読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よなかのはなし

LifeHacks And Hello!Project Blog

オリエントグループの賃貸マンションを下見するとき、必ず確認すべき3つのポイント+α

ライフハック

f:id:hiroseyonaka:20161005194740p:plain

福岡の都心部でよく見かける賃貸マンション「オリエントビル」。家賃が比較的安価なことや駅に近い立地も手伝って、近年若年層に人気のデザイナーズマンションですが、私も過去に2度、合算で7年ほど住んでいたことがあります。

 

いい機会なのでオリエントビルに入居して感じたメリットやデメリットを赤裸々に語ってみることにしました。今後私のような被害者を出さないためにも……。

 

長くなってしまうので①下見編、②費用(家賃はじめ光熱費)&入居トラブル編に分けます!今回はオリエントビルの物件を下見する際、絶対にここだけは見ておかないと後々苦労するよ!下手すると(ストレスで)死ぬぞ!というポイントについてです。

おしゃれなオリエントビル!下見に向いている時期は……?

オリエントビルは内装に赤・黄・緑などのカラーリングを施した、とてもおしゃれなデザイナーズマンション。個人的には、華やかな色を使う部分や内装も決して奇抜すぎず、あくまで生活に支障が出ない程度の程よいデザイナーズ感が受けているのだと思います。

 

ほとんどが高層マンションで部屋数も多いのに、デザイナーズ物件を好む学生さんや20代前半の若年層からの人気が高く、したがって空室も常時少なめ。短期間で退去する人も少ないと言われ、空き部屋は月に2~3個あれば良いほうなのだそうです。(※仲介会社の担当者談)

 

引越しシーズンはここからさらに空室が少なくなるので、下見をするなら1・2・3月は避けて置いたほうが無難ですね。ちなみに私は6月と10月に下見に行きましたが、このとき空室は3つしかない状態でした。そのうち1室は2日前に退去したばっかりというから、本当にオリエントビル物件は人気なんだな~と思ったものです。

 

下見のとき、念入りに確認するポイント

オリエントビルの物件を下見するとき、個人的にぜひここだけは見ておくべき!だと思う部分が以下の3点です。

 

1、エントランス

駅やバス停の近くに建設されることが多いオリエントビル。いわゆる「駅チカ」なので利便性は大変良いのですが、その便利さと引き換えにというかなんというか、エントランスに色々な弊害が出てきます。

 

まず、ビルエントランスの近くに駅やバス停、複数のベンチがある場合はまず間違いなく駐輪場と自動ドアが酔っ払いのゲロ、立ちションの餌食になると思ってください。

 

オリエントビルのエントランスの多くは歩道に面しているため短い通路の左右に壁があり、周囲からは死角になっていることがほどんどです。過去に私が住んでいたビルもこの構造でした。しかしこの「周囲から死角になっている」事が仇となり、毎朝通勤するときエントランスの自動ドアをくぐった瞬間何度悲惨な光景に遭遇したことか……。特に土日・月曜の朝方は盛大にゲロや立ちションをされた形跡があり、踏まないようにつま先立ちで通り過ぎるのも一苦労でした。

 

オリエントビルはクリーンサービスを入れ定期的にビルの清掃を行っていますが、毎日清掃のおばちゃんが来てくれるわけではありません。そのため一度エントランスにゲロや立ちションをされてしまうと、数日放置され虫が集ったり異臭が起こったりすることもあるんです。

 

私は清掃のおばちゃんとはよくエレベーター内で会い、ペットの無断飼育をする入居者への怒りで意気投合し世間話をする仲でした。ゲロや立ちションに関しては「見つけ次第すぐ水で流してますけど、埒が明かない」と愚痴っていたので、その頻度についてはお察しください。

 

エントランスが汚くても気にしない!という人なら問題ないと思いますが、もしこうした汚れが気になる人はクリーンサービスが来ない日の朝9時~10時頃を狙って下見に行くと良いでしょう。不自然な水たまり、あるいはカピカピになったゲロがあれば契約は一旦白紙に戻すか、近隣にある、駅からちょっと離れた他のオリエントビルへの入居に変更する方が懸命です。

 

2、室内の天井収納

オリエントビルの物件は、部屋の中にクローゼットや天井収納が設置されているのが特徴です(※間取りによっては玄関に設置されている場合もあるとか)。

 

天井収納の内部を下見するときは、めんどくささのあまり三脚を使ってササッと済ませてしまいがちですが、実はこの手抜きが結構危険!というのも、私も下見のとき「多分天井収納は使わないしなー」と思い、引き戸を空けてちょろっと中を確認しただけで済ませてしまったんですね。

