読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よなかのはなし

LifeHacks And Hello!Project Blog

ノンアダルトのライブチャットで週5万円稼ぐための超具体的なアドバイス

ライフハック 広告不要

f:id:hiroseyonaka:20160305233708p:plain

在宅でパソコンとカメラさえあればサクッと初められるチャットレディ。チャットレディは主に「アダルト」と「ノンアダルト」がありますが、「ノンアダルト」ではほとんど稼げないというのが定説。でもそれは稼げるノウハウを知らないからです。今回は実体験を元に、ノンアダルトのチャットレディで週5万円稼ぐコツをご紹介します。

よく誤解されるけど「チャットレディ=アダルト専門」ではない

 これはかなり多くの女性が勘違いしていると思うんですが、チャットレディは裸になってあっはんうっふんな事をするアダルト専門の仕事ではありません。

もちろん需要からいえば当然アダルト専門サイトの方が人気もあるし、需要もあるのは間違いありませんが、単純に会話(チャット)だけを提供して報酬を得るノンアダルトのチャットサイトも多く存在しています。

 

インターネットが普及した現代でアダルト専門サイトでチャットレディをするというリスク

チャットレディは、顧客の前では基本的に「顔出し」が原則です。中には顔を出さずに裸だけを見せあっはんうっふんな事をする女性もいますが、そういう人は固定客がつきにくいので大抵週に1万円も稼げません。だって顧客にすればエロいことをしてくれれば誰でも良いわけですから。

なのでよっぽどの美人とか、昔からの固定客がいる人しか稼げないんですよね。

 

顧客の中にはチャット内容を録画している人も大勢いるので、顔出しでエロエロな事をし何かの間違いでその動画が流出してしまうリスクも高いのです。つまり、実店舗なら会社や家族に隠すことも出来るでしょうが、アダルト専門のチャットレディは世間に「顔バレ」し社会的な信用を失うリスクが極めて高いということを覚えておきましょう。

 

チャットレディで稼ぎたければ安全なノンアダルトサイトで!

チャットレディを始めるなら、アダルトではなくノンアダルトサイトへ登録することをお勧めします。ノンアダルトサイトはSkype感覚で顧客と会話を楽しむだけですから、たとえ顔がバレても社会的な信用にはそれほど影響はありません。

 

ノンアダルトはアダルトに比べ1分当たりの報酬単価が低く設定されているので至る所で「稼げない」と言われます。でも、ちりも積もればなんとやらというやつで、上手く顧客を集めることができれば週5万くらいは余裕で稼げるようになります。

 

ではその週5万を稼ぐためにはどのような手順を踏めば良いのか、私の実体験を元に1から解説していきますね。

 

ライブチャットサイトに申し込こむ

チャットレディとして働くには2通りの方法があります。

 

  1. プロダクションに登録してチャットルームに通勤して仕事をする
  2. 在宅でカメラとマイクを自前で用意し、仕事をする

 

プロダクションに登録すると報酬は減るけど、自己負担は減る

初めてチャットレディをする女性は、プロダクションに登録すべきかどうかで悩むと思います。自分で1からサイトに申し込み・登録・仕事を行っていく場合は運営会社とトラブルがあった場合はすべて自己責任。そのせいで、慣れていないうちは大変かも…何かあったらどうしよう…と思い、プロダクションに登録してしまう人も多いとか。

 

プロダクションではプロフィールの書き方や服装などについても細かくアドバイスを貰えますが、長期的に考えれば相応の「手数料」を取られるため報酬額が少なくなるのは否めません。私が働く際に近隣のプロダクションの報酬率を比較してみたところ、やっぱりどんなに高くても報酬率が30%程度でした(サイトと直契約なら40%くらい)。

 

さらに、自宅にパソコンがなくプロダクションの運営するチャットルームに通勤する場合は、ここから更に報酬率が低くなるので注意してください。

実店舗はどうしてもPC・空調・人件費などの運営費用がかかるため、報酬率は20~30%程度になります。一方で、プロダクションに所属しつつ在宅でチャットレディをする場合はこうした費用は自分の負担となるため、報酬率は30~40%にアップ。

プロダクションに所属しない場合は、ライブチャットサイトにもよりますがもう少し報酬率はアップして45%くらいになります。

 

大手のライブチャットサイトの報酬率は2016年3月現在で以下のような感じですね。

 

DMMライブチャット

 6000円/100分(一般契約・2ショット時の場合)

 

マダムライブチャット

報酬率54%(在宅勤務の場合)

 

マシェリ

70円/1分(2ショット時の場合)

 

ライブチャットサイトの選び方

報酬に大きく関わってくるのがライブチャットサイトの選び方。チャットレディで稼げないと嘆いている女性の中には、サイト選びで失敗している方も多いように思います。

私がおすすめしたいライブチャットサイトのは以下の2つ。

 

  1. DMM
  2. マダムライブ

 

ライブチャットサイトの最大手DMMには必ず登録しておこう

ライブチャットサイト、と聞くとまず名前があがるのが老舗の「DMM」。DMMは大手なのでチャットレディの登録数も多く、顧客も多いことで有名ですよね。

 

DMMでのノンアダルトチャットは「おちゃ」と呼ばれ、チャットレディを始めるとまずは報酬単価がやや低い「お試し期間」が設けられます。

この期間ははっきり言って全く稼げないので、とにかく新人を見ようと覗きに来てくれたり、ちょっと話しかけてくれる顧客に対してアピールをする期間だと割り切って乗り切りましょう。

 

待機時間中に服装やメイク、小道具などを使って「面白い子だな!」と思ってもらえる工夫をししっかり自分を売り込むことが大切です。

 この期間に顧客にアピールして固定客にしてしまえば、お試し期間が過ぎたあとも安定した報酬を得ることができるので、多分ライブチャットで1番力を入れるべきなのがこここです。

