読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よなかのはなし

http://www.hiroseyonaka.com/

金はあるけど時間がない!想像力がモノを言う日帰り妄想弾丸トラベル

f:id:hiroseyonaka:20170427123509j:plain

日本ではお盆を迎え帰省ラッシュ真っ最中。そんな中、社会人でそこそこ金はあるけど時間がなく旅行なんて夢のまた夢の私もちょっとした弾丸トラベルに行ってきました。すべて!妄想の中でですけど!!

妄想力を駆使し、本を読んで旅行に行った気になる

金はあるけど時間だけがない!そんな時、どうしても旅行に行きたくなったら本を読んで旅行気分を味わいましょう。旅行記の名著、金子光晴の「マレー蘭印紀行」や、ヘミングウェイが自身のパリ生活を綴った「移動祝祭日」などを読み、古き良き時代に思いを馳せながら想像力を膨らせるとたちまちトリップ!

 

「マレー蘭印紀行」金子光晴

どくろ杯で知られる詩人金子光晴が夫人とともに巡った東南アジア旅行記。文章が美しく洗練されているので、しばしば内容が頭に入ってこず文章に気を取られてしまうのは私だけでしょうか?読了後は東南アジアの先入観が崩れること間違いなし。

 

「チベット旅行記」河口慧海

1900年、仏典を求め単身チベットへ旅立ち帰国するという偉業を成し遂げた河口慧海師による旅行記。わずか1年足らずの旅ですが、内容の濃さでは他旅行記の追随を許さず日本で長年読み続けられてきた旅行記(というかもはや冒険奇譚……)の名著。

青空文庫でも公開されているため、無料で読みたい方はチベット旅行記(青空文庫版)からどうぞ。

 

「なんでも見てやろう」小田実

1959年、留学生時代に欧米・アジア22カ国を巡った小田実氏の貧乏旅行記。今は失われた世界の情景を想像しながら古き良き時代に思いを馳せることができます。沢木耕太郎をはじめ日本中のバックパッカーにとっての原点とも言うべき、不朽のロングセラー。

 

「移動祝祭日」アーネスト・ヘミングウェイ

ヘミングウェイがパリで過ごした下積みの時代を、最初の妻ハドリー、そして個性溢れる友人との交遊録とともに綴った私小説。ヘミングウェイを通じて1900年代のパリの様子を知ることができるため、旅行記ではないけれどパリに行った気になれる1冊です。ヘミングウェイ作品の中でも特に好きな本。

 

「もの食う人びと」辺見庸

世界各地を訪れ、現地の人と同じ物を食べるという切り口で世界が抱える社会問題に切り込んでいる渾身のルポタージュ。ただ、読み進めていくと「話が上手すぎるのでは?」と思う箇所もありますので書いてある情報を鵜呑みにせず自分の頭で考えながら読みましょう。第16回講談社ノンフィクション大賞受賞作。

 

 

異国情緒溢れる曲を聞き、旅行に行った気になる

曲を聞いていると「これなんだか日本っぽい」「なんか東南アジアっぽい」と感じることがあると思います。旅行に行きたいけど行けない!そんなときは異国情緒溢れる曲をプレイヤーでガン回しにして洗脳するしかありません。自分で設定や世界観を作って曲を聞き、あとは想像力でなんとかしよう!

 

恋人と別れて旅立つ、という設定でいくなら…… 

♪朝が来る前に/秦基博

朝が来る前に

朝が来る前に

  • 秦 基博
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

恋人と別れ、1人旅立つ切なさをこれでもかと詰め込んだ秦基博の隠れた名曲。想像で旅行体験をするときにこんなヘビーな展開はいらないんですが、ストーリー性があった方がどっぷり妄想に浸れるという方はこの曲を朝の4時くらいに聞きましょう。

 

ファンタジーな世界に旅立つ、という設定なら……

♪ODYSSEY/Chicago Poodle

ODYSSEY

ODYSSEY

  • Chicago Poodle
  • J-Pop
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

収録アルバム

僕旅

 

サビのキャッチーさが耳に残って離れないChicagoPoodleのデビューシングル「ODYSSEY」。名も無き冒険物語、という歌詞からも分かるようにちょっとファンタジー要素の強い旅をイメージして聞くのがおすすめ。ネバーエンディングストーリー!

