読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よなかのはなし

http://www.hiroseyonaka.com/

ハロヲタからタダでアイデアを搾取するアップフロントが最高にゲスい

f:id:hiroseyonaka:20170331111831j:plain

今日、情報収集のため狼板に行ったら、アップフロント関係者と思われる人物が市場調査と銘打ったスレを立ててました。「誰のどんな企画のDVDだったら買いますか?」とか、お前らまだそんなことやってんのかよ。

まーた始まった!アップフロントのネット乞食

アップフロントが市場調査目的でスレを立てるのは、これが初めてではありません。以前も狼板にスレ立てし、ウルフボーイとウルフガール相手に「ネタを寄越せ!」とネット乞食してましたよね。事務所ぐるみなら呆れて物が言えないし、個人の判断でやったなら、こいつの人事評価ガッツリ下げとけよ西口社長。

 

最近だと、アンジュルムの新曲リリース時にツイッターで「#アンジュルム新曲発売」をトレンド入りさせてください!とアンジュマネがかなりクソな呼びかけをしたこともありました。あまりの図々しさにカチンときたため、当ブログでは「今のハロプロはただのネット乞食」と題した記事を書いて、「この事務所にしてこのファンありだな!!(意訳:やる方もクソだが乗る方もクソ)」とブッ叩いといたけど。

 

アップフロント関係者が立てたと思われる今回のスレ、サクッと落ちるかと思えば意外に書き込みがあるようで、アホ丸出しなウルフボーイとウルフガールがかなり真剣に「こんな企画が見たいです!」と訴えているらしいんですよ。もう、どいつもこいつもアホすぎて笑えてきますよね。なんであの板の住人は、こんなスレに対し真剣に答えてやってんの?「そんなもん自分で考えろ」つって、サクッとスレ落とせよそこは。自分たちで自分たちの首絞めてる自覚さえなさそうだし、いくらなんでも頭悪すぎる。こんなファン層なら、そりゃハロプロもオワコンになるわ。

 

狼板での市場調査スレ→ハロプログッチャグチャフラグ

まず、私がなぜこれほどアップフロントのスレ立てにキレているのか。それは、こんな乞食行為が常習化すればハロプロがいずれグッチャグチャになり、2年後3年後瓦解するのが目に見えてるからです。

 

あのスレに書き込んだハロヲタよ、今後の展開をちょっくら想像してみ?

今回スレ立てしたアップフロント社員を、仮に「社員A」としましょう。社員Aは、今後ハロプロで制作するDVDコンテンツの企画を思いつかず、狼板の住人に「お前らの見たい企画をDVDにしてやるから市場調査させて~」と、一見、助けを求めるふりして実際は「無償でアイデアを寄越せ!」と言ってきてるわけです。

 

アホなハロヲタは「まじで!まじで!」と社員Aの企みに気づかないまま、アホ丸出しでアイデアを提供する。言っときますが、当然無償でですよ。無償で。社員Aは書き込みの中から使えそうなアイデアを抜き出し、それを正規企画案として採用する。会議でこの企画案が通れば、そのまま企画案を元に映像コンテンツが制作され、DVDにパッケージされてリリース。

 

もしDVDが売れれば、社員Aの人事評価はうなぎのぼりです。「社員A君、よくこんな企画思いついたね!さすが私の見込んだ男だ!どうだひとつ娘の婿にならんかねガハハ!」「仕事のできる男って素敵!社員Aさん、抱いて!」「社員A!」「社員Aさん!」「社員A先輩!」「「ワーッショイ!ワーッショイ!」」

 

……そんな評価に気を良くし、すっかり味を占めた社員Aは、その後も狼板に同様のスレ立てを行いネット乞食を続けていくはずです。だって、企画はすべてハロヲタに考えさせ、自分は楽して稼げるんだから辞める理由はどこにもありませんよね。

 

ハロヲタが考えたアイデアをパクって自分の手柄にし、コンテンツを次々続々と量産し続けた社員Aは、やがてその功績を認められ役職に就くでしょう。大して能がない人間が役職に就き、権力を手にして浮かれた挙句、好き勝手暴れまわるとどうなるか……今のハシプロを見ていればその先は想像に難くないと思います。

 

社員Aは、自社アイドルに愛情を持っているわけでもなければ、バリバリ仕事ができるわけでもない。そもそもDVD企画すら禄に思いつかないような人間に「ハロプロをこんな風にしたい!」という明確なコンセプトがあるはずもないので、たとえ役職に就いたとしてもハロプロの舵取りができず、どうせ糸の切れた凧のようにあっちへフラフラこっちへフラフラ……。最終的に電柱にぶつかり、文字通りの「炎上」で、全てサラッと終了です。

 

