努力を一切せず「ながら習慣」だけで指を長くする方法

指を伸ばす方法アイキャッチ

綺麗な手の条件、その第一位は「長くスラっとした指」。指の長さは生まれつき……ではありません!指の筋肉を刺激してあげれば、年齢に関わりなく伸ばすことができるんです!今回は私が試した中で「これは指を伸ばすのに効果があった!」と思う方法をご紹介。

SPONSORED LINK


1、普段から大きめのマウスを使う

指を伸ばすには、筋肉を刺激してあげることが大切。しかし、毎日欠かさずハンドマッサージ!みたいなやつは長続きしませんよね。大体3日目くらいで「めんどくっせ!」となる。

なので私は、パソコンのマウスを大きめサイズに変え、作業しながら手の筋肉も刺激するという「ながらマッサージ」を行っていました。家電量販店は、手にスッポリに収まるSサイズから、どう見ても巨人向けだろと思うようなLLサイズマウスまで、幅広いサイズのマウスを揃えています。マウスのサイズをLLに変えると自然に指を目一杯開く癖がつき、作業しながら手の筋肉を刺激することができます(下図)。

指を伸ばす方法1

ただ、大きめマウスはやはり小回りがききません。IllustratorやPhotoshopのようなグラフィックソフトを操作する時は、かなり使いにくい。大きめマウスを力づくで動かしていると腕も疲れてきますし、時間がない時は相当イライラします。

そのため私は「作業によってマウスを使い分ける」という方法を採用しました。IllustratorやPhotoshopを使うときはSサイズのマウス、ネットサーフィンをするときはLLサイズ、といった具合にマウスを使い分け、腕の疲れを最小限にしつつ、指の筋肉を刺激してやるわけです。指を伸ばしたい方はぜひ試してみてください。頻繁に指をかっ開くようにすると、血流が良くなり、むくみも解消します。

2、ながらエクササイズで指を長くする

私は学生の頃からギターを始めたんですが生まれつき親指が短く、ネックが上手く押さえられませんでした。そこでギター教則本に載っていたこの「指を伸ばすエクササイズ」を日課にしたのです。このエクササイズ(マッサージ?)、超がつくほど簡単なので、指を長くしたい方は試してみてください。

  1. まず、伸ばしたい指をチョキの形にします。
  2. 人差し指と中指をアゴに押し当て、そのままソイヤッと押し込んでいきます。この時、指の水かき部分がやや痛いと感じるくらいがベスト。ゆっくりと押し込んでいくと、必ず「もうこれ以上は押し込めない!」という箇所があるので、そこで30秒ほどキープ。
  3. 親指と人差し指、中指と薬指など、全ての指で同じエクササイズをしたら、最後に軽く手をマッサージして血行促進。たったこれだけです。

アゴに指を押し込むときのイメージ画がこちら。アゴでなく、太ももや腕でもかまいません。

指を伸ばす方法図解2

即効性はありませんが、毎日続けていると確実に指が伸びます。私が「明らかに指が長くなっている!」と実感できたのはエクササイズを始めてから3ヶ月後。左親指が右親指より長くなっていました。

「より早く指を長くしたい!」という方は、仕事や勉強の合間、テレビを観ているとき、ネットサーフィンしているとき、本を読んでいるとき、常にこのエクササイズを行なうようにしてみてください。片手が空いているときは常に、チョキの形にした指を太ももや顎といった身体の一部に押し付けるようにすると、短期間で指を伸ばすことができるかも。

3、マニキュアパッドを使う

マニキュアが肌につかないようにするマニキュアパッド(トゥセパレーターともいう)。このパッドをはめたまま眠ると、指と指の間の水かき部分が少しづつ広がり、結果的に指が長くなります。

指を伸ばす方法図解3

普段から指を目一杯伸ばしたまま生活するのは、中々至難の業。しかし、強制的に指を広げ、筋肉を刺激してくれるマニキュアパッドを使えば、指を伸ばすことも難しくありません。

今回ご紹介した「指を伸ばす方法」には、やり過ぎたら指の節が太くなるといった副作用はありません。むしろ、手の血行が良くなり、むくみ解消にもなるなど、メリットの方が多いくらいです。指を長くしたい方はぜひこうした「ながらマッサージ・エクササイズ」を生活に取り入れてみてください。やってみると確実に指が伸びますよ。

SPONSORED LINK

あわせて読みたい



トップへ戻る