はてな運営に「強制的にグロ記事見せるのやめて!」と抗議してきました

数日前からはてなブログトップに、事故物件体験記(※グロ記事)が「おすすめ記事」として表示されていました。この件で先日はてなに抗議しました。

SPONSORED LINK


グロ記事を強制的に見せてくる、はてな

前述したグロ記事というのは、「自分の住んでいたアパートの隣人が◯◯遺体で発見された」というタイトルのものです(※念のため伏せ字にしています)。損傷した遺体の様子、警察による遺体回収の一部始終などを直接的かつ生々しい表現で書き綴っており、為になる内容ではあるのかもしれませんが、そこそこにグロい。

どんなグロテスクな記事を書こうが、それはブロガーの自由です。しかし、このようなグロ記事をはてなブログのトップページに掲載し、あまつさえ「おすすめ記事」として強制的に見せてくるのはどうなんだと。

たとえば記事タイトルが「【閲覧注意】入居してる隣の部屋が事故物件になった」くらいマイルドなら、ユーザーもおおよその内容を予想し事前回避できるでしょう。直接的な表現(◯◯遺体)などを含まず肝心な部分はボカしているので、タイトルで不快感を与えることもないはずです。

しかし、何気なくはてなを開いた瞬間「自分の住んでいたアパートの隣人が◯◯遺体で発見された」が目に飛び込んできたら、誰でも「エッ」と思い、不快感を覚えるのではないでしょうか。まあ一番の問題は、こういう記事を平然とトップページに掲載するはてなのフィルタリングなんですけど。

SPONSORED LINK

ということで、抗議します

さすがの私も「ちょっとこれはあんまりな仕様だな……」と思ったので、先日はてなの問い合わせフォームから抗議しておきました。食事中にはてな開いてグロ記事が目に飛び込んできたら、いくらなんでも不快すぎるでしょ。

この記事の筆者はグロ記事がバズったら続編を書いて荒稼ぎするタイプっぽいので、今はてなに抗議しなければ今後さらにエグい記事がおすすめ記事に表示されるかもしれない。というわけで、「グロ記事は今後おすすめ記事に表示しないでください」という要望をオブラート10枚くらいに包んで、はてなに伝えました。

当該記事は遺体の様子などを直接的かつ生々しい言葉で表現しており、閲覧者に著しい不快感と衝撃を与える可能性がある。はてなトップを開いた瞬間、強制的に「◯◯遺体」という記事タイトルを見せられるユーザーの心情も何卒ご考慮ください、という内容を送り、ただいま返信待ちです。

ユーザーが自分でフィルタリングできれば良いんですが、それができない以上、Googleが言うところの「下品なコンテンツ」に抵触しそうな記事ははてなトップのおすすめ記事には表示して欲しくありませんね。

SPONSORED LINK

あわせて読みたい