社員Aの浅知恵に乗っかり、あんなスレにホイホイとアイデアを書き込んでるアホはその炎上の片棒を担いでるんですよ。「ハロヲタ=見返りなしに何でもしてくれる奴ら」と社員Aに認識されれば、今後さまざまな特典が減らされ、グッズがショボくなる未来も待っています。少しでもそういう自覚あんのか、あのアホどもは。

 

アイデアをファンに聞く、とかいうアホ丸出し行為

私は元々、イベントの企画などをやっていた制作畑の人間なので、コンテンツやキャンペーンにおける企画案の重要さは身に染みて分かっているつもりです。もちろん、それに伴う「産みの苦しみ」も。他部署(特に営業の奴らとか)には「企画の人たちって楽そう」なんて言われますが、見た目以上に大変なんですよ制作っていうのも。その証拠に制作部署の人間、ストレスでみんな禿げてるからな。

 

しかし、大変だから、アイデアがないから、思いつかないからと、それをファンに聞くなんてプロのやる事か?曲がりなりにも給料貰ってる人間なら、競合を分析したり、様々なコンテンツを研究して企画案を出すべきであって、「アイデアが浮かばないからファンに聞くわ!」って発想自体がもう馬鹿丸出しです。市場調査って便利な言葉だな、おい!

 

企画制作は1番金を生む重要な部署なのに、こんな人間しか採らないからアップフロントはいつまでも何してもド三流のままなんですよ。西口社長はズッキよりこういう人間を先に切れ!ハロプロは昔から、事務所もファンも自分に甘すぎるわマジで。

 

市場調査をするときは然るべき手順を踏め!

企業が自社サービスを利用する顧客に大して市場調査を行うときは、いくつか方法があります。たとえば、モニター会社を通じてネットアンケートを出す、あるいはアンケート座談会を開く、などなど。こうした市場調査には、必ず謝礼が用意され、謝礼があることでモニターは有益な情報やアイデアを積極的に提供してくれる。つまり、win-winの関係がきちんと成り立って、はじめて市場調査も成立するんです。

 

それに比べ、アップフロントが今回行なった市場調査のアホさよ。名乗りもしない、謝礼も出さない状態で市場調査もクソもないんだが?こういうのは市場調査じゃなく、ただのネット乞食と言うんだが?それにハロヲタも「楽したいからお前らでアイデア考えて~」って言われて、どうしてホイホイ乗っかっちゃうかね。私はかなり冷ややかに「こういう連中が握手会行ってハロメンのメンタルぶっ壊すんだろうな……」と思って見てましたけど、ほんとどいつもこいつも堪え性ねえな。

 

アップフロントよ、正しい市場調査の方法はこうです!

アップフロントがハロヲタに対して市場調査を行う場合の正しい手順は、こう!

 

まず、公式サイトでも別サイトでもいいので、専用のアンケートページを用意する。そのさい、個人情報に関するフォーム項目は必要最低限にする(※この事務所、前にe-LineUPで個人情報流出させたことあるので)。アンケート回答を行い、「DVDで見たい企画」のアイデアを提出してくれたファン全員に、きちんと謝礼を用意する。たったこれだけですよ。たった3つだけ!One・Two・Three!Oneサイト用意して、Twoフォーム用意して、Three謝礼つくってヲタを待つの!めっちゃローコストだろうが!!

 

ちなみに、謝礼っていうのは金子じゃなくても良いんですよ。ハロプロなら、メンバーのお礼コメント動画とか、24時間限定で試聴できるオリジナルダンスショットMVのPINコードとか、無料壁紙とか、そういうのでいい。謝礼の有無で、ファンのスタンスも自ずと変わってくるんですから(使えそうな特典・謝礼アイデアはこの記事内で語っています)。

 

謝礼っていうのは単なる報酬を言うんじゃなくて、「いつも当社のコンテンツを応援くださり誠にありがとうございます。今回は貴重なお時間とご意見をありがとうございます。これからも応援よろしくお願いします。またご協力くだされば幸いです!」という感謝をマルっと込めて「どうぞ!!」と差し出すものなんですよ。人に物を尋ねて、「こういう企画楽しいと思うよ」と教えてもらったら、お礼するのが普通だろうが!!タダとかほんっと浅ましいわ。市場調査にも経費割いて、しっかりキャンペーン打てよそこは。

 

当ブログでアップフロントの愚行を叩くとき毎回言ってる気がするけど、この事務所、ファンのことを家畜かなにかと勘違いしてるんじゃないですかね。「礼には礼を返す」っていう、人として当たり前のことが破壊的に出来てないわ。周りの大人がそんなだから、ハロメンの性格がひん曲がって問題児ばかりになるんだぞと誰か言ってやれ。

 

関連記事

来たれ改編期!わたしのかんがえたさいきょうのはろすて(※ハロメンに人狼させろとか紙芝居させろとか言ってます)