 

 

 

アラサー女性が稼ぐならマダムライブ

20代の女性は、あえて30~60代の女性が多く登録しているマダムライブに登録してみるのもおすすめ。マダムライブはアダルトチャット専門のイメージが強いですが、プロフィールに「ノンアダルトです」と記載しておけば問題ありませんし、顧客にエロエロな行為を強要されることもありません。

 

熟女の中にアラサー女性が混じっているといい意味で目立つので顧客を集めやすいのです。「マダムじゃないよね?」と言われたら「もうおばさんですよ~」と謙遜しておけばOK。マダム専門というだけあって顧客の年齢層もやや高めなのでお金持ってる人が多く長時間チャットできるチャンスも多いので割と稼げますよ。

 

 

高性能のカメラを用意する

 ライブチャットをする上で欠かせないのがウェブカメラとヘッドマイク。正直ヘッドマイクはどれでも音声にそれほど差はないんですが、カメラはできるだけ解像度の高い高性能のものを用意しておいたほうが、顧客にストレスを与えません。

 

私が実際に使っていたのは、ロジクールのウェブカメラ。2000円未満という価格の割に映像がとてもキレイでコスパ最強です。小型かつ軽量なので薄いノートパソコンに取り付けても重みでディスプレイが下がったりすることもない優秀なアイテム。

 

 

肌を綺麗に見せるために、パソコンの両サイドにテーブルランプを用意しておくと尚良し。ただし、ランプの熱で顔に汗をかきメイクが落ちやすくなるので、こまめに化粧直しするようにしてくださいね。

テーブルランプは角度が調整できるものがおすすめ。

 

ノンアダルトで稼ぎたいなら、服装は「木下ゆうか」を参考にしよう

ノンアダルトのチャットレディで稼ごうと思えば、服装にもこだわっておきましょう。チャットをする際の服装は露出が多ければ多いほど良いというわけでもなく、「見えそうで見えない」という絶妙の露出具合を操ることが大切なんです。

 

私がチャットをやっていた時は、ブリブリのワンピースよりプライベート感のあるルームウェアや健康的なセクシーさのあるタンクトップの方が評判が良かったですね。あとはユーチューバーの木下ゆうかさんがよく着ているような、胸元のゆるいトップスなんかも男性ウケが良いのでおすすめ。

 

f:id:hiroseyonaka:20160305180216p:plain

 

これくらいの胸元の緩さがベスト。ちょっとあざといけど!

 

5、プロフィールや一言メッセージはとにかく「個性的」に!

ライブチャットには、顧客にアピールするためのプロフィールページがあり、名前や趣味、好きな男性のタイプやよくログインしている曜日・時間帯などを入力することができます。

ここには「趣味・読書」なんて面白くないことは書かずに、できるだけ個性的で男性が興味を持っていような趣味を見つけて書いてみると、たくさんの男性がアプローチしてきてくれます。

 

私は歴史やハロプロが好きなので、プロフィールページにも好きな戦術や武将、ハロプロにおける自分の推しメンなどを細かすぎるほど細かく書いていました。浅く広いことを書いていると他のチャットレディに埋もれてしまうので、「歴史の話なら任せて!」くらいのスタンスでかなり強くアピールしていましたね。

 

「今日は信長包囲網について話したい気分…♡」とか、書いておくと男性が面白がってチャットしに来てくれます。もちろん、にわか知識じゃダメなのでかなり詳しく知っている話題で、というのが条件になりますが。

 

男性は歴史とかアイドル好きな人が多いので、そういう方々とニッチでディープな話をし続け、話が盛り上がると5時間とか普通に喋ることができます。途中から私が興奮して戦争図とか出して「この作戦における挟撃の進路はこうで…」とか言い出し、兵の数が違うとか最近の研究では新事実がなんちゃらかんちゃと討論(もはやチャットのレベルではない)して気づけば5時間みたいな。

 

服を脱いであっはんうっふんな事をしなくても、趣味が合えば男性は本当に長時間話してくれる人が多いので、これだけは人に負けない!という趣味を積極的にアピールすることがノンアダルトで稼ぐ1番のコツだと言えます。

 

一言メッセージは顔文字を使ってアピール

あと、プロフィールと同じくらい大事なのが待機画面中の画面に出る一言メッセージ。ここはよく「こんばんわ♪」とか「初めてなので緊張してるんだ~☆」みたいなキャピキャピした事を書いている女性が多いと思うんですが、これじゃ男性に興味をもってもらえないので、当たり障りない事を書くのではなくやっぱり自分なりに工夫して他の女性と差別化してみる必要があります。

 

私がよくやっていたのは言葉ではなく顔文字だけを書き込むというテクニック。特に多用していたのが|・`ω・)チラッですね。こういう、ちょっとクスッとする絵文字を使うと男性がよく覗きに来てくれますので、待機時間が長いという女性はぜひお試しを!

 

まとめ

昔は貧乏をこじらせていた時期があったので、スキマ時間を使ってとにかく1円でも多く収入を増やしたいと思い、在宅でノンアダルトのチャットレディをやっていました。はじめはやっぱり稼げませんが、コツさえつかめば以外に簡単。要は顧客にいかに珍しがってもらえるか、興味を持ってもらえるか、というのが大切なんです。

 

どこにでもいそうな平凡な子とわざわざお金払ってチャットしてくれる男性なんていません。ノンアダルトで稼ぎたければ個性や希少価値をアピールして、相手を楽しませるということが大切。

今回のアドバイスがこれからライブチャットをはじめる女性のみなさんの参考になれば幸いです。