私がこのブログでハロプロの接触商法をメッタメタァに叩き続ける理由

私はこのブログで接触商法をぶっ叩き続けていますが、それは握手会というドーピングがハロプロの看板に泥を塗るド畜生行為であること、そして握手会乱発によるメンバー酷使が、パフォーマンスに深刻な悪影響を及ぼすと考えているからです。あと何より下品!

SPONSORED LINK


接触商法によるメンバーへの精神的な負担が心配

私は過去に一度だけ、握手会に参加しようと思って会場に足を運んだことがあるのですが、結局メンバーと握手しないまま帰ってきてしまいました。

握手に参加しなかったのは、列に並んでいるファンの姿を見て「間接的にでもあの人達に触れたくない」と感じたからです。列に並んでいたファンは、世間がキモオタと呼ぶ顔がテカテカ Take a chanceの中年男性、そしてやっぱり似たような見た目の女性たち、そこにぽつぽつ混じっているオラオラ系のリア充。メンバーと握手してみたいけど、それはつまりあの人達とも間接的に握手することになる。そう考えると途端に気持ち悪くなって、「まるで無理」と捨て台詞を吐き、そのまま帰ってきました。

もし私が在宅ファンで握手会の現場を知らずにいたら、ブログでここまで握手会やチェキ会をぶっ叩いてなかったかもしれません。しかし、こんなキモオタ達と延々握手させられているのか……と思うとハロメンのみんながあまりに悲惨で可哀想で、「握手会は徹底的に叩き潰さねばならない」と思った。

女性は精神的にとてもデリケートな生き物で、男性と違い精神状態にかなり波があります。毎週のように開催される握手会で小汚い不特定多数のファンと握手してストレスを溜め、「最近太った?」「らぶりんやって!」などとのたまうクソみたいなファンに愛想笑いしてまたストレスを溜める。こうしたストレスの蓄積が引き金となり、蕁麻疹や潔癖症・うつ病などの精神疾患を発症する可能性は十分にあります。だってハロメンの大半は、まだ多感な十代なんですよ?

「考えすぎだろ、被害妄想が過ぎるだろ……」と思う方は一度握手会に足を運んでみてください。普通の人間なら必ず握手会撲滅派になるでしょあれ。全国同時握手会はまだマシみたいですが、個別とかほんとにあれ真っ当な人間が行く場所じゃないですよ。映像からじゃ、あの気持ち悪さは十分の一も伝わらないと思う。

握手会による身体的疲労が怪我を引き起こすこともある!

モーニング娘。は仕事量が他のグループの比ではありません。コンサートリハやメディア仕事だけでも大変なのに、そこに接触イベントをギチギチ詰め込んでしまうと休んでも休んでも疲れが取れなくなってしまう。慢性疲労体質になれば、事務所が無理矢理コンサートにねじ込んでいるアクロバットで捻挫・肉離れ・疲労骨折を、精神状態な疲れが過食・拒食を引き起こすことも十分有りうるし。

最近、羽賀や野中がブクブク太りだしてリックドム体型になっていますが、慢性疲労体質になると脳内のセロトニンが不足してストレスを感じやすくなり、その結果過食や拒食に走るというメカニズムが医学的にも明らかになっているので、「太っている」というだけで「体調管理が出来ていない」「プロとしての意識が足りない」と叩くのは、ちょっと可哀想だなと思います。

握手会主体のスケジュールでは、体調管理をしたくても上手くいかなくて当然と言いますか、それを一番阻害しているのがアップフロントですから。事務所が握手会を減らし、きちんと休養を取らせているにも関わらずリックドムになるなら「プロとしてなんたらかんたら~」と叩かれても仕方ありませんが、今の狂気じみたイベントスケジュールを見ると「体調管理ができてないのはメンバー自身の責任!」と、一概には言い切れないのではないでしょうか。

地下シンガーソングライター刺傷事件のときに「握手会自粛」を掲げていれば!

