読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よなかのはなし

http://www.hiroseyonaka.com/

℃-uteとモー娘。以外のグループはアドネットワークで広告配信しても金の無駄

f:id:hiroseyonaka:20170401134650j:plain

私はAndroidユーザーなんですが、昨日nicoidというニコニコ動画閲覧アプリを起動したら、画面下にカントリー・ガールズの画像広告が表示されていました。ハロプロにしては珍しいな今回はかなり予算使ってきたな……と思いましたが、これ多分意味ないです。

カントリー・ガールズが画像広告を出しても金の無駄

ハロプロがこうしたアドネットワークを使った広告配信を行なうのは、きわめて珍しいこと。モーニング娘。が2014年ごろやってたっけ?ちょっと記憶が曖昧なんですが、少なくとも私が覚えている限り、今回のカントリー・ガールズが初めてのような……。

 

f:id:hiroseyonaka:20170211175904p:plain

画像:nicoidのカンガルアドネットワーク配信広告

 

カントリー・ガールズの新曲「Good Boy Bad Girl/ピーナッツバタージェリーラブ」は、PM嗣永桃子の卒業シングルということで前回よりも多少注目度はあるものの、曲自体はパッとしない、最近のハロプロ量産曲といっていい出来。どうせ売上もたがか知れているのでアップフロントがそこまでプロモーションに力を入れてくるとは思ってなかったんですが、多分広告代理店に尻をつっつかれ(そして予算をふんだくられ)て、アドネットワーク広告の配信を行なったのではないでしょうか。

 

でもカントリー・ガールズが画像広告の配信を行っても全く効果ないと思いますよ。クリック率ものすごく低いと思う。アドネットワーク広告に限らず、画像広告出して一定の効果が見込めるのってビジュアルが優れている℃-uteか、知名度のあるモーニング娘。'17くらいでしょう。アンジュルムやつばきファクトリーでも多分効果薄いはず。

 

カントリー・ガールズは知名度も低いし、メンバーの実力もそこそこ。ビジュアルだって他グループに比べて、ずば抜けてるわけじゃない。そんなグループが画像広告出してビジュアルをアピールしても一般人が食いつくわけがないでしょう。どうせ広告出すなら画像じゃなく動画広告にして曲とパフォーマンスを見せるか、嗣永をピンにするかしないと、ただいたずらに予算をドブに捨てる結果になることくらい素人でも分かります。

 

そう言えばモーニング娘。'16も去年新聞広告出してたな……

多分ほとんどのハロヲタが忘れていると思いますが、モーニング娘。'16も昨年11月23日、「セクシーキャットの演説(以下略)」のリリースに際し、読売新聞の朝刊に広告を出していました。モーニング娘。は新聞広告出すのも久しぶりでしたが、まあ潔いほど話題にならず。

 

モーニング娘。'16が新聞広告出したらしい!と風の噂に聞いたので、私はその詳細を調べるためにTwitterで検索するも見事に引っかからず、面倒くさすぎてスルーしかかったところをハロプロ系ニュースサイトのRSSで発見するというとてつもない回り道をしたくらいなので、モーニング娘。'16がいかに暗黒まんまんなか!だったかはお察しください。

 

しかし読売新聞を確認してみると、出稿していたのはなんとセクシーキャットの演説通常盤AのCDジャケット。曲名の部分をやや大きくし、リリース日を追加した販促ポスターと同じレイアウトのやつです。媒体に馴染ませてなんぼのクリック広告と違い、新聞広告は目立ってなんぼなのに!あんな!白黒の地味なジャケットを出すとかアホか!

 

読売新聞に掲載された通常盤Aのジャケット(くっそ地味)

セクシーキャットの演説/ムキダシで向き合って/そうじゃない(A)

 

通常盤Aのジャケットは、販促用にシングルタイトル名をやや大きくしても、元々が地味すぎて広告としての意味を成さない。大体、読売新聞の購読者って60代がメインなんだから、こんな引き絵使うべきじゃないんですよ。前提からして間違ってる。

 

メディア媒体に出稿する場合は、読者層や利用者に配慮してその都度広告作り直すのが普通なんですが、ハロプロの場合はそれもしない。かつて地方新聞社で広告作ってた人間としては、こういう画像がポーンと新聞に載せられてると「なんなのお前ら!やる気あんのか!」と頭をはたきたくなります。新聞に掲載するなら、せめて同じ黒基調でも色味がある初回生産限定盤Bにしてくれよー。

 

通常盤Aよりは広告向きな初回生産限定盤B

セクシーキャットの演説/ムキダシで向き合って/そうじゃない(初回生産限定盤B)(DVD付)

 

関連記事:モー娘。'16「セクシーキャットの演説/そうじゃない/ムキダシで向き合って」ジャケットデザインぶった斬り

 

まとめ

昨年、グループとしての知名度とビジュアルが弱いアンジュルムが「上手く言えない/愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間/忘れてあげる」で大コケしたことはハロヲタの記憶に新しいと思いますが、あれはクソ曲でも看板の力だけでCDが売れるモーニング娘。'16と、曲の良し悪しに売上が左右される発展途上グループ・アンジュルムの現状をよく表していました。

 

アンジュルムと同じように、カントリー・ガールズもまだまだ看板が弱く、曲のクオリティで大幅に売上が左右されるグループなので、どうせ広告出すなら画像じゃなく動画でお願いしたいところです。