努力を一切せず「ながら習慣」だけで指を長くする方法

指を伸ばす方法

綺麗な手の条件といえば、なんといっても長くスラっとした指!指の長さは生まれつき……ではなく、指の筋肉を刺激してあげれば年齢に関わりなく伸ばすことができるんです!今回は実体験から「これは指を伸ばすのに効果があった!」と思う方法をご紹介。

SPONSORED LINK

1、普段から大きめのマウスを使う

指を伸ばすにはまず筋肉を刺激することが大切。筋肉に刺激を与える方法として思い浮かぶのはハンドマッサージですが、毎日マッサージするのって大抵長続きしませんよね。3日目くらいで「めんどくっせ!」となる。

そこで私が思いつき実行していたのが、パソコンのマウスを大きめサイズに変えること。市販のマウスは手のひらに収まるミニサイズから、片手に余るくらい大きなL~LLサイズまで用意されています。マウスをLサイズに変えると自然に指を目一杯開く癖がつき、作業しながら手の筋肉を刺激することができる!

ただ、大きめのマウスはやはり小回りがきかないので、IllustratorやPhotoshopで細かい作業をする時は使いにくい。この辺りが唯一のデメリットでしょうか。大きめのマウスを力づくで動かしていると腕が疲れてきますし、時間がない時はかなりイライラします。結局、指を伸ばす方をとるか、使用感を取るか、という感じですね。

もし可能なら、作業によってマウスを使い分けてみてくだい。IllustratorやPhotoshopを使うときはS・Mサイズのマウス、ネットサーフィンをするときは大きめのL・LLサイズといった具合にマウスを変えると、腕の疲れを最小限にしつつ指の筋肉を刺激できるはずです。

※Lサイズのマウスは3千円前後で購入できます。

2、エクササイズで指を長くする

私は学生の頃からギターを始めたんですが生まれつき指が短い方で(特に親指)、ネックの上から6弦を押さえる事ができず、いつもイライラしていました。そこで毎日左手だけ欠かさず指を伸ばすエクササイズを実行。効果があったのか、今は左手の親指だけが妙に長くなり、見るたびにOh……と微妙な気分になります。

このマッサージ、超がつくほど簡単なので、ぜひ指を長くしたい方は試してみてください。

  1. まずは、伸ばしたい指をチョキの形にします。
  2. 人差し指と中指を顎に押し当て、そのままソイヤッと押し込んでいきます。この時、指の水かき部分が少し痛いと感じるくらいの力加減がベスト。ゆっくりと押し込んでいくと、必ず「もうこれ以上は押し込めない!」という箇所があるので、その箇所まで押し込んだら30秒ほどキープ。
  3. 親指と人差し指、中指と薬指など、全ての指で同じエクササイズをしたら、最後に軽く手をマッサージして血行促進。たったこれだけです。

指を押し込むのは顎でなく、太ももや腕でもかまいません。イメージとしてはこんな感じ。

1指を太くする方法

即効性はありませんが、毎日続けていると確実に指が伸びます。私が「明らかに指が長くなっている!」と実感できたのはエクササイズを始めて3ヶ月後でした。

より速く指を長くしたいなら、仕事や勉強の合間、テレビを見ているとき、ネットサーフィンしているとき、Kindleで電子書籍を読んでいるときなどにエクササイズを行なうことです。片手が空いているときはチョキの形にした指を太ももや顎など身体の一部に押し付けるよう、意識しながら暮らしてみてください。

SPONSORED LINK

3、マニキュアパッドを使う

マニキュアが肌につかないようにするマニキュアパッド。このパッドをはめたまま眠ると、指と指の間の水かき部分が少しづつ広がり、結果的に指が長くなります。

普段から指を目一杯伸ばしたまま生活するのは、中々至難の業。しかし、強制的に指を広げてくれるマニキュアパッドを賢く使えば、簡単に指を伸ばすことができます。

大きめマウスやマニキュアパッドの使用、そしてエクササイズは、やり過ぎたからといって指の節が太くなるようなこともありません。むしろ、手の血行が良くなってむくみ解消になるなどメリットの方が多いくらいです。指を長くしたい方は、ぜひ試してみてくださいね!

SPONSORED LINK

あわせて読みたい



トップへ戻る