記憶に新しい、地下シンガーソングライター刺傷事件。メディアが被害者女性を「地下アイドル」と報じたことで、アイドル界隈の接触商法にも注目が集まりました。ここでアップフロントが素早く「弊社は自社アイドルの安全を最優先に考える。よって、今後、握手会等の接触イベントは自粛する」とでも言っておけば、接触から足も洗えて、ハロプロの株もバク上げだったのになァ……。頭悪いよなァ……。

女子大生シンガー・ソングライター刺傷事件 容疑者は「ファン」ではなく「ストーカー」だ 〈AERA〉|dot.ドット 朝日新聞出版

ももちが言う「ハロプロはファンがみんないい人」なんて幻想もいいところ。℃-ute・萩原舞の文春砲騒ぎでいつまでも粘着するアンチ、方方で馬事雑言を垂れ流しメンバーを叩いているファンの姿を見れば、ハロプロはファン層が良いなんて口が裂けても言えないはずです。接触イベントはこういう攻撃的な人間をもメンバーに近づける事になるんですよ。どう考えても危険すぎるだろ……。

いっそオリコンがイベント券封入CDをカウント対象外にしてくれれば良いんですけど、それだけじゃ接触商法の根本的な規制にはなりませんからねぇ……。ハロプロはどうせ、オリコン1位<握手会によるCD売上なんですから、やっぱりイベント自体に何らかの規制がかからないと屁とも思わないでしょうね。

SPONSORED LINK

接触商法に頼る前にやることあるだろ!

私がハロプロの接触商法に嫌悪感を覚える理由の2つめは、特典やプロモーションを見直せばいくらでもCD売れる見込みがあるのに、アップフロントがそれをなおざりにしてお手軽な接触商法に頼るという、どこぞのドラ息子のような行いをしているからです。要は楽に稼ごうとしやがって!という私怨ですね。

このブログでは過去に、ハロプロのCD売上やプロモーション、リリース形態、知名度アップのためにこうしてはどうか?と様々な提案をしてきました。

モーニング娘。に関するこれまでの提案一覧

  1. 初回生産限定盤MVにはダンスショットを収録しよう
  2. 初回生産限定盤MVにソロダンスアングルを収録しよう
  3. Amazon・公式の商品ページにもっと初回生産限定盤の詳細を記載しよう
  4. MVのアイキャッチはもっとズームで撮って一般人をホイホイしろ
  5. アプカミではもっとニッチなニーズに応えてファンをホイホイしろ
  6. 新曲初公開後は、当日中にライブ音源を有料配信しろ(盗聴音源対策)
  7. ライブのエンターテイメント性が死ぬのでアクロバットは廃止にしよう
  8. モーニング娘。’16はユニゾンが汚いのでソロパート増やそう
  9. ハロステを15分の毎日更新にしてモーニング娘。’16を日替わりMCにしよう
  10. シングルはイベント券の代わりに歌割りを変えた別バージョンを収録しよう
  11. シングルにはイベント券の代わりにメンバーのソロ歌唱バージョンを収録しよう
  12. 初回生産限定盤にはメンバーの凱旋ライブをまるごと収録し数パターン展開
  13. 生田をロングヘア、野中・羽賀を痩せさせる等のビジュアル強化
  14. 譜久村を使い、インタビューでモーニング娘。’16の印象操作
  15. モーニング娘。’16を2グループに分けてシングルリリースし、個人の露出を増やす
  16. マンネリ感がすごいのでそろそろMVの構成を変えよう
  17. 配信版にはデジタルブックで歌詞カードつけよう

ざっとで、これくらい。もっと細かく挙げていけば、多分この2倍くらいはあるはずです。

初回生産限定盤特典の見直しで枚数稼げると思うので、まずはこういう所から改善していき、メンバーのビジュアルや衣装もかなりシビアに修正し、見直していく。握手会に頼るよりも、まずやるべきはこれです。だって生田ロングヘアにして佐藤の前髪をチョチョッと変えればモーニング娘。’16のビジュアル跳ね上がるんですよ。こんなのバカでも分かることなのに、片やうんこ色のマッシュボブ、片や貧乏くさい薄め前髪とかおかしいでしょ色々と。

