差し替え待ったなし!こぶしファクトリーの新曲「バッチ来い青春!」のMV白すぎ問題

7月7日にこぶしファクトリーの3rdシングル「バッチ来い青春!」のフルMVが公開になりました。野外ロケ決行とか予算がっつりでグイグイ推されてんなぁ……と思いましたがそれより何より映像が白すぎんぞ。

SPONSORED LINK


2016年のハロプロMVトレンドをおさらい

2016年の上半期にリリースされたハロプロのシングルMVはどれも割と似た感じのものが多く、正直グループの差別化が図れていない印象が強い。バッチ来い青春!白すぎ問題に言及する前に、まずはそのトレンドをざっくりとおさらいしてみましょう。

トレンド1:明度が極端に低い

上半期のMVには、映像にグランジ系のフィルターやエフェクトをかけレトロ感を出す手法がよく用いられていました。同時にどのMVも明度が極端に低く画面が暗めでしたよね。

まずはカントリーガールズ。

f:id:hiroseyonaka:20160713165623p:plain

アンジュルムも暗かったですよね。

f:id:hiroseyonaka:20160408235115p:plain

℃-uteは曲調のせいもありグランジ系のフィルター使われまくってた。

f:id:hiroseyonaka:20160713165649p:plain

モーニング娘。’16はいわずもがな。

f:id:hiroseyonaka:20160714173635p:plain

個人的にMVはメンバーの細かい表情が見えてなんぼだと思っているのでこういう過度な演出はいらない。でもクリエイターっていう人種はあれこれ加工するのが大好きなんですよねぇ……。明度の低い映像は監督の趣味なんでしょうか。

トレンド2:キャプションが異常に好き

モーニング娘。’16の新曲、泡沫サタデーナイト!の「踊りたい!」「サタデーナイト!」というキンキラキンのキャプションに代表されるように、映像にド派手なキャプションをどどーんと表示させたがるのも最近のハロプロMVによく見られる特徴の1つです。

これはTwitterで盛り上がったらしい泡沫サタデーナイト!のキャプション。

f:id:hiroseyonaka:20160511034936p:plain

アンジュルムの「恋ならとっくに始まってる」でもメンバーのソロリップシーンに歌詞のキャプションを表示させていました。

f:id:hiroseyonaka:20160714173615p:plain

このキャプション乱用のはしりは去年リリースされたモーニング娘。’15の「One and Only」だと思うんですが、こぶしファクトリーの新曲「バッチ来い青春!」にもド派手なキャプションが使われているのでまたこれでコラ祭りをふっかけようとしている事務所の思惑が透けてみえるようです。お前らこういうのが好きなんだろ?エサやるから宣伝してくれよ~的な。

ちなみにこれが「One and Only」のキャプション。

f:id:hiroseyonaka:20160713170350p:plain

これがバッチ来い青春!のキャプション。

f:id:hiroseyonaka:20160713170415p:plain

きっとそのうち事務所の思惑に乗ったアホなファン(もしくはアップフロントの社員という名の工作員)がTwitterで「こんどはバッチ来いコラ祭りやろうずwww」みたいなツイートをし、泡沫コラ祭り()のようなクッソ寒い祭りの第二弾が始まるんでしょ?そしてこの祭りを皮切りにアップフロントのこすいネットプロモーションが始まるんですよね知ってる知ってる。

▼参考記事

泡沫サタデーナイト!から漂う二次創作臭、そして一連のコラ祭りがクッソ寒くて白目剥きそう

「泡沫サタデーナイト!キャプションがウケたからこぶしファクトリーのMVでもやろう!」という馬鹿丸出しの素人考えはいかにもあの事務所が考えそうなことですが、一度ウケたものを真似たとしてもそれが必ずしもウケる保証がどこにあるんです?なんだかやること全て浅はかですよね。世間ではこういうやり方を「二番煎じ」と言うんですよとご参考までに。

SPONSORED LINK

なぜ「バッチ来い青春!」のMVはあんなに白いのか?