それが実際に入居し、天井収納の中を掃除しようと思って奥の方を見ると、なんとそこにはでっかい穴が!!天井収納は1.5メートルほど奥行きがあるので下見のときには全く気づかなかったんです。

 

退去時に私が穴を開けたと思われては一大事!と思い、すぐさま管理会社に電話すると「気になるようならすぐに修理致します」という返事が。どうせ使わないし、工事で部屋の中を埃だらけにされるのも嫌だったので「結構です」と断りましたが、これから何年も住む部屋にこうした設備不備があるのは気持ちの良いものではありませんよね。下見の際には天井収納を隅々まで確認し、穴が開いてないことを自分の目で確認してください。たとえ!どんなに!面倒でも!!

 

3、ベランダ

下見で必ず確認しておく場所の3つめはベランダです。ベランダは仕切りによって隣室と区切られていますが、隣室の入居者がゴミをベランダに置く人なら入居後トラブルに発展しかねないので要注意。

 

私が住んでいる福岡は台風の通過頻度が多く、風が強い日も多い土地でした。そのせいで、隣室の入居者がゴミをベランダに置いていると、台風の日は必ずそのゴミ袋が転倒して結び目が解け、こぼれたゴミが仕切り戸の下を通って自分のベランダにやってくるんですよね。

 

ベランダの間仕切り部分には物を置くのは禁止(※避難通路なので消防法違反に抵触)なのでろくな対策もとれず、いつも嫌な気持ちになりながら回収していたものです。隣室のゴミとかバッチイ!と思う方は、下見のさい必ずベランダに出ることをおすすめします。

 

もしも隣室のベランダにゴミ袋があれば、風で「ガシャガシャ」と音がするはずです。音をきちんと確認するためには、できればやや風の強い日、あるいは入居者が帰宅しやすい18~19時を選んで下見に行くと良いかもしれません。夕方~夜に下見へ行けば、ゴミ袋だけでなく、隣室の入居者がベランダで煙草を吸う人かどうかも確認できて一石二鳥ですしね。

 

下見の時間は夜18~19時がベスト!

共用部分である廊下に自分のゴミを放置する人も多く、私が入居していた頃も「オリエントビルの共用部分(廊下やエレベーター付近)にゴミを置くのやめて!」という旨の注意書きがよくエントランスに貼られていました。また、ゴミだけでなく最近は無断でペットを飼育している人も多いので、入居してからこうした迷惑行為にイライラするのを避けるためには、下見の時間選びも重要です。

 

私が思うに、共用部分の下見は帰宅時間のピークである18~19時が一番ベストなタイミング。この時間に下見へ行くと大部分の人が帰宅しているので、ゴミが無造作に共用部分へ置かれている確率が多いんです。しかも、飼い主の帰宅を察したペットが部屋の中で騒いでいるため廊下で鳴き声も確認できる。つまり、無断飼育している部屋の当たりをつけ、事前に入居トラブルを回避するのに役立つんですね。

 

そしてオリエントビルは部屋にフードレンジが設置されていますが、ここから隣室の調理臭・煙草臭が入り込んでくることもよくあります。隣室の入居者が毎日自炊する人なら室内に入り込んだ生活臭に苦悶する羽目になるので、夕食の時間帯にあたる18~19時を選んで室内に臭いが入ってこないかどうかを確認するのが良いと思います。

臭いは精神的なストレスになりやすいので、入居後発狂したくないなら生活臭のチェックもきちんとしておきたいですよね。深夜にフードレンジから焼き魚の臭いが入ってくると、さすがに殺意を覚えますからね(実話)。

 

物件を探すならキャッシュバックのあるサイトの利用を!

オリエントグループの物件探すなら、実店舗よりもキャシュバックがもらえるサイトから問い合わせ・下見みをする方がお得です。入居における初期費用は馬鹿にならない額ですから、貰えるものはも貰ろとけの精神ですね。ちなみに私がオリエントビルに初めて入居したときは初期費用27万くらいだったんですよ。

 

賃貸サイトでは外観・間取りなどがまるっと確認できるので、オリエントビルへの引っ越しを検討している方は近隣の住所から物件を探してみてください。(ゲロ・立ちションの被害を避けるなら駅チカ以外で!!)

 

関連サイト

オリエントビルの物件探しはこちらから!

キャッシュバック賃貸