人気が出そうな譜久村・生田をダブルセンターに起用するやり方もあるし、ビジュアルを世間にアピールして新規ファンを開拓するなら生田・佐藤・尾形の3人を前面に出してもいい。それでも枚数捌けなくて、もう本当に打つ手がない!何をやってもCDが売れない!となってはじめて握手会によるドーピングを視野に入れるもんなんじゃないでしょうか普通は。

何の改善もせずに惰性のトリプルA面、初回生産限定盤にダンスショットMV未収録、ダサくて手抜きの衣装、手抜き上等のプロモーション、映像コンテンツも雑に作る等の愚策ばかり続けた挙句、CD売れないから握手会やりましょうねーって、誰だって「ふざけてんのか!まずはお前らの給料から削れ!」と思いますでしょ。

やることやり尽くしてもう握手会しかないんです!接触商法は苦肉の策です!というなら一定の理解も示しますし納得もしますが、今の握手会至上主義は事務所の怠慢でしかないので、本当に虫唾が走る。だから最近は配信でしか曲買わないんです私は。

惰性で商品を買い続けることは、デメリットしかありません。CDやグッズが欲しくても、クオリティや事務所の売り方に納得できなければ徹底的に不買する。そういうスタンスがファンにも求められているんじゃないでしょうか。メンバーの手をにぎにぎしてprprしたいのもわかるけど、本当にメンバーの事を思うならそこは我慢しろと。

接触商法は下品

私が接触商法を嫌う3つめの理由は、単純にこういう売り方を「下品極まりない」と思っているからです。

今のハロプロは何でもかんでもAKBグループの真似ばかりで、まるであの運営の子分かと思うほどのクズっぷり。 発売週にドーピングしまくって初動がたったの11万枚、この11万というしょっぺえ数字のために、モーニング娘。を握手まみれにするんですよこの事務所は。その一方で、パフォーマンスはアイドルレベルじゃない!モーニング娘。は凄いんだ!と、都合の良いときだけ一流アーティストのように自分たちを持ち上げてみせる。

握手会でドーピングやってるグループなんて一流どころかド三流も良いところでしょ。こんな売り方を続ければ、たとえ今後シングルで大ヒット飛ばしても、曲やパフォーマンスの良さではなく「どうせ握手会でドーピングしたから売れたんでしょ」という色眼鏡で見られるし、長い時間かけて作り上げてきたモーニング娘。のネームバリューと商品価値をも落としてしまう。

日本人はこういう下品なやり方を一番嫌うので、モーニング娘。が接触商法やってると聞いただけでアレルギーを出し、曲を聞く前にそっぽを向く一般人だって出てくる。それなのに新規ファン開拓?女性ファン獲得?ファンを開拓する前に自分たちでふるいにかけてるのに、何言ってやがるんでしょうね。

日本人はやっぱりなんだかんだで「清く正しく美しく」が好きなんです。今のハロプロは、とにかく商売のやり方が汚いし卑しい。ここ数年のハロプロはかつて小春が言ったように「男性に媚びてるアイドル」そのものですよ。本当に下品だしみっともない。

まとめ

今回は私が接触商法をメッタメタァに叩く理由を書いてみました。自分もやってるからみんなもやろう!と接触商法撲滅のためのCD不買を強要するつもりはありませんが、CD買って握手会に行き接触商法の片棒を担いでるやつは、そのうち強烈なしっぺ返しがくるので覚悟しといてください。うつ病で推しメンが脱退とか、そういう類のしっぺ返しが。

事務所が握手会廃止の英断をしてくれたら、私はこのブログでハロプロとアップフロントをベロベロに褒めちぎるステマ記事書きまくるってやるんですけどね。まあ当分そんな日は来ないだろうなぁ……。( ゚д゚)、ペッ

SPONSORED LINK

あわせて読みたい