読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よなかのはなし

LifeHacks And Hello!Project Blog

Xperiaの不具合を何が何でもアプリのせいにしたいドコモ、こちらの主張を抹殺する

Android これはひどい ライフハック

f:id:hiroseyonaka:20170121215108j:plain

連日、仕事の合間を縫ってドコモとドンパチしている私ですが、最近あまりの塩対応ぶりにドコモの名前を聞くだけでプチッとキレそうになってきました。

~~これまでのあらすじ~~

2016年1月、ドコモの契約が満2年に達したため、パケット定額プランを解約し、スマホを完全Wi-Fi運用に切り替えることに。しかし9月10日に料金を確認すると、なんと3万円弱の高額請求が!!原因は、元々オフにしていた「モバイル通信への自動切り替え」の端末設定が勝手にオンになっていたことだった!

ΩΩΩ<な、なんだってー!?

 

設定が変更された原因は「アプリ同士の干渉」という主張を繰り返し、塩対応を続けるドコモ。あまりの塩っぷりに、はぁ~しょっぺえ!しょっぺえ!と言いつつ(塩だけに)、消費者センターの担当者とともに私は徹底抗戦を決意する!←いまここ

 

 

何がなんでもアプリのせいにしたいドコモ、こちらの言い分を抹殺

ドコモのカスタマーサポートに電話をし、今回の高額請求について説明しても最終的に帰ってくるのは「電話では可能性の話しかできない」「端末の故障かもしれないのでドコモショップに行ってください」という言葉ばかり。

 

「お前は!オウムか!」という文句を飲み込み、このままでは埒が明かずいつまで経っても解決しない気がしたので消費者センターを頼ることに。ソニーモバイルの窓口はこと携帯端末に関してはキャリアに丸投げ状態なので、カスタマーサポートに電話しても突っぱねられてたらい回しの刑。というわけで、現在は消費者センターの担当者を通じてドコモとやりとりを続けているんです。

私が何故これほどドコモに対して抗戦するかというと、最初からその主張に納得がいかないから。

 

ドコモの主張で不可解な点

ドコモがずっと主張しているのは、私のスマホ端末(XperiaZ1/SO-01F)内にあるアプリが干渉し合って設定が変わったんだから完全にお客様の過失ですぅwww、ということ。いつどんなアプリを機動しアップデートしたのかはドコモでも逐一確認できません、原因となるアプリの特定ももちろんできないけど、多分アプリの干渉だろ?そうなんだろ?とドコモはバカの一つ覚えみたいにこの主張を繰り返しています。

 

ただ、この主張には個人的にいくつかツッコみたい点がある。

 

  1. 設定が勝手に切り替わったきっかけは、XperiaZ1の起動ではないか?
  2. アプリ同士の干渉が原因なら、何故半年間は端末内のシステム・設定に何も影響がなかったのか?

 

設定が勝手に変わったのは端末の仕様?疑惑

まず1についてですが、私は在宅で仕事をしているので普段からずっとスマホを充電器に差したまま使用しています。たまにCPU使用率の高いアプリを使うとバッテリー消費が激しくなり、結果電池の残量がゼロになってスマホの電源が落ちることはあるけど、それもせいぜい一ヶ月に1回あるかないか程度。

 

そしてモバイルデータ通信量が発生した8月28日、この日も1度電池残量がゼロになり、充電してから電源を入れ直しています。この日は他にスマホの設定・アプリの更新などは一切行っていません。となると、モバイルデータ通信が勝手にオンになった原因として考えられるのはアプリよりもむしろ端末側、つまり「Xperiaの起動」の影響ではないか?と思うんですよね。

 

マイドコモにログインし、高額請求に気づいたのが9月10日。ドコモのカスタマーサポート窓口に連絡する前に、念のため自分で電源を入れ直し原因が本当に「Xperiaの起動」なのか検証しました。すると42~3回目で1度だけオフにしていたモバイルデータ通信がオンに変更されているのを確認。

ドコモにもこの旨を何度も繰り返し伝えていますが、やはり返ってくるのは「お客様の端末が故障しているのかも……」というテンプレ回答ばかり。

 

「故障を疑うなら、御社にある新品のXperiaZ1端末で同じように検証し、端末の仕様あるいは不具合ではないか確認してください」と再三検証を求めていますが、2週間以上経った今も私の主張はサクッと無視され、端末についての言及は一切ありません。

 

ドコモカスタマーサポート窓口の担当者は「以前も同じような問い合わせがあり、前例があるのは確認している」と言っていたので、原因の特定はそれほど難しくないと思うんですよね。ただ頑なに端末について触れようとしないので、原因は端末の仕様・不具合だと知った上で隠蔽しているのでは?と勘ぐってしまうわけです。ほら、隠蔽とか大好きじゃないですかドコモ。

 

元々Xperiaシリーズは端末の作りが甘いと以前から指摘されており、Xperia Z2も早期販売終了の原因が「深刻な端末の欠陥によるものである」と言われています。Z2に深刻な不具合があるなら、今回の件もZ2同様、端末の不具合・欠陥が原因では?と疑うのは当然です。

 

アプリの干渉が原因ならなぜこの半年間は何も起こらなかったのか?