バッチ来い青春!のMVを見たとき、おそらく100人中100人が「画面白い!」と感じるはずです。本来ならMVっていうのは曲やダンス、そしてメンバーの可愛らしさをアピールするツールなんですから「画面が白い」という全く曲に関わりないことに関心を奪われてしまうのは本末転倒の極み。

そもそも今回のMVに使われている「高明度」っていうのは、映像にノスタルジーな雰囲気をプラスしたいときや春らしい雰囲気に仕上げたいときにこそ使用するものでしょう。明度の高い映像はレトロ感や春霞のようなふんわりとしたテイストを作るためのものなので、さんさんと輝く太陽の下、球場でバッチ来い!と叫んでる夏丸出しの映像に使う意図が分からない。ただ、この辺は近日アプカミでMV撮影メイキングが出ると思うので、あれこれ言うのはそっちを見てからですね。

※追記

7月15日更新のアプカミ#25にてバッチ来い青春!のMV撮影メイキングがきましたが内容が薄すぎて特に語ることがなかったでござる……。

アプカミ#25 こぶしファクトリー「バッチ来い青春!」MV裏側 – YouTube

私は根っからの陰謀厨なので、新曲やMVが公開されるとこのカットはこういう意図があるんじゃないか、実はこういう思惑があるんじゃないかと連々考えるんですが、バッチ来い青春!のMVを見ていると一周回って「実はこいつらほんとに何も考えてないんじゃないか」と思えてきました。

仮説1:初回生産限定盤を売るために明度高くしてる説

あの意味不明なMVの明度の高さに1つ仮説を立てるとしたら、MVを収録したDVDが特典としてついてくる初回生産限定盤を売るためにYou Tubeで公開しているPromotion Edit.はわざと明度を上げて白っぽくしているのでは?という線もあります。

You Tubeでは明度の高いMVを公開しておき、特典DVDのMVでは明度を標準値まで戻す……つまりメンバーをじっくり見たいというファン心理を揺すぶって初回生産限定盤を買わせる戦略ですね。

もしそうならMVを暗くしたり明るくしたり忙しいやっちゃな!ということになりますが、先日公開されたバッチ来い青春!の15秒CMスポットの映像もPromotion Editと同じく明度が高いままだったのでこの説はほぼ消滅。あの明度の高い映像は単なる監督の趣味か事務所の趣味なんでしょうきっと。あと、初回生産限定盤買わせたいならYou Tubeで公開してるMVにティザー映像くっつけてどうぞ。

▼参考記事

モーニング娘。は何の細工もせずにYou TubeでMVをフル公開してるからCDが売れない説

こぶしファクトリーの行く末やいかに!

こぶしファクトリーは今年に入ってファンク路線がモーニング娘。’16ともろかぶりしているにも関わらず曲や衣装、MVのクオリティでかなり優遇されているためパフォーマンスを見るたび「こぶしめ……推されてるからって勢いづきやがって……でも好き!!」とすごく複雑な気持ちになります。

以前、このままがなり歌唱を続け曲もファンク路線爆走ならこぶしファクトリーもいずれ暗黒期にハマるよ!というエントリーを書いたんですが、バッチ来い青春!でも相変わらずがなっていたので、おいおい大丈夫かよ……とちょっと心配になってきました。

▼参考記事

こぶしファクトリーオリコン1位で盛り上がってるところ悪いけど、このままいくと年内に人気失速するよ

こぶしはみんな歌手力高いので今のうちにもっと違うテイストの曲を歌わせて意表をついた方が良いと思うんですが、今の事務所は安全な方、安全な方に逃げようとするので当分はこのファンク路線をキープする事しか考えてなさそう。なんにせよバッチ来い青春!の明度高すぎMVは完全に失敗作です。リリースまでに差し替えはよ。

SPONSORED LINK

あわせて読みたい