読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よなかのはなし

LifeHacks And Hello!Project Blog

私の考えるモーニング娘。'16ブレイクのシナリオ(2)~CD特典編~

モー娘 考察 ハロプロ

f:id:hiroseyonaka:20160926220906p:plain

今回はモーニング娘。のシングルについてくる「特典」について考えてみたいと思います。購買に結びつく強力なツールだけに、ここも今年はちょっとこだわってほしいですよね…。

まずは昨年に販売されたモーニング娘。'15のシングルについた特典をおさらい

まずは「冷たい風と片思い」を例にここ最近のモーニング娘。シングル特典パターンをおさらいをしておきたいと思います。

 

 

(例)冷たい風と片思い/ENDLESS SKY/One and Only

 

  • 初回盤A DVD(冷たい風と片思い MV)+イベント抽選シリアルナンバーカード
  • 初回盤B DVD(ENDLESS SKY MV)+イベント抽選シリアルナンバーカード
  • 初回盤C DVD(One and Only MV)+イベント抽選シリアルナンバーカード

 

  • 通常盤A トレーディングカード ソロ13種+集合1種よりランダムにて1枚封入(冷たい風と片思い Ver.)
  • 通常盤B トレーディングカード ソロ13種+集合1種よりランダムにて1枚封入(ENDLESS SKY Ver.)
  • 通常盤C トレーディングカード ソロ13種+集合1種よりランダムにて1枚封入(One and Only Ver.)

 

 モーニング娘。のシングルはトリプルA面形式になってから、初回盤・通常盤の特典が毎回こんな風に6パターンで展開されています。

初回盤DVDのMVはYOUTUBEで公開されているPromotion edit.とは異なっていますが、私に言わせればあまり違いが分かりません。なのにこれを初回盤特典にする厚かましさ。いやーさすがですね、よっ金の盲者!

 

言わずもがなですがこれらの特典の要は初回盤に封入されている「イベント抽選シリアルナンバーカード」です。ファンはみんなこのシリアルナンバーカード欲しさにCDを購入していると言ってもいいでしょうね。私は要らないので毎回捨ててますけど。

 

通常版特典のトレーディングカードって必要?

モーニング娘。のシングルリリース情報を見る度いつも思うんですが、通常版のトレーディングカードって集めてるファンいるんですかね?ハロプロ及びモーニング娘。のファン層の主力である30~50代男性をトレーディングカードごときでで釣ろうとするその舐めきった姿勢はある意味賞賛に値すると思いますが、これはっきりいって全く需要がないのでは……?

 

他のアイドル勢は特典にミュージックカードをつけたり特別ライブ招待券をつけたりしていますが、こうした特典商法に比べるとハロプロの売り方がまだ良心的に見えてくるから不思議です。まあシリアルナンバーカード封入も十分エグいやり方ではあるんですけど。

 

私は「接触商法はよ撲滅しろ派」なので、今年はアップフロントには握手会やチェキ会などのイベント商法から足を洗い、純粋にコンテンツの力だけでモーニング娘。'16を売っていって欲しいんですよ。だから前回に引き続き考えました。シリアルナンバーカード封入に変わる特典の代案を。

 

シリアルナンバーカードに代わるモーニング娘。のシングル特典の代案

特典ってある程度パターン化した方が、ファンも一般人も分かりやすいと思うんです。例えば、売上の多くを占めている「初回盤特典」はDVD特典がメイン。一方で通常版の購入特典はグッズメインにするとか。

 

以下に、今後もこれまでと同じようにシングルを3パターンで展開すると仮定した場合、私が「これが特典だったら迷わずCD買ちゃうなぁ!」と思う案を書き出してました。

 

1、特典DVDの内容ボリュームアップ(MV・MV別バージョン・メイキング・ダンス解説など)

メインで売りたい初回盤の特典DVDにMVが一曲入ってるだけじゃあまりに貧相で物足りません。なのでDVDには、しれっとアップフロントがなくした「ダンスショット ver.」を復活させて収録し、MV撮影とレコーディング風景のメイキングも収録します。

 

そして初回盤A・B・Cでそれぞれ担当メンバーを変えたダンス解説映像と、ダンスショットを見ながらのオーディオコメンタリーも収録。

最後におまけ映像として、「スカッとmy Heart」初披露時にハロステで流れたようなおふざけ感満載のMVアナザーバージョンを収録します。(※ここでいうMVは渋江監督のMVではなく、ズッキが段ボールを殴り潰しているほうのやつです)

 

まとめると初回版の特典DVDに収録するのは以下のような内容ですね。

 

  1. シングル公式MV
  2. シングル公式MV(ダンスショット ver.)
  3. シングル公式MV(アナザー ver.)
  4. レコーディング風景メイキング
  5. ダンスショット収録メイキング
  6. ダンスショット映像を見ながら、メンバーによるオーディオコメンタリー(期ごとに分かれて3回分)
  7. ダンス解説(担当メンバーは初回A・B・Cで異なる)

 

