中に、PMDDは服薬で治療できる旨の記述があったので、当該部分を以下に引用します。

PMDDの治療は服薬が一般的だ。「基本的に服薬による治療を行えば、PMDDは治る病気」(山田教授)で、セロトニンの減少を抑える治療薬を使う。服薬期間と量は個人によるが、毎月、月経の始まる2週間前から月経が始まって症状が出なくなる時期まで服薬する。完治までは個人によるが、薬で症状を完全に抑えた状態を最低1年は続けるといい。

(引用元:https://www.sankei.com/life/news/131105/lif1311050027-n2.html)

私の経験上、心療内科を受診すると副作用の少ない漢方系の薬を出されるケースが多いように思います。病院にかかったほうが安心なのは間違いありませんが、治療費・薬代などある程度の出費は覚悟しておかなくてはなりません。

3、疲労感

平常時であれば、帰宅後もパソコンで作業をするくらい余力があるのに、PMDD期に入るとすぐにベッドに直行コース。何もできないし、やる気も起きない、それくらい疲れやすい体質になります。月経前、強い眠気に襲われる女性は多いですが、私は眠気よりも倦怠感が強い体質。手をあげるのも億劫になるくらいの疲労感に常に付きまとわれていました。そして、疲労感からくる気分の落ち込みで死にたくなるという……こうなるともう完全に打つ手なしです。

PMDDの症状に効いたのはビタミンEとビタミンBのサプリ

PMDDの酷さに耐え切れなくなったので、症状改善に効果ありそうなアイテムを色々試しました。その中で、かなり効果があったのはビタミンEとビタミンBのサプリ。この2つは同時期に飲み始めたのですが、飲み始めてから3日くらいで無気力感と思考力の低下が(軽度ですが)改善されました。

私が飲んでいるサプリは、ビタミンEもビタミンBもDHCのものです。定番ブランドですが安価で含有量も多く、コスパを考えるとどうしてもDHCのサプリに行き着く。持ち歩くときにかさばらないパッケージも良いですよね。

PMDDには、ビタミンEとビタミンBの他に、ビタミンCやカルシウムも効くと言われています。私はDHCの回し者でも何でもありませんが、こうしたアプリも併せ飲んでおくと、PMS・PMDDの症状がさらに軽くなるかも。

PMDD期間の食事をタイカレーにしたら、無気力が少し改善!

自分でもびっくりしたのが、食事を毎食カレーにした途端、PMDDの無気力症状が少し改善したことです。いろんなスパイスが入っているカレーはうつ症に効くと言われており、「じゃあPMDDにも効くんじゃないか」と半信半疑で試してみたら非常に効果がありました。食べていたのは、大量のスパイス使っていそうなイナバのタイカレー(イエロー)。

生理前、ソファでごろごろして「死にたい~死にたい~」状態だったのが、集中して本を読めるレベルにまで回復します。PMDD期間の無気力状態は集中力も散漫になりますよね。普通に考えれば、そんな時期に本など読めるはずがない。しかしタイカレー食べると、本の内容がきちんと頭に入ってくるレベルにまで回復。自分でもびっくりです。PMDD期に突入したら、騙されたと思って「イナバのタイカレー」を試してみてください。

全く効果がなかったPMDD対策

1、命の母ホワイト

パッケージに「生理症状を改善する」と書いていますし、twitterでもPMS・PMDD対策として命の母ホワイトを飲んでいるという女性が多かったので試しに購入。1日目は「もしかして効いてる?」と思えるくらい無気力感が改善された(気がした)のですが、2日目からは全く効果を実感できませんでした。

2、日清オイリオ ヘルシーEを毎日大さじ3杯飲む

PMS・PMDDの改善に役立つと言われている主な栄養素は、ビタミンEとビタミンB。女性ホルモンの分泌を促すビタミンEを摂るために、食用油である日清ヘルシーE 日清オイリオを毎日大さじ3杯~5杯飲んだこともあります。ヘルシーEには、大さじ1杯(約14g)に8mgのビタミンEが含まれているとのこと。

スプーンにすくってそのまま飲むと吐きそうになるので、100mlのインスタントスープに混ぜて毎日飲んでいました。が、効果はイマイチ。1週間ずっと飲み続けていましたがあまり体調の変化はありませんでした。そのうちスープを用意するのが面倒になったのでサプリでビタミンEを摂取する方法に変更。ヘルシーEはお役御免となりました。

3、規則正しい生活

PMS・PMDDについて調べていると、必ず「改善するためには規則正しい生活を送りましょう!」という一文を見かけます。規則正しい生活習慣とは、バランスのとれた食事、8時間睡眠、毎日ちゃんと湯船に浸かるといったもの。私は仕事の都合で、普段はどうしても生活が不規則になっていました。そのせいで「この不規則な生活習慣がPMDDを悪化させているのかも?」と考えたことも。

しかし、ビタミンEとビタミンBそしてタイカレーを食べてPMDDの症状が改善したのを見ると、生活習慣の良し悪しが精神的な不調に影響を与えているとはどうしても思えないのです。もちろん、この先もずっとそうだという保証はありませんが、生活習慣を見直すためにアレコレ苦心するくらいなら、毎月数百円払ってサプリを飲み続ける方が私の性には合っている。

総括

PMDDを根本から改善しようと思えば、医療機関で治療を受けた方が良いのは間違いありません。間違いないのですが、時間もお金もない私は今後もサプリとカレーでやっていこうと思います。

私は当分病院のお世話になる予定はありませんが、PMS・PMDDは症状が複雑なものも多いですし、精神的落ち込みから「うつ病」を併発することもあります。自分で対処することが難しくなったらまずは心療内科、その後で産婦人科の受診を検討してみてください。

SPONSORED LINK

あわせて読みたい

トップへ戻る