そして2のアプリ同士の干渉についてですが、私はパケット定額オプションを解約してから一切アプリの自動アップデートをせず、同じバージョンのものを使っています。この状態で半年間は設定が勝手に変わることもなく普通に使えていたのに、8月になって勝手に干渉し合うようになり設定が変わってしまったとは考えにくい。

 

スマホを常時充電しながら起動しているときは一切設定が変わったりしないんですよ。もしドコモが言うようにアプリの干渉が原因なら、毎回何かしらのアプリを起動した時点でモバイルデータ通信設定に何かしらの影響があってしかるべきなので、この半年間モバイルデータ通信に切り替わることもなく至って普通に使えていたことの説明がつきません。

要はモバイルデータ通信の設定が勝手に変わるタイミングが不規則であり、かつ、それが起動時に集中しているので、アプリ同士が干渉し合っているという可能性は非常に低いのでは?と推測できます。

 

だから私は当初から、設定が勝手に変わるのはアプリの影響ではなく端末の仕様によるもので、そのトリガーになっているのが「端末の起動」ではないかとドコモに主張しているんです。そしてびっくりするくらいドコモがこの主張をスルーしてくるので、スルーする=ドコモにとって都合が悪い=XperiaZ1端末の不具合の信憑性アップに。

 

電気通信事業者協会の見解は?

実は、消費者センターの担当者がドコモからの回答を待っている間に電気通信事業者協会へ問い合わせをしていたようで、本日その見解をうかがいました。電気通信事業者の見解というのが以下。

 

  1. 今回起こったXperia Z1の設定変更トラブルは、アプリが干渉し合った可能性がある。ただしこれはあくまで技術的な見解、1つの可能性であり断定はできない。
  2. これからもWi-Fiだけで使うなら機内モードにしておかなければ再発のリスクが高い

 

まあさすがThe天下り先と揶揄される電気通信事業者協会様のご見解とでもいうべきか……言ってることが見事にドコモと同じで反吐がでますね。提案された「機内モードにして使ったらモバイルデータ通信に切り替わらなくて安心だぞ☆」も、何言ってんだこいつ……とドン引くレベル。

 

スマホを機内モードにするとインターネット自体が使えなくなるのでたしかにデータ通信量は発生しませんが、同時に受電不可になり通話機能も一切使えなくなります。電話を使えないんじゃ、スマホ持ってる意味ないですよねそれ……。

電気通信事業者様はろくすっぽ使えない鉄くずに毎月数千円支払えとおっしゃる?何の義理もないドコモの社員にわざわざおまんまを食べさせるために?私が?馬鹿なの?

 

そもそも携帯3大キャリアとプロレスごっこしてる総務省と、どこからどう見ても天下り先でしかない電気通信事業者は、最初から味方したって何の得もない一般人よりも甘い蜜をチューチューさせてくれるドコモの肩を持つに決まってるんですよ。今回の見解にしたって、結局「アプリのせい」という答えありきで言ってるんでしょ?

 

モバイルデータ通信の設定変更による高額請求再発に関していえば、まず勧めるのは機内モードよりSPモードの解約であるべきです。通信事業者協会が言っているのは利用者の事を全く考えてない、典型的なお役所仕事の回答ですよね。爆ぜろ!!

 

ドコモとの戦いはまだまだ続く……

一体何を調べているんだか知りませんが、「調査しますぅ~~~」と言って時間ばかりを無駄に消費するドコモをそろそろ本気で殴りたくなってきました。料金プランのカルテル疑惑もそうですが、本当に大手携帯キャリアは対応悪すぎてゴリゴリSAN値を削られます。

 

こんなクソ企業を一人で相手にしていたら時間がいくらあっても足りないので、もしいま携帯キャリアと揉めている人は消費者センターなどを利用し、第三者に介入してもらってください。直接対応する手間が省けるだけでもかなり疲労度が変わってきますよ。