読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よなかのはなし

LifeHacks And Hello!Project Blog

Tokyoという片隅のMVが公開されたけどカット割と構成が頭おかしい

モー娘 ハロプロMV これはひどい ハロプロ

f:id:hiroseyonaka:20160926220906p:plain

待ちに待ったTokyoという片隅のMV(Promotion Edit.)がYou Tubeでフル公開されました!ただ、MVの構成を見て「また事務所がヲタに媚びやがったな……」という疑いが浮上したので、少しだけ文句を言っておきます。

申し訳程度にアナザーショットを入れたって、だ、騙されないんだからねっ!

先週ハロステで公開されたTokyoという片隅のハロステEditを見て、多分モーニング娘。ヲタのほとんどが内心で「あ、これダメなやつ……」と思ったことでしょう。見るからに低予算!見るからに雑なカット割り!いつものハロプロクオリティ!世界中のハロプロファンが見るというのにこれほどまでに手を抜いたMVをしれっと公開する面の厚さ!これこそアップフロントの真骨頂!

 

しかし昨日公開されたPromotionEdit.バージョンは2番からちょっと趣向を変えたアナザーショットが差し込まれ、アンニュイなメンバーのバストアップやソロダンスのカットがチラッチラッとお目見え。ファンの間では事務所もやれば出来るじゃん的な雰囲気ですが、陰謀厨の私としては「またヲタに媚やがったのでは……」という疑惑の方が強い。

 

まさかとは思いますが、これハロステEditがあんまりにも不評なんで急遽アナザーショットを入れて修正したとか言いませんよね?

 

アップフロントはつい先日シングルの曲順を決定し、おそらくメイン扱いにする予定だったTokyoという片隅をファンの反応が思わしくないためトリプルA面の3曲目に格下げするという愚行に走ったばかり。そういう愚行の直後なので、MVの不自然な構成を見て「おいおい、コメント欄の評判を真に受けてMVまで修正したんじゃないだろうな……」と勘ぐってしまうのは当然っちゃあ当然でしょう。

 

私がMVを見て、急遽アナザーショットをテコ入れとして追加したのでは?と勘ぐる根拠は以下の3つです。

 

  1. アナザーショットでのサブ衣装が統一感のないバラバラの私服衣装である(事前にアナザーショットの撮影予定がなかったため、急遽新しいアー写用の衣装を流用したのでは?との疑いあり)
  2. ロケーションが自社ビル・コンサート会場の搬入口に見える(もしそうなら事前準備が要らず、短時間で撮影が可能なのでは?との疑いあり)
  3. MVの2番からアナザーショットのカットが急激に増えて不自然(前後のつなぎが不自然でカットの挿入があまりに唐突。コンテの時点でアナザーショットの予定がなかったのでは?との疑いあり)

 

シーン構成が怪しい……

この中でも特に気になっているのは3番のシーン構成。

だって普通に考えてMVで最も多く人の目に触れるのってどう考えてもイントロ~1番のサビまででしょ?2番はやはり興味のある人にしか見てもらえないし、メディアでMVを取り上げてもらうときもほとんど流されるのはワンコーラスのはずです。

 

だから、これまでのマンネリMVの趣旨を変えるためにアナザーショットを差し込むっていうならイントロ~1番サビまでの間に入れるのがベストなのに、Promotion Edit.のMVを見ると1番のカット構成はスタジオでのダンスショットとソロリップのみ。アナザーショットが差し込まれている2番~アウトローとはまるで違う曲のMVであるかのようなチグハグさが目立ち、素人目に見ても構成が頭おかしい。

 

もしアナザーショットの私服衣装からステージ衣装に着替えるシーンみたいな、スタジオショットとアナザーショットを繋ぐカットがあればコンテの時点でこういう構成にする予定だったのかな?とも想像できますが、今の構成をみるとどうしてももう出来上がってた1番はそのままダンスとリップシーンで済ませて、2番から無理くりアナザーショット差し込んだんじゃないの?って疑っちゃうんですよね。

 

ハロプログループのMVはどれも構成が似ているので、おそらくアップフロントの担当者がカット構成やコンテまで口出しているのはほぼ間違いありません。Tokyoという片隅のMVのようにちょっと構成を変えたならそれを「ほらほら~あんたたちがスタジオセットばかりのMVはマンネリで面白くないって言うから構成変えてあげましたよ~」とドヤ顔でファンにみせるためにイントロからアナザーショットの映像を差し込んできそうなものですが、今回はそれもない。なので事前にアナザーショットは撮影する予定がなかったのでは?と勘ぐっちゃうんですよね。

 

盛り込みすぎのMVに宣伝効果はあるのか?

そもそも大所帯のモーニング娘。'16のMVにスタジオのダンスシーン+リップシーン+アナザーショットって盛り込みすぎにも程があると思いません?アンジュルムの「次々続々」もそうでしたけど、盛り込みすぎでカットの切り替えがバタバタしてるからMVが忙しなく見えて曲と映像が全然頭に入って来ず、ほとんどMVとしての役割果たしてないじゃないですか。

 

Tokyoという片隅のサビ(2番)のアナザーショットなんて、メンバーのバストアップカットの切り替えがあまりにも速すぎて意味が分からない。ここユニゾンパートでみんな口が動いてるんだから、もっと速度落として1巡させるだけで良かったのでは?(※MVではこのカットが恐ろしい速度で2~3巡します)

 

f:id:hiroseyonaka:20160419174301p:plain

 

こんなパタパタ漫画みたいにしたら、せっかくソロで抜かれてるのにMV見た一般人に顔覚えてもらえずもったいない。速度0.5に落としてやっとメンバーの顔が認識できるレベルの速さで切り替えるなんて、そもそもこのソロカット入れる意味あるんでしょうか。

 

初回生産限定盤のMVは画質がYou Tubeより劣るため(※これまでがそうだったので、多分今回も画質悪いはず)、アナザーショットのバストアップみたいに高速でカットを切り替えると必ずモスキートノイズが発生します。ノイズ気になる人は見ててかなりイライラすると思いますし、どうせMV作るならこういう所まで考えて作るべきなのになにこのクソ構成。

 

以前、℃-uteのシングル「心の叫びを歌にしてみた」MVでも矢島舞美の衣装でモアレ出してファンから大ひんしゅくを買いましたが、こと映像コンテンツにおいてあれから全く改善してなくて私は涙がちょちょぎれそうです。