 

日本を出立する(という想像の)ときに聞くなら……

♪Rather Be /Clean Bandit ft. Jess Glynne

Rather Be (feat. Jess Glynne)

Rather Be (feat. Jess Glynne)

  • Clean Bandit
  • ダンス
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

収録アルバム

New Eyes

 

サビの歌詞にある「京都からサンフランシスコのベイエリアへ向かう」がいかにも旅っぽい雰囲気をかもすイギリスのバンドClean Bamditの曲。日本では「清潔な盗賊」と訳され、また突っ込みどころ満載のMVでも話題になりましたが、まごうことなき名曲。

 

 飛行機の中で夜空のフライトを楽しむ(という想像の)ときは……

♪30 minutes night flight/坂本真綾

30minutes night flight

30minutes night flight

  • 坂本真綾
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

30分間の宇宙旅行をコンセプトにした坂本真綾のミニアルバムの表題曲「30 minutes night flight」はその名の通り、今からフライトにでかけますよ!という世界観を持つ、これまたキャッチーな曲。長いイントロが夜空のようなキラキラ感を放ち、飛行機に乗って夜の空を駆けている気分になれます。

 

飛行機よりも新幹線派なら……

♪Supernova Express 2016/GLAY

Supernova Express 2016

Supernova Express 2016

  • GLAY
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

収録アルバム

G4・IV(DVD付)

 

飛行機よりも新幹線派の人に勧めたいのが、GLAYのSupernova Express 2016。2016年3月に開業した北海道新幹線のイメージソングとして書き下ろされたこの曲はビュンビュンした疾走感とGLAYらしさがたっぷり詰まった王道のミディアムソングです。そうだ、(想像の中で)北海道行こう!

 

中国の大河に揺られて旅気分を味わう(という想像をする)なら……

♪ACROSS/amin

Across

Across

  • amin
  • 日本
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

収録アルバム

ACROSS

 

サントリーウーロン茶のCMソングで一躍有名になったaminのソロアルバム「ACROSS」は、中国語と日本語を織り交ぜた歌詞に溢れ、YMOのライディーンをカバーするなどオリエンタルでとっても多彩。表題曲の「ACROSS」は東と西の国を繋ぐ、というメッセージが込められており、聞く度に中国やチベット周辺の情景が浮かんでくるようです。

ベッドに入り、うとうとしながらこの曲を聞くと中国に旅行した夢を見ることができるかも?

 

旅先で夕焼け空を見上げ、郷愁の念にかられる(という想像をする)なら……

♪朱音/平原綾香

朱音 あかね

朱音 あかね

  • 平原綾香
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

収録アルバム

Path of Independence

 

夕暮れの街を歩きつつ空を見上げなら聞くと胸に強い郷愁の思いが起こる曲が平原綾香の「朱音」。歌詞には「自分探しの度に出よう」とあり、まだ見ぬ誰かに出会うための旅、行先の定まらない旅を想像するときにぴったりです。

 

果てのない旅の行く末に思いを馳せる(という想像をする)なら……

♪陽炎/東京エスムジカ

陽炎

陽炎

  • 東京エスムジカ
  • ポップ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

 オリエンタルな曲の多い東京エスムジカ楽曲の中でも、根無し草の旅人を連想させる楽曲がこれ。曲調は明るく、サビはどこか晴れ晴れとしたイメージで、いつ終わるともしれない旅の様子を連想させます。東京エスムジカはどの曲も旅行にぴったりなのでぜひ聞いてみてください。

 

やけくそでロードムービー気分を味わうなら……

♪ナポリを見て死ね/GRAPEVINE

ナポリを見て死ね

ナポリを見て死ね

  • GRAPEVINE
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

収録アルバム

Here

 

ロードムービーのEDで流れてそうなGRAPEVINEらしい1曲。オンボロの車に乗ってタバコをふかし、どこかヤケクソな雰囲気をイメージすると曲の世界観にどっぷり浸れます。

 

 

ウェブサイトで旅行に行った気分になる

海外在住者やバックパッカーの方々が運営しているウェブサイトも、妄想旅行をするアイテムとしてはもってこいです。

 

Biotope Journal

f:id:hiroseyonaka:20160816222617p:plain

 

Biotope Journal

 

「Biotope Journal」は金沢寿太郎氏とスガタカシ氏の2人が立ち上げたユニット「退屈ロケット」が世界中を旅した中で見つけた「ふつうの人々の暮らし」を伝えるプロジェクト。旅をテーマにしたメディアは沢山ありますが、中でも文章の上手さが際立っており読み物としての面白さも十分!

 

Biotope Journalでは「人とくらし」「空間と人」というテーマで世界中の人々のくらしを記事にしており、1つ1つの記事が読み応えたっぷり。文章をとても丁寧に書かれているので、何度でも読みたくなる不思議な魅力があります。

 

Travelers Box

f:id:hiroseyonaka:20160816222732p:plain

 

Travelers Box|旅人のストーリーを伝えるWEBマガジン

 

旅をする「人」にスポットを当て、多くのインタビューや旅行コラムなどを掲載しているTravelers Boxも非常に読み応えのあるサイト。旅先で読みたい本や聞きたい音楽といった記事もあるので、想像力だけを頼りに旅行気分を味わうときにはチェックしておきたいですね。

 

 まとめ

旅行に行く時間!時間をくれ!!