これだけボリュームがあれば、初回版を購入したファンも十分満足感を得ることができるでしょう。いま、ハロプロはYOUTUBEでたくさんの番組を配信してメイキング映像を垂れ流していますが、どうせ広告収入なんて微々たるものなんですから、ああいった映像はCDを購入してくれたファンに向けてこそ使うべきです。

 

2、初回版特典DVDにコンサートを1公演丸ごと収録

モーニング娘。は毎回単独コンサートのライブDVDをリリースしていますが、収録されているのは最終日の公演のみなんですよね。

コンサートっていうのは毎回パフォーマンスも同じじゃないし、モーニング娘。はメドレーの内容も違っていたりするので、地方公演の映像も見たいな~っていうニーズは必ずあると思うんです。地方公演の映像は1~2曲ならハロステの中で流してくれるかもしれませんが、メンバーのMCまで見たいと欲張ってしまうのがファン心理。

 

なので、最終日以外の公演をシングルの初回盤特典DVDに丸ごと収録してリリースしてみてもかなり売上が期待できると思います。1番良いのは、モーニング娘。メンバーの凱旋公演を数パターン収録して展開する方法。

 

ライブDVDとの2枚組販売ってちょっと前まではメジャーだったやり方なんですが、今は抽選券やらシリアルナンバーカードにお株を奪われたイメージが強いですよね。でも私だったらDVDにコンサートをまるっと収録してくれるなら、たとえ販売価格がちょっと割高になっても必ず全パターン買ってしまう気がする。

今のうちに買っておかないと初回版はすぐなくなるぞ!という感情と特典DVDにコンサートが丸ごと入っているなんてお得!という感情がグイグイ購買意欲を刺激してきて、コンサートDVD付きのシングルっていうだけでつい手が伸びちゃいますよね、きっと。

 

3、通常盤特典には、メンバー自作グッズをつける

最近ハロプログッズの中でよく売れているのがカントリーガールズの山木さんが描いたイラストを使ったアクリルチャーム。これ良いですよね~山木さんうんぬんに関係なく単純にグッズとして出来が良くて可愛い。

 

f:id:hiroseyonaka:20160209213504p:plain

 カントリー・ガールズ山木梨沙が描き下ろしたメンバーイラストが「フィギュアスタンドキーホルダー」となって12/19(土)に発売決定!

 

ハロープロジェクトのオフィシャルストアで販売されていましたが、すでに売り切れ。価格は1個1200円なんですけど、まあそうなりますよね……。

今のクールハロー路線の影響でバースデーTシャツが無機質な量産ロゴデザインに改悪される中、こうした手作り感満載のグッズが販売されればファンがそっちに飛びつくのは当たり前のことです。

 

このように、メンバーの自作・直筆というのは大きな商品価値を生みますから、モーニング娘。のCD購入特典にも何かメンバーの手作り感が感じられるグッズをつけましょう!

 

  • メンバーが調合した自分のイメージ香水(パッケージは直筆イラスト)
  • 手描きイラストつき、折りたたみ式スマホスタンド
  • 手描ききイラストつき、フリスクケース
  • メンバー直筆イラストを使ったラバーストラップ
  • メンバー直筆イラストを使ったアクリルチャーム
  • メンバーのイラストを元に作ったモーニング娘。メンバーフィギュア(小さめ)
  • メンバーの声が収録されたボイスドロップ
  • メンバーが実際にコンサートで着用した衣装の布(一部分※洗濯済み)

 

メジャーなものだとこんな所でしょうか。ちょっと変態くさい特典の方がアイドルファンには受けると思うし、Twitterとかでも比較的話題になりやすいので個人的にはイメージ香水とか衣装の一部がおすすすめです。

衣装の一部とかだったら、きっとみなさん「ふくちゃんの肩のヒラヒラが出たよ〜!」とか「これまーちゃんの肩のとげとげしいだ!」とかSNSで画像つけて呟いてくれるんじゃないでしょうか。

 

アイドルファンは妄想力がたくましいので、こういう想像力をかきたてられて「あぁぁ~!!」となるようなグッズの方が良いと思うんですよ。

DVD特典と違ってこういうグッズ系特典をつけるのはコスト面でかなり難しいのは百も承知ですが、アップフロント様にはぜひ一考して頂けたらと、うんぬんかんぬん…。

 

まとめ

私は曲自体の価値ではなくイベント抽選券でCDを売るやり方って見てて虫唾がはしるほど嫌いなので、ハロプロにはぜひ接触商法から足を洗い、初回盤・通常版の特典を一度見直してほしいと思います。

あと、アップフロントには、いま御社が躍起になって獲得しようとしている女性ファンは男性ファンに媚を売る「接触商法」を生理的に嫌う人が多く、一方で「お買い得」とか「豪華仕様」って言葉にめっぽう弱いんですよとも言いたい。あの事務所の社員は自分たちに都合の良いことしか聞こえない便利な耳をお持ちのようなので。

 

とにかく、今年は利益ではなく「モーニング娘。'16」の名前を売る年だと割り切って、次のシングルでは利益よりも特典・コンテンツの満足度を優先して欲しいと思います。つんくが良い曲、YOSHIKO先生が良い振り付けを考えてくれれば、グループの人気も自ずと回復していくでしょう。……多分。